交差する想い


Blue sky    -sims3 story-



メアリーケイトが帰った後、近所のジムに入会の手続きを済ませてきたビリー。

さっそく夕食は野菜サラダのみにしているようだ。



ビリー「メアリーちゃんが応援してくれてるんだし、がんばらないと!」













Blue sky    -sims3 story-



ビリー「走るのもちょっと増やそうかな。朝だけじゃなくて寝る前にも軽く走ることにしよう。そして昼はジムだ!」



どうやらだいぶやる気がでたようだ。













Blue sky    -sims3 story-




クレアはJに勉強を教わっていた。














Blue sky    -sims3 story-




J「そういえば・・・・あれからあいつ、大丈夫か?」


クレア「え?・・・・シンくんのこと?」


J「うん。」












Blue sky    -sims3 story-




クレア「うん。別れたって噂も広まったみたいだし、落ち着いてきたよ。」


J「そっか。」


クレア「でも私に怖い用心棒がついてるって噂も一緒に流れてるけどw」


J「はは。それじゃとうぶん男は近寄ってこないな。」


クレア「そうだね。」


J「受験もあるんだから、1年くらい彼氏は我慢して勉強しなさい。」


クレア「うん・・・。(Jさんなら・・・・だめかな・・・・。)」












Blue sky    -sims3 story-



J「将来の夢とかあるのか?」


クレア「一応・・・。」


J「なにになりたいんだ?」


クレア「パパみたいな小説家になりたい。」


J「小説家かぁ。そういえばクレアはよく本読んでるもんな。」


クレア「うん・・・・。」



あれ以来クレアを呼び捨てで呼ぶようになったJ。

クレアは内心とてもうれしかった。












Blue sky    -sims3 story-




クレア「来週のテストで成績あがったら・・・・ごほうびほしいな。」


J「ごほうび?なにがほしいんだ?」


クレア「デート・・・・。」













Blue sky    -sims3 story-



J「デート?」


クレア「だめ・・・・かな?」


J「まぁたまには息抜きも必要だしな。」


クレア「ホント??やったぁ~♪」













Blue sky    -sims3 story-



J「そのかわり4教科で全部90点以上取ったらな。」


クレア「う・・・・がんばる。」









数日後、ヴィクトリアとクレアとJは夕食を一緒にとっていた。









Blue sky    -sims3 story-




J「あ、そうそう。実は・・・週末うちでパーティーやることになったんだよ。」


ヴィクトリア「パーティー?なんのパーティーなの?」














Blue sky    -sims3 story-



J「うちの上司の退職っつうか・・・やめて開業医になるらしいんだけど、そのお祝いで俺が幹事やることになって。急だったから貸切にできる店がみつかんなくてさ・・・。」


ヴィクトリア「そうなんだ?」


J「いろんな業種の人が集まるんだけど、ヴィクトリアの絵リビングにいくつか飾ってよ。」














Blue sky    -sims3 story-



ヴィクトリア「え?いいの?」


J「うん。売り込んでいいからさ。うちの上司も美術館めぐりが趣味らしいから、興味持つと思うし。」


ヴィクトリア「ありがと~。じゃあ明日画廊に置いてもらってるのいくつか持ってくる。」













Blue sky    -sims3 story-




J「テスト前にごめんな。クレアもユウナちゃんとか呼んでいいぞ。」












Blue sky    -sims3 story-



クレア「いいの?」


J「うん。昼過ぎからたぶん終わるの夜遅いだろうし、うるさくて勉強できんだろうしさ。パーティーいやだったら図書館行っててもいいけど・・・。」


クレア「参加してみたい。」


J「そっか。」













Blue sky    -sims3 story-



そして土曜日。

パーティーがはじまった。

いつもは静かなビーチアパートにはたくさんの人が集まり、賑やかだった。













Blue sky    -sims3 story-




クレア「J・・・・。」



声をかけようとして気づいた。

いつもとは違うJの表情。

誰かをみつめている。












Blue sky    -sims3 story-



クレア「 (Jさん・・・・お姉ちゃんをみてるの?) 」














Blue sky    -sims3 story-



クレア「( Jさんってもしかして・・・・お姉ちゃんのこと・・・・・。) 」














Blue sky    -sims3 story-






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。