はじめての夜





Blue sky    -sims3 story-



サンセットバーを出た二人。

エレベーターが開き、部屋に入る。











Blue sky    -sims3 story-



マリア「J、ここって・・・・。」


J「兄貴がプールパーティーで使った部屋だよ。」


マリア「こんな高い部屋・・・・・。」


J「大事な日だもんな。」











Blue sky    -sims3 story-



マリアが抱きつく。



マリア「ありがとう。すごく嬉しい。」


J「うん。」











Blue sky    -sims3 story-



先にシャワーを浴びたJが部屋で待っていると後ろからマリアが声をかける。



マリア「J・・・・。」











Blue sky    -sims3 story-



J「早かったな。」


マリア「また先に寝ちゃわないかと思って・・・。」


J「あ・・・・・・あのときはごめん。」


マリア「わかってる。疲れてたのよね。」











Blue sky    -sims3 story-



J「大丈夫か?」


マリア「ええ。ちょっとどきどきしてるけど。」


J「とりあえず、ちょっとしゃべろう。」


マリア「うん・・・。」











Blue sky    -sims3 story-



二人はベッドに並んで腰掛けた。



マリア「Jは・・・・はじめてじゃないわよね?」


J「あぁ・・・・・高校のときの彼女と・・・・。」


マリア「そうよね・・・・。」











Blue sky    -sims3 story-



J「マリアははじめてだろ?」


マリア「ええ。・・・・・ずっと・・・・・・・いつかJに捧げたいって思ってたわ。」


J「ありがとう。・・・・・なんか照れるな。」


マリア「やっと夢が叶う。Jとつきあった日から、ひとつずつ夢が叶っていくの。」












Blue sky    -sims3 story-



Jがゆっくりとマリアの体を寝かせる。

見つめあう二人。



J「ホントにいいのか?」



マリアがうなずく。



マリア「J・・・・・あなたを愛してる。」











Blue sky    -sims3 story-



ゆっくりとJの唇が触れる。













Blue sky    -sims3 story-














Blue sky    -sims3 story-




朝日が昇った。

クレアは一睡もできずにいた。

車を確認するため廊下に出る。













Blue sky    -sims3 story-



クレア「 (結局帰ってきてない・・・・・・。) 」












Blue sky    -sims3 story-



夕方、キッチンに向かうクレア。

ヴィクトリアとマリアがキッチンに立っている。



ヴィクトリア「もうそろそろいい感じ。」


マリア「もう焼き上がり?」


ヴィクトリア「うん。火止めて。」


マリア「結構難しいのね・・・。」


ヴィクトリア「マリアさん目玉焼きでそんなこと言ってちゃだめだよ~w」


マリア「うふふ。」



楽しそうな笑い声が響く。









Blue sky    -sims3 story-




クレア「 (マリアさんがお姉ちゃんに料理教わってるとこなんてはじめてみた・・・・・。なんかすごく声がうきうきしてる・・・・。) 」












Blue sky    -sims3 story-



クレアはJの部屋を訪ねる。

ドアをノックする。



J「どうぞ。」



部屋に入るとJがパソコンに向かっている。












Blue sky    -sims3 story-



クレア「J、ちょっと話があるんだけど。」



J「なんだ。」



クレア「・・・・・ねぇ。」











Blue sky    -sims3 story-




J「なんだよ。」


クレア「なんでこっち向いてくれないの?」


J「・・・・・ったく。」










Blue sky    -sims3 story-




J「なに?ちょっと今忙しいから勉強ならヴィクトリアに・・・。」


クレア「ゆうべ帰ってこなかったでしょ?」


J「は?」


クレア「マリアさんと一緒だったの?」


J「だからなんだよ。」


クレア「マリアさんとエッチしたの?」










Blue sky    -sims3 story-



J「なんなんだよ。そんなこと聞きに来たのかお前。」


クレア「ちゃんと答えてよ。」


J「・・・・・ばからしい。」










Blue sky    -sims3 story-



Jが机に戻ろうとする。



クレア「J!」


J「なんでお前にそんなこと言わなきゃいけねーんだよ。」


クレア「だって好きだもん!Jのことが好きだから気になるの。」


J「・・・・・。」


クレア「教えてほしいの。・・・・・ちゃんと。」











Blue sky    -sims3 story-



J「聞いたら諦めるのか?」


クレア「え?」


J「ホントのこと俺が言ったらいいかげん諦めろよ。」


クレア「・・・・・・・。」


J「マリアと寝た。」


クレア「・・・・・・・・うそ。」


J「ホントだ。」











Blue sky    -sims3 story-



クレアの目にみるみるうちに涙があふれる。



J「俺たちは恋人同士だからそうなるのが自然だ。お前もいいかげんに諦めろ。」


クレア「・・・・・・・・Jのばか!」










Blue sky    -sims3 story-



クレアが部屋を飛び出す。











Blue sky    -sims3 story-









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。