スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷心


Blue sky    -sims3 story-



マリアはKを探していた。

1階でKをみつけてかけよる。



マリア「Kちゃん・・・・。」


K「どうした?泣きそうな顔して・・・。」











Blue sky    -sims3 story-




マリア「お願いKちゃん。いますぐ私をここから連れ出して。」











Blue sky    -sims3 story-



K「・・・・・・・・・わかった。どこでもいいのか?」


マリア「ええ。・・・・・・・・今はここにいたくないの。」


K「お前の車借りるぞ。」












Blue sky    -sims3 story-



二人はバーへやってきた。



K「Jと別れた?」


マリア「ええ・・・・・。私から、振ったの。」










Blue sky    -sims3 story-



マリア「でもきっとJは優しいから・・・・・・・私から振らせるために待ってたのかもしれないわね・・・・・・。」


K「あいつがそこまで考えるかな。」


マリア「これでよかったのよね。二人のために・・・・・。」


K「そうだな。・・・・・・よくやったよマリア。」


マリア「うん・・・・・・・・。」










Blue sky    -sims3 story-



数時間後、すでにマリアはベロベロに酔っ払っていた。



K「おいもうやめとけって。帰るぞ。」


マリア「いやよ。まだ遊んでいく!」


K「もう店も閉店だって。」


マリア「やだやだ・・・・。帰りたくない・・・・・。」


K「ったく・・・・・・しょうがねえなぁ。」











Blue sky    -sims3 story-



Kは自宅へマリアを連れ帰った。

Kも飲んでいたので、マリアの車はバーの駐車場に置いてきた。



K「大丈夫か?」


マリア「Kちゃんここ・・・・・どこぉ?」


K「俺が借りてる家だよ。」


マリア「そうなんだぁ?・・・・・ふふっ。」











Blue sky    -sims3 story-



二階の寝室にマリアを寝かせるK。

薄暗い空。

もうすぐ朝がくる。



K「ほら、頭おろすからゆっくり・・・。」


マリア「うん・・・・・。」










Blue sky    -sims3 story-



マリア「ねぇKちゃん・・・・・・・。私って女としての魅力ないのかなぁ・・・・?」


K「なに言ってんだよ。お前みたいな美人、ほっとくやついねーよ。Jがバカなんだよ。」


マリア「ホントに・・・・?」











Blue sky    -sims3 story-



K「当たり前だろ。お前は美人で頭もいい。男なら誰だってものにしたいと思うさ。」


マリア「Kちゃんも・・・・・・そう思う?」


K「あぁ。」











Blue sky    -sims3 story-



マリアの瞳に涙が浮かぶ。

見つめ合う二人。



マリア「Kちゃん・・・・・。」











Blue sky    -sims3 story-



Kがゆっくりと唇を重ねる。












Blue sky    -sims3 story-



マリアもそれに答えるかのように、Kの背中に腕を回した。

吐息が激しくなっていく。











Blue sky    -sims3 story-



汗ばんだ肌がこすれあう。



K「マリア・・・・・・。」












Blue sky    -sims3 story-




先に起きたのはマリアのほうだった。

Kを起こさないようにそっとベッドから抜け出す。












Blue sky    -sims3 story-



Kを見つめるマリア。

Kは熟睡している。











Blue sky    -sims3 story-



マリア「 (私・・・・・・・・Kちゃんと・・・・・・・・・。Jと別れたばっかりなのに・・・・・・・・・。) 」






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。