スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次男

今日もビリーはダイエットに勤しんでいる。









Blue sky    -sims3 story-




ビリー「涼しくなってきたしちょっと痩せた(?)から外でジョギングもやってみよう。これなら外の景色も見れるし飽きないで長距離走れるかな。」














Blue sky    -sims3 story-



毎日のジム通いも日課になっている。


ビリー「ふぬぬっ。背中に筋肉つけるのって・・・大変だな・・・・。」
















Blue sky    -sims3 story-



ジムから帰ったらDVDをみながらエクササイズ。

こうして楽しくダイエットを続けているようだ。


がんばれビリー!!(ダイエット以外も)   負けるなビリー!!(肉の誘惑に)





















Blue sky    -sims3 story-



あれから数日が過ぎていた。

Jの携帯に1本の電話がかかってきた。



J「 (兄貴?珍しいな・・・・。) 」















Blue sky    -sims3 story-



J「もしもし。・・・・久しぶり。・・・・・・・・・・え?この街に?・・・・わかった。じゃああとで。」















Blue sky    -sims3 story-



日が暮れてからJは指定されたバーへむかった。

久しぶりに見る、なつかしい背中があった。















Blue sky    -sims3 story-




J「兄貴。」


K「よぉ。久しぶり・・・・ってお前、痩せたんじゃないか?」


J「まぁね。仕事忙しくて。・・・・すいません、ウーロン茶ください。」


K「なに?お前飲まねえのか?」


J「こないだちょっと失敗したから自重しとく。車で来たし。」


K「珍しいな。」














Blue sky    -sims3 story-



J「兄貴は仕事できたのか?」


K「まぁな。去年医者辞めてから、趣味の写真やってるのは知ってるだろ?」


J「うん・・・・。兄さんから聞いた。」


K「病院はLがいれば安心だしな。親父も昔からそのつもりだったし。俺は自分の生きたいように生きるって決めたんだよ。」


J「・・・・・そっか。」














Blue sky    -sims3 story-



K「それで旅しながら写真撮ってんだ。んで、しばらくこの街にいようかな~って。お前もいるし。」


J「もしかして泊まるとこって・・・・。」


K「お前んち、空いてない?」


J「・・・・ごめん。いま満室なんだ。」


K「マジかよ~。あてにしてきたのに。」














Blue sky    -sims3 story-




J「春から一人入って今いっぱいなんだ。」


K「へぇ~女?」


J「まぁ・・・。」


K「てか、マリアもいるんだろ?」


J「なんで知って・・・。」














Blue sky    -sims3 story-




K「あいつがこっち帰ってくるって聞いたから連絡したんだよ。そしたらお前んとこにいるっていうからさ。びっくりしたぜ。」


J「そうか・・・。」


K「今度様子みに行くよ。マリアにも会いたいし。」


J「うん。」














Blue sky    -sims3 story-




J「いつ来たんだ?」


K「昨日。この近くのホテルとっててさ。しょうがないから今日もそこに泊まるかな。」


J「ここにはどのくらいいる予定?」


K「う~ん。まだわかんねえけど・・・いい被写体があれば長居するかもな~。この街は美術館も多いし、見たいとこもいっぱいあるしな。」
















Blue sky    -sims3 story-



翌日、仕事が終わりJが帰ってきた。















Blue sky    -sims3 story-




J「 (兄貴・・・・。ここの場所教えてないのになんで・・・・。) 」



リビングではKとマリア、ヴィクトリア、イブの4人が楽しそうに笑っている。















Blue sky    -sims3 story-



J「ただいま。」


ヴィクトリア「おかえり~。」


マリア「おかえりなさい、J。」


K「よぉ。お邪魔してるぞ。」














Blue sky    -sims3 story-




J「兄貴、なんでここがわかったんだ?」














Blue sky    -sims3 story-



K「マリアに電話したら遊びに来いって誘ってくれたんだよ。」


マリア「だって会うの10年ぶりよ?Kちゃん髭が生えたくらいで全然変わってないわ~。」


K「マリアはさらに美人になったな。」













Blue sky    -sims3 story-



イブ「Jさんにお兄さんがいるって知らなかった~。やっぱ兄弟だと顔も似てる!」


マリア「JとKちゃんはおじさまにそっくりなのよね。Lくんはお母様にそっくりなの。」


ヴィクトリア「そういえば3人兄弟って言ってたね~。」


J「あぁ。」














Blue sky    -sims3 story-



K「Jは昔からなまいきでさ~。俺がJの大事なもの何度隠しても泣かないんだ。」


マリア「Kちゃんそんなことしてたの?」


J「あったなそういや・・・。」


K「こいつにはきっと大事なものなんてねーんだろーな。自分しか大事じゃねえのかなって、子供心に思ってたよ。」
















Blue sky    -sims3 story-




マリア「そんなことないわよ~。Jは強いから、きっと我慢してたのよ。」


K「マリアは昔っからJのことばっかり見てたよな。俺のほうが年近いのにさ。」


J「もう昔話はいいって。恥ずかしいだろ・・・。」















Blue sky    -sims3 story-




そこへ学校からクレアが帰ってきた。



クレア「ただいま。」














Blue sky    -sims3 story-




ヴィクトリア「クレアおかえり~。Jくんのお兄さんのKさんだよ~。Kさん、妹のクレアです。」


クレア「どうも・・・。」














Blue sky    -sims3 story-




K「はじめまして。・・・・・へぇ~、高校生か。Jのやつハーレム状態だな。」


イブ「ハーレムってw でもホントそうだねwww」













Blue sky    -sims3 story-



K「 (クレアちゃんか。かわいいじゃん。) 」









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。