スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イブのチャット相手


Blue sky    -sims3 story-



土曜の午後。

イブは今日もチャットに夢中だ。











Blue sky    -sims3 story-




他の女子メンバーはリビングでテレビを見ていた。











Blue sky    -sims3 story-



メアリーケイトが小声で2人に話しかける。



メアリーケイト「ねぇねぇ、イブってさぁ。最近よくパソコン使ってるよね。なにしてんだろ?」











Blue sky    -sims3 story-




マリア「それがね、こないだイブちゃんに聞いたんだけど素敵な人に出会ったみたいなの。」












Blue sky    -sims3 story-




ヴィクトリア「え?イブちゃん彼氏できたの?」


マリア「ううん。まだ会ってはないらしいんだけどね。チャットで素敵な人に出会ったそうよ。」











Blue sky    -sims3 story-




メアリーケイト「へぇ~、チャットやってたのかぁ。だからいつもだいたい同じような時間にパソコン使ってたんだね~、納得。」










Blue sky    -sims3 story-



ヴィクトリア「うちのパパとママもネットで出会ったらしいし、そういう出会いもアリだよね!どういう人なのかな~。」


マリア「うふふ、相手気になるわよね。まだ会わないのかしらね。」


ヴィクトリア「やっぱ顔が見えない相手ってちょっと不安だよね。早く会えばいいのに。」


マリア「そうよね。」










Blue sky    -sims3 story-




イブ「 (小声で話してるつもりだろうけど全部聞こえてんのよ。このリア充どもめ。まぁマリアは独り身だけど。) 」








Blue sky    -sims3 story-



イブ 『ビリーって仕事はなにしてるの?』


ビリー 『実は・・・両親が亡くなったばっかりでしばらくふさぎ込んでたんだ・・・。それで前のバイトも辞めちゃって。』


イブ 『そうだったんだ?今は働いてないの?』


ビリー 『うん。両親の遺産とか保険金とかで、お金は困ってないんだけどね。でも僕には夢があるんだ。』











Blue sky    -sims3 story-



イブ 『夢?どんなの?』


ビリー 『父さんみたいな立派な消防士になることなんだ。』


イブ 『消防士かぁ!素敵だね!(消防士・・・・筋肉質で肉体派イケメンのイメージ!やっぱいいかも♪) 』











Blue sky    -sims3 story-




ビリー 『イブちゃんはどんなお仕事してるの?』


イブ 『私は前は派遣でOLやってたんだけど、最近辞めて転職したんだ。』


ビリー 『転職かぁ。いいね。』


イブ 『今は夢だったバーテンの仕事してるよ。今日も仕事だからもうそろそろ行かなきゃいけないんだけどね。』


ビリー 『なるほど。だからいつも夕方までだったんだね。』


イブ 『そう。まだちょっと時間あるから大丈夫だよ~。』


ビリー 『そっか。じゃあギリギリまで話そう。』











Blue sky    -sims3 story-




ビリー 『でもバーテンってお仕事大変じゃない?』


イブ 『私に合ってるみたい。すごく楽しいよ♪オーナーがね、おねぇなんだw』


ビリー 『へぇ~、なんか楽しそうだね。』


イブ 『ビリーはお酒とか飲まないの?』


ビリー 『僕は全然だめみたいで。成人したばっかりだからそんなに飲んだ経験もないんだけどね。』


イブ 『そっかぁ。まぁお酒は慣れもあるしねwムリに飲まないほうがいいよ。』


ビリー 『うん、ありがとう。』











Blue sky    -sims3 story-




イブ 『そろそろ準備しなきゃ。じゃあまたね!』


ビリー 『うん。仕事がんばってね。いってらっしゃい!』












Blue sky    -sims3 story-



イブはパソコンの電源をオフした。



イブ「 (やっぱビリーってかわいいかも。どんな人なんだろ?早く会ってみたいなぁ~。) 」








数日後、イブは仕事場のバーにいた。

平日の夕方は開店した直後はまだお客さんも少ない。








Blue sky    -sims3 story-



男性客「アルコール薄めで、甘いカクテルお願いします。」


イブ「は~い。」











Blue sky    -sims3 story-




オーナー「イブちゃん、彼氏はできたの?」


イブ「できてないですよ~。でもいい感じの人はいますよ。」


オーナー「まさかあの常連客じゃないでしょうね??」


イブ「やめてくださいよw さすがのあたしも既婚者には興味ないです。」


オーナー「それならよかった。それより相手はどんな人なの??」











Blue sky    -sims3 story-




イブ「チャットで知り合った相手だから、まだ会ったこともないんですけどね。すごく素敵な人ですよ。」


オーナー「あら、だめよそういうのは会ってみなきゃわからないんだから!」


イブ「そうですよね~。」


オーナー「イブちゃんってチャットとかやるのね?意外だわぁ。」


イブ「友達の両親もチャットで出会ったって聞いて興味沸いたんですよ。だから全然初心者ですよ。」











Blue sky    -sims3 story-




オーナー「付き合うのは会ってみてからにするのよ?わかったわね?」


イブ「もちろんですよ~。ていうかオーナーはチャットとかするんですか?」


オーナー「チャットはやらないけど、この店のブログで人生相談のコーナーやってるわよ。」


イブ「え?そんなのあったんですか?ちょっと面白そうw」


オーナー「スタッフブログもはじめようかしらね。」


イブ「え~めんどくさいですw」


オーナー「やる気ないわね~。」











Blue sky    -sims3 story-




男性客「 (イブちゃん・・・・・。やっと君のお店を探し当てたよ。僕の思ったとおり、素敵な女性だ。) 」







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。