スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスルームでの出来事

ある日、仕事から帰ってきたカイトはそのままバスルームに向かっていた。



カイト「 (今日はしんどかったからゆっくりお風呂に浸かりてぇ・・・) 」



ガチャ





Blue sky    -sims3 story-



カイト「・・・・?!」


マリア「・・・え?」






Blue sky    -sims3 story-



マリア「キャーッ!」






Blue sky    -sims3 story-



カイト「ご、ごめん!」



あわててバスルームを背にするカイト。





Blue sky    -sims3 story-



マリア「ド、ドアを・・・っ。」


カイト「あ!ご、ごめんっ。」



あわててドアを閉める。



カイトは頭が真っ白になっていた。

1階にはもうひとつバスルームがあるのだが、あわてすぎて2階のバスルームを使うために2階へ向かう。





Blue sky    -sims3 story-



ヴィクトリア「カイト!おかえり~。」



後ろからヴィクトリアが声をかける。

ふりむいたカイトの顔は真っ赤だ。



カイト「あ、うん・・・。ただいま。」


ヴィクトリア「カイト、大丈夫?顔真っ赤だけど、熱でもあるんじゃない?」


カイト「いや!だ、大丈夫だよ。」



カイトがあわてだした。





Blue sky    -sims3 story-



二人が会話しているとバスルームから出てきたマリアが通りかかる。



カイト「あ、マリアさん・・・。」





Blue sky    -sims3 story-



カイト「さっきはごめん・・・。」


マリア「いいえ・・・・こちらこそごめんなさい。・・・鍵をかけ忘れた私が悪いのよ。気にしないで。」





Blue sky    -sims3 story-



カイト「俺もノックしなかったから・・・ホントに申し訳ない・・・。」





Blue sky    -sims3 story-


黙りだしたマリアとカイト。



ヴィクトリア「 (なんか・・・二人変。なにかあったの?) 」





Blue sky    -sims3 story-



ヴィクトリア「 (マリアさんもほっぺ真っ赤だし・・・。) 」


マリア「じゃ、じゃあ私、もう寝ますね。おやすみなさい。」




Blue sky    -sims3 story-


カイト「おやすみ・・・。」


ヴィクトリア「おやすみなさい。」




Blue sky    -sims3 story-


ヴィクトリア「マリアさん・・・なんか変だったね。」


カイト「え・・・う、うん。」


ヴィクトリア「なんかあったの?」


カイト「・・・お風呂を・・・のぞいちゃって・・・」



Blue sky    -sims3 story-


ヴィクトリア「なんですって?!」


カイト「いやだから!不可抗力なんだよっ!わざとじゃなくてっ。」


ヴィクトリア「信じられない!マリアさんのおっぱい見たのね??」


カイト「だからわざとじゃないんだって!」


ヴィクトリア「やっぱり見たんだ!ひどい!!」





Blue sky    -sims3 story-


カイト「落ち着けよ!仕事から帰ってそのままバスルーム行ったら鍵が開いてたんだよ。」


ヴィクトリア「・・・・・・!」


カイト「むこうも言ってたろ、鍵かけ忘れたって。ノックしなかった俺も悪かったけどさ。間違いなんだからそんなに怒らなくても」


ヴィクトリア「知らない!カイトのばかっ!」



ヴィクトリアが去ったあと、カイトは仕方なくふたたび1階のバスルームへ。

お風呂に入る予定だったのが結局シャワーを浴びることにしたカイト。




Blue sky    -sims3 story-


カイト「 (もろに見ちまった・・・。もうマリアさんの顔まともに見れねぇよ・・・。俺のバカ!) 」









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。