元カノ


Blue sky    -sims3 story-


週末、Jは同僚とサンセットバーで呑んでいた。



同僚「ていう理由で彼女に振られたんだよ。」


J「よかったじゃないか。」


同僚「なにがよかっただよ。も~せっかくつきあえたのにさ~。」


J「はは。お前のことだからまたすぐ他に好きな子できるさ。」


同僚「まぁね~。新人のナースでかわいい子いたな・・・。」


J「ホントあきねーな。もうナースはやめとけってw」











Blue sky    -sims3 story-



メリッサ「J・・・・じゃない?」


J「え?」











Blue sky    -sims3 story-



メリッサ「やっぱり!全然変わってないからすぐわかった~。」


J「もしかして・・・・メリッサか?」


メリッサ「そうよ!久しぶりね!」


J「高校卒業してからだから5年ぶりか。」












Blue sky    -sims3 story-



同僚「なに、Jの高校の同級生?俺にも紹介してくれよ。」


J「あぁ、彼女はメリッサ・ピンク。メリッサ、彼は同僚のマイクだ。」


同僚「はじめまして~。メリッサちゃんかわいいね~。」












Blue sky    -sims3 story-



メリッサのことをすっかり気に入ったマイクは、メリッサとゲームをはじめた。











Blue sky    -sims3 story-



オーナー「Jくん、あの子はやめたほうがいいわよ。」


J「大丈夫ですよ。そんな気ないですから。」












Blue sky    -sims3 story-



オーナー「あの子とは過去になにかあったみたいね。」


J「あぁ。メリッサとは高校のとき付き合ってたんですよ。」


オーナー「なるほどね。はじめての人ってわけね。」


J「まぁ、そうですね。」










Blue sky    -sims3 story-



J「それより、イブ辞めて大変だったんじゃないですか?」


オーナー「まったくよ~。急に辞めちゃったから後任のバーテンがなかなかみつからなくて・・・。この子もまだ新人さんなのよ。」


J「はは。そうなんですか。」


オーナー「マリンちゃん今日はグラス割らないでよ~。」


バーテン「はぁ~い。」











Blue sky    -sims3 story-



オーナー「この前の彼女とは別れたみたいね。」


J「え?誰から・・・・」


オーナー「見ればわかるわよ。まぁこうなる運命だったのよ、あなたたち二人は。」











Blue sky    -sims3 story-



J「・・・・・オーナーって不思議な人ですね。」


オーナー「まぁね。よく言われるわ。」











Blue sky    -sims3 story-



メリッサ「なに話してんの~?」



メリッサがJの隣に腰掛けた。











Blue sky    -sims3 story-



J「マイクは?」


メリッサ「うん、大丈夫。ちゃんと断ったから。」


J「・・・・・。」


メリッサ「それより医者になったんだってね。夢叶ったんだね。」










Blue sky    -sims3 story-



J「あぁ。メリッサはなにやってるんだ?」


メリッサ「私は女優目指してたけど芸能界に嫌気がさしたから地元に戻ってきたの。」


J「そっか。」


メリッサ「この街にはお姉ちゃんが住んでて、休暇ついでに遊びに来たのよ。」


J「へぇ~。いいな。」











Blue sky    -sims3 story-



メリッサ「Jがいるならもう少し休暇伸ばそうかな~。」


J「仕事決まってないのか?」


メリッサ「うん。ゆっくり休んでから探すつもり。」


J「そうか。」










Blue sky    -sims3 story-



メリッサ「ねぇ、連絡先教えてよ。今度デートしましょ♪」


J「あぁ、いいよ。」


メリッサ「ホント?嬉しい~♪」











Blue sky    -sims3 story-



日曜日、塾が終わったユウナはカフェへやってきた。



ユウナ「 (疲れた~。・・・・あれ?あそこにいるの、Jさんじゃない?) 」











Blue sky    -sims3 story-



ユウナ「 (一緒にいる女の人、誰だろう?かわいい人だな。) 」











Blue sky    -sims3 story-



ユウナ「 (ついJさんに気付かれない席に座ってしまった。・・・・でもここからじゃよく聞こえないな~。) 」












Blue sky    -sims3 story-



 

メリッサ「ホントにデートしてくれるなんて、感激した。」


J「そうか?デートくらいするだろ。」


メリッサ「てっきり昔のこと怒ってるかと思ってたから・・・。」










Blue sky    -sims3 story-



J「もう5年も前の話だろ。気にしてねえよ。」


メリッサ「よかった・・・・。私ホントにJのこと好きだったから、あのあとすごく後悔したのよ。」


J「もういいって。」


メリッサ「ごめんね・・・。」


J「うん。」










Blue sky    -sims3 story-



メリッサ「この前バーで話してたの聞こえちゃったんだけど・・・・彼女と別れたばっかりなの?」


J「あ~・・・・うん。」


メリッサ「そっか。」


J「メリッサは恋人いるのか?」










Blue sky    -sims3 story-



メリッサ「芸能界辞めたときに全部清算したの。」


J「そっか。」


メリッサ「もう普通の女の子に戻るんだ。」


J「それもいいな。」


メリッサ「うん。」










Blue sky    -sims3 story-



先に店を出たユウナ。

携帯を取り出し電話をかける。










Blue sky    -sims3 story-



ユウナ「・・・・もしもしクレア?あたし。」


クレア『どうしたの?』


ユウナ「今カフェにいるんだけどね。Jさんを偶然みかけちゃって。」










Blue sky    -sims3 story-



クレア「Jなら朝から出かけていったよ。」


ユウナ『それがね、女の人と一緒なの。』


クレア「え?」



ユウナ『すごい美人なの。』



クレア「マリアさんはうちにいるし・・・。」











Blue sky    -sims3 story-


ユウナ「うん。マリアさんは見たことあるけど違う人。なんか二人の話ちょっと聞こえちゃったんだけどね、昔付き合ってたみたい。」


クレア『え・・・・・?』


ユウナ「あんまりよく聞こえなかったんだけど、そんな話してた。」


クレア『そっか・・・。わざわざありがとうね。』


ユウナ「うん。またね。」









Blue sky    -sims3 story-



携帯を切ったクレア。



クレア「 (J・・・・マリアさんとはどうなってるの?) 」





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。