スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の休暇 中編


Blue sky    -sims3 story-



6人は大型のレンタカーを借りて出発した。

男性3人で代わる代わる運転することになった。

おかげで前より早い時間に到着することができた。











Blue sky    -sims3 story-



それぞれ思い思いに楽しむ6人。

メアリーケイトとヴィクトリアはベンチに座っておしゃべりをしている。











Blue sky    -sims3 story-



ヴィクトリア「クレア大丈夫かな?かわいそうなことしちゃったね。」


メアリーケイト「まぁね~。でもKさんいるんでしょ?むこうも楽しんでるんじゃない?」


ヴィクトリア「メアリー・・・・クレアがJくんのこと好きって知ってた?」


メアリーケイト「やっぱり?なんとなくね。」


ヴィクトリア「Kさんってさぁ・・・・クレアのことかわいがってくれてるだけだよね?」


メアリーケイト「ヴィクトリア・・・・・あんたホント幸せ者だね。」










Blue sky    -sims3 story-



ヴィクトリア「なんで?」


メアリーケイト「あたしプロトからKさんのことちょっと聞いたんだよね。プロトたちが中学のときKさん高校生でさ、しょっちゅう違う女とデートしてたらしいよ。」


ヴィクトリア「ホント??」


メアリーケイト「うん。家には絶対連れてこなかったみたいだけど、彼女たくさんいたみたい。すごい年上の人とかもいたってゆってた。」


ヴィクトリア「へぇ~・・・・。」


メアリーケイト「引いてる場合じゃないよ!てかあんた人の心配してる場合??」










Blue sky    -sims3 story-



ヴィクトリア「え?」


メアリーケイト「あんたたち、まだなんでしょ?どうすんの?」


ヴィクトリア「ちゃんと私だって考えてるよ。」


メアリーケイト「そうなの?気持ち固まった?」


ヴィクトリア「うん。」


メアリーケイト「カイトに話した?」









Blue sky    -sims3 story-



ヴィクトリア「話してない・・・・。」


メアリーケイト「サプライズか。安心した!カイト~よかったね~。あんたには一番幸せになってもらいたいわ。」


ヴィクトリア「なにそれw」












Blue sky    -sims3 story-




着いて早々電話をかけるJ。












Blue sky    -sims3 story-




J「もしもしイブか?兄貴のこと聞いてたか?」


イブ『あ~、ゆうべ店に来たから聞いたよ~。今日うちに泊まるってことでしょ?』


J「兄貴のこと見張っててくれ。クレアに手出してないか。」


イブ『うん・・・・いいけど。今二人で映画観に行った。てか私仕事行かなきゃだから見張れって言われても夜の間はちょっと無理かもだけど。』


J「そうだよな。・・・・・帰ってから二人が一緒の部屋で寝てないか確認してくれるか?頼む。なにかあれば電話くれ。」


イブ『わかった。』










Blue sky    -sims3 story-




Jを見つめるマリア。



マリア「 (J・・・・・。) 」










Blue sky    -sims3 story-



プロト「カイト、あれ持ってきた?」


カイト「持ってきた。」


プロト「なら安心だね♪」


カイト「お前らはいいよな。週1でホテル行ってるだろ?」


プロト「羨ましい?」



カイト「もう街のホテル制覇したんじゃねーか?」



プロト「そうだね~。キャンプ用のテントでも買うかな。」



カイト「・・・・・。」










Blue sky    -sims3 story-






プロト「ファイト♪」


カイト「なにをどうがんばれば・・・・・。いいんだよ俺は。」


プロト「いいわけないくせに。」


カイト「焦ってヴィクトリアを逃したくないんだ。あいつだけは手放したくないんだよ。」


プロト「やっちゃったらもっとそう思うかもね。」


カイト「かもな。」









Blue sky    -sims3 story-



映画から帰ってきたクレアとKはホットバスに入っていた。

イブはすでに仕事にでかけていていないようだ。



K「映画面白かったか?」


クレア「うん・・・・。K寝てたでしょ?」


K「ばれた?ゆうべイブちゃんの店で遅くまで飲んでたからさ~。」



クレア「オーナーいた?」



K「オーナー?」



クレア「おねえらしいよ。」



K「そうなんだ?いなかったみたいだな。」










Blue sky    -sims3 story-




クレア「ねぇ。Jって付き合ってた人いなかったの?」


K「高校のとき彼女いたけど、1年で別れたな。」


クレア「どうして別れたの?」


K「彼女に浮気されたらしいぞ。」


クレア「ふぅん・・・・。どんな人だった?」


K「金髪のロングで、わりとかわいい子だったな。」


クレア「・・・・・金髪ロングが好きなのかな・・・・。」


K「いや~どうだろうな。」









Blue sky    -sims3 story-



K「お前ホントあきらめ悪いな。」


クレア「・・・・・・。」


K「まぁそこがかわいんだけど。」


クレア「・・・・・・Kは好きな人いないの?」


K「お前のこと好きだぞ?」


クレア「私のこと好きなのはLOVEじゃなくてLIKEでしょ。」


K「・・・・・。」









Blue sky    -sims3 story-



プロトとカイトの釣った魚で夕食を作るヴィクトリア。









Blue sky    -sims3 story-



その間、メアリーケイトはマリアを誘っておしゃべりをしていた。



メアリーケイト「Jとやった?」


マリア「え??」


メアリーケイト「肉体関係ってことだよ。」


マリア「まだ・・・・・キスはしたけど。」


メアリーケイト「付き合って2週間だもんね。そろそろじゃない?」


マリア「・・・・・私はそう思ってるんだけどね。」









Blue sky    -sims3 story-




メアリーケイト「Jってガツガツしてなさそうだもんね。」


マリア「うふふ。そうね。」


メアリーケイト「でもああいうクールな男は、夜になると豹変するよきっと。」


マリア「え~。そうなのかしら?」










Blue sky    -sims3 story-



マリア「 (J・・・・・期待してもいいの?) 」











Blue sky    -sims3 story-



クレアとKは夕食を食べていた。



K「お前料理うまいな!」


クレア「ママにしょっちゅう手伝わされたからね。男の胃袋をつかめって。」


K「あはは。お前ならいい嫁さんになれるよ。」


クレア「Kは結婚とか考えないの?」


K「結婚ね~。似合わねぇだろw」


クレア「想像できない。」


K「だろ~。」








Blue sky    -sims3 story-



クレア「Jは結婚とか考えてるのかな?」


K「お前、Jの話ばっかだな。」


クレア「・・・・・・・ごめんなさい。」


K「いいけどさ。ホントに好きなんだな。あいつのことで頭いっぱいなんだろ。」


クレア「・・・・・今頃、どうしてるかな。」









Blue sky    -sims3 story-




コテージの6人は夕食をとっていた。



メアリーケイト「涼しくていいね~。また絶対来ようね!」


プロト「うんうん。」


ヴィクトリア「今度はクレアも連れてってあげたいな。」


カイト「そうだな。」









Blue sky    -sims3 story-



マリア「おいしいね。」


J「うん。余った分は持って帰って食べようか。」


マリア「そうね。しばらくはお魚料理が続くわね。」


J「俺は好物だからいいんだけどな。」


マリア「J・・・・お風呂先に入る?」


J「あぁ、そうしていいか?ちょっと汗かいて気持ち悪くてさ。」


マリア「うん。」









Blue sky    -sims3 story-



イヴが帰ってきたのは2時すぎだった。



K「おかえり~。」


イブ「ただいま。なに観てるの?」


K「映画。夜中にやってる映画好きなんだよな。」


イブ「あはは。わかる。観ちゃうよね~。」


K「うん。」









Blue sky    -sims3 story-




イブ「クレアちゃんは?」


K「もう寝たよ。12時くらいかな。」


イブ「そっか。夕飯は外で食べてきたの?」


K「いや。クレアが作った。残ってるけど食べるか?」


イブ「私は大丈夫。店でつまんでるから夕飯はいらない。」


K「そっか。」









Blue sky    -sims3 story-



イブ「Kさんって、クレアちゃんと付き合ってるの?」


K「付き合ってないよ。なんで?」


イブ「なんか、二人いい雰囲気だから。」


K「はは。まさか。」


イブ「クレアちゃんのこと好きなの?」









Blue sky    -sims3 story-




K「好きだけど・・・・なんていうかな~。かわいいんだよあいつ。」


イブ「好きとは違うの?」


K「なんかほっとけないっつうかさ。ペットみたいな感じ?」


イブ「ペット??」


K「うん。そういえば昔飼ってた犬に似てるかも。」


イブ「犬ってw」










Blue sky    -sims3 story-




K「俺はイブちゃんのほうが興味あるんだけど。」


イブ「え?」


K「一緒に寝る?」


イブ「いやぁ~www 遠慮しとく。」


K「え~、待ってたのに。」


イブ「Kさんは危険だってあたしのゴーストがささやくの。」


K「攻殻かよw」









Blue sky    -sims3 story-




イブ「あたしもう寝るね。」


K「あぁ。俺もこれ終わったら寝るわ。」


イブ「どこで寝るの?」


K「イブちゃんのベッド・・・って言いたいところだけど、残念ながらJの部屋。」


イブ「あはは。そっか。 (Jさんなにを心配してるんだろ。) 」






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。