確信





Blue sky    -sims3 story-



週末のデートでマリアとJはバーへ来ていた。












Blue sky    -sims3 story-



J「マリア、ちょっとペース早くないか?あんまり飲みすぎるなよ。」


マリア「大丈夫よ、明日休みなんだし。それにJがいてくれるもの。」


J「おいおい・・・・。」












Blue sky    -sims3 story-



閉店間際になるとすでにマリアはフラフラだった。



J「だから言っただろ~。まったく・・・。」


マリア「うふふふ。楽しいわね~、J。」


J「そうだな・・・。もう帰るぞ。」











Blue sky    -sims3 story-



マリア「いや!帰らない!」


J「なに言ってんだよ。」


マリア「J、お願い。・・・・・・今夜は朝まで一緒にいて。」


J「・・・・・わかったよ。」











Blue sky    -sims3 story-



J「ごめん。今日はペントハウス開いてなかった。」


マリア「どこでもいいのに。私はJと一緒ならどこでもいいのよ。」


J「・・・・・うん。」











Blue sky    -sims3 story-




マリア「J・・・・愛してるわ。」


J「・・・・・うん。」


マリア「ねぇ・・・・・・・キスして。」












Blue sky    -sims3 story-




二人の唇がゆっくり重なる。

アルコールの香りがした。











Blue sky    -sims3 story-

















Blue sky    -sims3 story-



突然Jがベッドから離れた。



マリア「・・・・・・J?」


J「ごめん・・・・・・・・・・。」











Blue sky    -sims3 story-




マリアが後ろから抱きつく。



マリア「・・・・・・私こそごめんなさい。」


J「いや、俺のせいだ・・・・・・・・。」


マリア「・・・・・・・・こんな日もあるわよね・・・・。」


J「・・・・・・・ごめん。」










Blue sky    -sims3 story-




マリア「J、お願いがあるの。」


J「・・・・・・。」


マリア「このまま一緒に寝てくれる?」


J「あぁ・・・・・。」










Blue sky    -sims3 story-




ベッドに戻るとすぐにマリアはすやすやと寝息をたてはじめた。

お酒も入っているせいだろう。

Jは眠れないでいた。










Blue sky    -sims3 story-




J「 (なにやってんだ俺・・・・・・・・・。) 」











Blue sky    -sims3 story-



翌日の午後。

イブがどこかへ電話をかけている。



イブ「はい・・・・すみません。・・・・・明日は大丈夫だと思います。・・・・・・・・はい。」









Blue sky    -sims3 story-




電話をきってソファーに座る。

リビングではマリアが映画を観ている。











Blue sky    -sims3 story-



マリア「お休みの電話?珍しいわね。」


イブ「うん。なんか体調悪くて・・・。」


マリア「大丈夫?一緒に病院行きましょうか?」


イブ「いや。薬のんで休んでれば平気だよ。」










Blue sky    -sims3 story-



イブ「ていうか日曜なのに、今日はデートじゃないんだ?」


マリア「うん・・・・。Jが用事あるみたいで。」


イブ「そっか。最近どうなの?」










Blue sky    -sims3 story-



マリア「え?」


イブ「初体験も済ませたんでしょ?うまくいってんの?」


マリア「ええ・・・・・。」










Blue sky    -sims3 story-




イブ「そっか、よかったね。Jさん仕事忙しそうだし、大変だよね。」


マリア「ええ・・・・・。そうね・・・・・。」











Blue sky    -sims3 story-



マリア「 (Jが私のことを愛してないのはわかってる・・・・・・・。でも・・・・・あなたを放したくないのよ、J。) 」








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。