嫉妬


Blue sky    -sims3 story-



イブたちの結婚式から1週間がたった。

週末、リビングに集まったみんなで映画をみている。

マリアだけ休日出勤でいなかった。











Blue sky    -sims3 story-



メアリーケイト「イブいないと静かだね~。」


ヴィクトリア「ちょっと寂しいよね。イブちゃんいつも明るかったもんね。」


メアリーケイト「うん。なんかいないと寂しい。」











Blue sky    -sims3 story-



読書をしていたクレアの携帯に電話がかかってきた。



クレア「もしもし。」











Blue sky    -sims3 story-



クレア「・・・・・うん。・・・・・じゃあこっちおいでよ。・・・・・・・わかった、待ってるね。」










Blue sky    -sims3 story-















Blue sky    -sims3 story-



しばらくするとKがやってきた。



プロト「Kさんいらっしゃい。」


K「よぉ。じゃまするぞ。」











Blue sky    -sims3 story-



J「兄貴どうしたんだ?」


K「いや、クレアに呼ばれたんでな。」











Blue sky    -sims3 story-



クレア「K、いらっしゃい。」


K「これからどっかいかねえか?」


クレア「う~ん、でもまだ宿題残ってるから遅くなるのは・・・。」











Blue sky    -sims3 story-



K「宿題なら俺が手伝ってやるよ。」


クレア「いいの?」


K「一応こう見えても医者だったんだぜ。まかせろ。」


クレア「そういえばそうだったねw そんな風貌じゃないから忘れてたw」


K「おいおいw」











Blue sky    -sims3 story-



二人のやりとりを見つめるJ。











Blue sky    -sims3 story-



プロトだけがそんなJに気づいていた。











Blue sky    -sims3 story-



クレアの部屋で宿題を教えるK。



K「あれからどうだ?Jのことは。」


クレア「・・・・・なんか避けられてるみたい。」











Blue sky    -sims3 story-



K「避けられてる?」


クレア「うん・・・・。週末はデートとかであんまり家にいないし、平日も帰り遅いし。今日家にいるのも珍しいんだよ。」


K「そっか。」


クレア「前みたいに勉強教わることも少なくなっちゃった・・・・。」











Blue sky    -sims3 story-



K「まだ好きなんだな、あいつのこと。」


クレア「・・・・・・・・間単に忘れられないよ。同じ家に住んでるのに。」


K「いまは勉強に専念しろよ。大事な時期なんだから。」











Blue sky    -sims3 story-



クレア「・・・・・・うん。わかってる。」


K「失恋ってやつは時間が解決してくれるよ。」


クレア「うん・・・・・。」










Blue sky    -sims3 story-

















Blue sky    -sims3 story-


















Blue sky    -sims3 story-




J「 (なんでこんなに気になるんだ・・・・。ありえねえだろ。) 」









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。