スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1ヶ月記念日





Blue sky    -sims3 story-



翌週、Jとマリアは映画を観た後カフェでくつろいでいた。










Blue sky    -sims3 story-




マリア「J、今日も忙しい?」


J「いや、今日は特になにもない。」


マリア「そう。よかった・・・。」



マリアがほっとため息をついた。



J「なにかあるのか?」










Blue sky    -sims3 story-



マリア「やっぱり忘れてる。今日で私たち付き合って1ヶ月よ。」


J「あ・・・・そうだったな。ごめん。」


マリア「ううん。忙しいのに毎週連れ出してくれてありがとう。」


J「いつもゆっくりできなくてごめんな。今日は平気だから。どっか行きたいところあるか?」









Blue sky    -sims3 story-



マリア「今日は一日一緒にいたいな・・・。」


J「いいよ。このあとはどっか行きたいとこあるか?」


マリア「街をぶらぶらして、夜はバーに行きたい。」











Blue sky    -sims3 story-



J「バーか。じゃあ夕飯食ったらイブのバーにでも行くか。」


マリア「ホントにいいの?うれしい。」











Blue sky    -sims3 story-



夕食の後、イブのいるサンセットバーへやってきた二人。



J「よぉ。」


イブ「あ、いらっしゃい!」










Blue sky    -sims3 story-



イブ「珍しいね。デート中?」


J「そんなとこ。」


オーナー「イブちゃん、このイケメンどなた??ちょっと紹介してよ。」


イブ「あ、うちのアパートの管理人のJさんと彼女のマリア。」










Blue sky    -sims3 story-



J「どうも。」


オーナー「こんばんは、私はここのオーナーよ。イブちゃんったらこんなイケメンの知り合いがいたなんてちっとも教えてくれないんだから。」


イブ「あはは。(言えるかっつーの。) 」











Blue sky    -sims3 story-



オーナー「でも彼女連れなんて残念ね。」


J「今日は1ヶ月記念日なんですよ。」


オーナー「まぁ、素敵。ちゃんと記念日祝ってくれるなんていいわね。」


J「いや・・・(忘れてたんだけど) 」


オーナー「今日は給料日前で店も暇なのよ。VIPルームが空いてるんだけど、二人で使っていいわよ。」


J「いいんですか?」


オーナー「あなたイケメンだし特別ね♪」


J「ありがとうございます。」











Blue sky    -sims3 story-




J「じゃあ遠慮なく使わせてもらいますね。」


オーナー「どうぞ~。イブちゃん二人にお祝いに一杯なにか作ってちょうだい。」


イブ「は~い。(オーナーイケメンには目がないんだから・・・。まぁめったにイケメンなんて来ないしな。) 」


J「イブさんきゅ。じゃあVIPルーム行ってるな。」


イブ「うん。すぐ持ってく。」










Blue sky    -sims3 story-



屋上のVIPルームへ案内された二人。

高台の上にたつバーの屋上は海が見渡せる。

静かな音楽が流れていた。










Blue sky    -sims3 story-



マリア「素敵ね・・・。」



マリアはうっとりしている。



J「この店にこんなとこがあったなんてな。なかなかいいな。」


マリア「ええ。とっても気に入ったわ。」










Blue sky    -sims3 story-




二人は一ヶ月記念を祝って乾杯した。



J「マリアあんまり飲みすぎんなよw」


マリア「ふふっ。大丈夫よ。」











Blue sky    -sims3 story-




二人はベンチに腰掛け夜のプールを眺めている。



J「寒くないか?」


マリア「お酒も入ってるし、大丈夫。」


J「水着持ってくればよかったな。」


マリア「そうね。」


J「まぁVIPルームだし、一般客はこの部屋の存在も知らないだろうなw」


マリア「今回は特別ね。今日はとっても素敵な一日だわ。」











Blue sky    -sims3 story-



楽しい時間はあっという間にすぎていく。

もうすぐ閉店時間の1時にさしかかろうとしていた。



J「そろそろ帰るか?」


マリア「・・・・・・・・J。」


J「ん?」










Blue sky    -sims3 story-



マリア「私たち・・・・もう1ヶ月よ。」


J「あぁ。」


マリア「なのにまだキスしかしてない・・・・。」


J「・・・・・・ごめん。仕事忙しくて・・・・。」


マリア「私、今日は帰りたくない。」










Blue sky    -sims3 story-



J「・・・・・マリア。」



マリア「J・・・・・今日は朝まで一緒にいたいの。」


J「・・・・・・わかった。」











Blue sky    -sims3 story-



クレアはJの部屋の前に立っていた。

ノックをしても返事がない。










Blue sky    -sims3 story-



ドアノブをまわすと鍵があいている。

誰もいない真っ暗な部屋。



クレア「・・・・・・。」










Blue sky    -sims3 story-




廊下に出て車を確認する。

マリアの車はあるがJの車がない。



クレア「 (デートに行ってまだ帰ってきてない。いつもは帰り早いのに・・・。) 」










Blue sky    -sims3 story-



クレア「 (J・・・・・・早く帰ってきて・・・・・・・。) 」








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。