助言



 


アイビーはサマンサに誘われてあるバーを訪れた。
店の名前は「House of the witch2」。


アイビー「なんかすごいお店だね・・・。」

サマンサ「怪しいでしょ?w ここモデルたちの隠れ家なんだ~。」

アイビー「へぇ~・・・。」

サマンサ「中は普通のバーだから大丈夫だよ~。」











 


サマンサ「マスター、友達連れて来たよ~。」

マスター「あら、いらっしゃい。」

アイビー「こんばんは。」












 


マスター「BiBiモデルの新人さんね。」

アイビー「ご存知なんですか?」

マスター「ここはモデルたちがよく来るから。モデル雑誌は私の愛読書よ。」

サマンサ「アイビーちゃん、気づいたと思うけどマスターはオネェだからね。」

アイビー「へぇ~・・・。」












 



マスター「・・・・あなた、名前は?」

アイビー「アイビー・スカイブルーです。」

マスター「スカイブルー・・・・。どこの出身?」

アイビー「スターライト ショアです。」

マスター「そう。・・・もしかして、ご両親はサンセットバレーにいたことがない?」












 



アイビー「はい。母はサンセットバレーの出身です。」

マスター「やっぱり。」

サマンサ「何~?またマスターの透視能力?」

アイビー「透視・・・?」

サマンサ「マスターはね、魔女なんだよw」

アイビー「え?魔女って男の人もいるんですか?」












 



マスター「うちの家系がね、魔女の末裔って言われているのよ。うちの家は呪われていて、女性は短命なの。だから男が残るのよね。」

アイビー「へぇ~。すごいですね!」

マスター「私も小さい頃はサンセットバレーに住んでいたのよ。店の名前、House of the witchは魔女の家っていう意味。2がついてるのはサンセットバレーで伯父が1件目の店を構えていたからよ。」

アイビー「そうなんですね~。2っていうの、気になってましたw」












 



マスター「アイビーちゃんは何飲むの?」

アイビー「じゃあ、弱めのカクテルで。マスターのおすすめでお願いします。」

マスター「了解。」

サマンサ「私には聞いてくれないの~?」

マスター「あんたはいつものでしょ。」

サマンサ「さすがマスター。わかってるね~w」













 



サマンサ「マスターはね~、昔ダンサーだったんだよ。」

アイビー「そうなんですか?」

サマンサ「うん。でも足をケガしちゃって踊れなくなってからこのバーをはじめたの。」

マスター「芸能界の知り合いが多かったから、今ではすっかり有名人の隠れ家バーになっちゃったわ。」

アイビー「なるほど~。」

マスター「VIPルームもあるしね。ここは結界が張ってあるからパパラッチも寄り付けないのよ。」












 



アイビー「結界?」

マスター「魔女のつくる結界よ。邪のものを寄せ付けないの。」

アイビー「へぇ~。なんだか・・・すごいですね。」

マスター「入り口に2頭の像がいたでしょう?あの子たちががこの店を守護してくれてるのよ。」

サマンサ「人生相談もしてくれるしねw 面白い店だよ。」

アイビー「だから人気なんですね。」












 



サマンサ「マスター、最近暇なの?」

マスター「そうでもないわよ?VIPルームは埋まってるし。」

サマンサ「そうなの?誰かセレブでも来てるの?」

マスター「プライバシーに関わることは言えないわね。それよりサム、あいかわらずみたいね。」

サマンサ「なにが~?」












 



マスター「決まってるでしょ、男よ。あんたから男の匂いが一切しないわよ。」

サマンサ「だって~、いい男がいないんだよ。」

マスター「あんたは男運ないからね~。でも大丈夫よ。流れが変わってきてるわ。」

サマンサ「ホントに?!いつ出会えるの??」

マスター「あんたに下手なこというとすぐその気になっちゃうから今はやめておくわ。」











 



サマンサ「ケチ・・・・。」

マスター「アイビーちゃんのほうはなかなか難しい問題を抱えているようね。」

アイビー「え・・・?」

サマンサ「アイビーちゃん、彼氏できたの?!」

アイビー「いいえ・・・・。」












 



マスター「大丈夫よ。この問題はすぐ解決するわ。」

サマンサ「そうなの?」

アイビー「・・・・。」

マスター「しいて言えば価値観の違いってことかしらね。ちゃんと理解し合えれば問題なく進むわよ。」

サマンサ「ふぅ~ん・・・。いいな~、私も恋愛したい!」












 



アイビー「サムちゃん、レイさんとはどうして別れちゃったの?」

サマンサ「あいつのこと、わかったでしょ?女癖悪いのよね。」

アイビー「そうなんだ?」

サマンサ「最初はいいんだよ。付き合ってすぐはあの人優しいし、性格悪くないし。ただ女好きがひどくて。」

アイビー「そっかぁ。」

サマンサ「私が付き合ってたときも3人と浮気してたし、最初に許したのが悪かったのかもね。3回目にはとうとうダメだな~って気づいたんだ。」












 



サマンサ「アイビーちゃんの相手はどんな人なの?」

アイビー「・・・ちょっと・・・今は言えなくて。」

サマンサ「そうなんだ?」

アイビー「ごめんね・・・。落ち着いたらちゃんと話すから・・・聞いてくれる?」

サマンサ「もちろんだよ~。楽しみに待ってるね♪」

アイビー「うん。」












 



サマンサ「アイビーちゃんもだまされない様に気をつけてね!男って釣った魚に餌あげないやつ多いから。」

マスター「彼は大丈夫よ。」

アイビー「なんでわかるんですか?」

マスター「魔女の能力ってやつかしらね。いろいろと見えちゃうのよね。」

アイビー「へぇ~・・・。」












 



マスター「見えて困るようなことは見えないから安心しなさい。私が見えてるものはすべて助言するようにって神様が伝えてるから見えるのよ。」

アイビー「そうなんですね・・・。」

マスター「すべてが見えるわけじゃないのよ。自分のことは見えないしね。」

サマンサ「そうなんだぁ?ギャンブルとかに使えるような能力じゃないの?」

マスター「そういうのは一切見えないわよ。邪な心が働くと見えないようになってるみたい。」

サマンサ「へぇ~。神様ってケチだね。」













 



ララは朝早くにメモの住所へやってきた。


ララ「 (かわいらしいおうち・・・。) 」












 


ポストの住所を確認する。


ララ「 (住所はここで合ってる。名前も・・・。) 」












 



ララ「 (でもクリストファーなんて名前、ありふれてるわ。同姓同名かもしれないじゃない・・・。きっとそうよ。) 」



家の中から話し声が聞こえてきた。














 



慌てて家の影に隠れる。


クリス「じゃあ行ってくるよ。」













 



ルシア「何時ごろに帰れる?今夜はブランドットの3歳の誕生日よ。」

クリス「そういえばそうだったな。」

ルシア「私の両親も来れるそうよ。なるべく早く帰ってきてね。」

クリス「あぁ、わかった。」












 



ルシア「気をつけてね。」

クリス「あぁ。行ってくる。」

ルシア「いってらっしゃい。ブランドット、パパにいってらっしゃいは?」

ブランドット「いってらっちゃ~い。」

クリス「いい子にしてるんだぞ。行ってきます。」












 



ララ「 (クリス・・・・。) 」












 















 



ローガンのマンションを訪れたララ。
エレベーターをあがり、玄関の前に立つ。












 



ディーン「よぉ。」

ララ「ディーン?・・・どうしてここに?」

ディーン「ちょっといろいろあってw 泊めてもらってるんだ。」

ララ「そうなの?」













 



ディーン「ローガンに用事だよな?」

ララ「えぇ・・・・。」

ディーン「あがれよ。」












 



ディーン「ローガン、客だぞ。」

ララ「こんにちは。」

ローガン「よぉ。」












 



ララ「ごめんなさい。急に訪ねてきたりして・・・。」

ローガン「うん。」

ララ「・・・・・。」

ディーン「俺ちょっと出かけてくるわ。」












 



ディーン「ごゆっくり~。」


ディーンが部屋を出て行く。












 



ララ「・・・・。」

ローガン「紅茶ないけど、コーヒーでいいか?」

ララ「えぇ。」

ローガン「座ってろ。」












 



ララ「・・・・あのねローガン。」

ローガン「うん。」

ララ「さっき・・・・確かめに行ったの。あなたの教えてくれた住所。」

ローガン「そうか。」












 



ララ「ちょうど家から家族が出てきて・・・。」

ローガン「・・・・。」

ララ「クリスだったわ。」

ローガン「ふぅん。」












 



ララ「奥さんと子供も・・・。」

ローガン「そうか。」

ララ「今日は子供の3歳の誕生日だそうよ。」












 



ローガン「よかったじゃないか。」

ララ「え・・・?」

ローガン「深入りする前にわかっただろ。」

ララ「・・・・。」

ローガン「バレたらお前も被害被ることになるからな。慰謝料の問題とか。」












 


ララ「慰謝料・・・?」

ローガン「最近多いぞ。浮気が発覚した女房が証拠集めて弁護士のとこにやってくる。証拠があれば勝てるからな。」

ララ「・・・・。」

ローガン「女ってのは旦那よりも相手の女を強く恨む。お前も慰謝料請求されるかもしれないぞ。」

ララ「そういう問題・・・?」

ローガン「そういう問題だよ。」












 



ララが立ち上がる。


ローガン「既婚者なんかとはさっさと別れてほかの男探すんだな。」












 



ララ「そんなこと言われてすぐに別れられるわけないでしょう?!」

ローガン「・・・・。」

ララ「人を好きになるってそんなに簡単に気持ちを整理できるものじゃないわよ!」

ローガン「・・・・。」

ララ「あなたみたいに人を好きになったことない人にわかるわけない!」











 



ローガン「わかりたくもないね。」

ララ「第一なんで彼をつけたりしたのよ!どうして私に話したりしたの?なにも知らなければ私はずっと幸せだったのに!」

ローガン「・・・・。」

ララ「聞きたくなんてなかった!」












 



ローガン「いいかげんにしろ。」

ララ「・・・・。」

ローガン「お前、自分のことしか考えてねぇだろ。自分一人が騙されてたわけじゃないんだぞ。」

ララ「ローガンだって女の子と・・・。」












 



ローガン「俺は既婚者や彼氏持ちとは寝ない。後腐れない相手じゃないと選ばないし、お互いそういう約束を交わしてる。お前の男と一緒にすんな。」

ララ「・・・・。」

ローガン「相手の奥さんと子供のことを考えろ。」












 


ローガン「頭冷やせ。」


ローガンが部屋を出て行く。












 



ララ「・・・・。」











 







Comment

1. 無題
こんばんわw
今回、ローガン君の言っている事はごもっともです!
自分の事だけ考えていてもいずれ傷つくのは自分。
今別れたほうが自分の為だしね。
ローガン君のウフレ契約?っていうのかなあ?
しっかりしているなあ・・・・。
ウフレは良くないけどw
ララちゃん、クリスさんと別れるかなあ?
それともこのまま目をつぶってこういう関係を続けるのかなあ?
ララちゃんの今後の行動に期待ですね!
2. 無題
こんばんわw
今回、ローガン君の言っている事はごもっともです!
自分の事だけ考えていてもいずれ傷つくのは自分。
今別れたほうが自分の為だしね。
ローガン君のウフレ契約?っていうのかなあ?
しっかりしているなあ・・・・。
ウフレは良くないけどw
ララちゃん、クリスさんと別れるかなあ?
それともこのまま目をつぶってこういう関係を続けるのかなあ?
ララちゃんの今後の行動に期待ですね!
3. こんばんは☆彡
お引越しの件も拝見しました。
アメーバの即アカ削除は本当に怖いですからね…(´・ω・`)
また移転の折にはご連絡いただけると、って言ってもこちらのブログでお知らせしていただけるかな??

そしてこのバーのマスターって、「あの」マスターの甥っ子さんなんだww
しゃべり方といい透視能力といい「これは?」って思ってたらやっぱりw
大好きですこういう設定(*^.^*)
そんな魔女っ子オネェ属性なマスターからするとアイビーちゃんとロミオさんの関係もあれれ?って感じで展開していくんでしょうかね?
今後が楽しみです( ´艸`)

あとララちゃん、思い切って乗り込みましたね!
勇気あるな~(;^_^A
でもローガン君にああ言われては気になっちゃいますよね。
そして結果は「やっぱり…」な件(´・ω・`)
その後のローガン君の言い分は全うなもので反論の余地はないけど、ララちゃんとしてはそんな簡単にあきらめきれない!ってのも本当によくわかります。
不倫だなんてわかってもねぇ…初めての相手ですし、気分をよくする言葉もささやいてくれて…。
でも不倫ってのは未来がないんですよね。
その場限りの快楽でしか繋がれない悲しい関係なんですよね…。
ララちゃん、辛いとは思うけどもっと自分を大切にしてほしいです。
4. Re:無題
>どーるぃさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ローガンの言ってることが正しいですね~。
ララは今はまだ自分のことしか考えられないというか。
早めに別れたほうが身のためですよね~。
不倫なんて、傷つく人がでてくるわけだからいいわけがない。
ローガンのウフレ契約(w)はちゃんとしてますよね。
だからモニカみたいに彼氏にしようとしてる女には手を出さない。
ララはどうするでしょうね~。
5. Re:こんばんは☆彡
>ひめめさん

いつもありがとうございます(´∀`)
なにげにお引越し、明日にはできそうですwww
インポート機能ホント便利!!
即アカはちょっと困りますしね(;´Д`)
とりあえずストーリー記事の保存だけでもしたかったので、あれからいろいろ考えてたんですよね~。
しかしここで続けていても結局SSは削除されるしアカ停止になったら元も子もないということで引越しを決断しました。
もちろんお知らせしますし、アメーバではストーリー以外のブログ(おまけ、建築など)を書いていくつもりですので今後ともよろしくお願いします(ノ´∀`*)

そうなんですよ!!
ようやくお披露目できました~\(^▽^)/
マスターはサンセットバレーの「オーナー」の甥っ子ですw
実はオーナーの髪型とかを変えただけなんですよ( ^ω^)
名前はオーナーがレスター・ムーンさんで、マスターはアーロン・ムーンさんですw
オーナー本人を年をとらない設定(魔女だから)で登場させようと思ったんですがさすがにその設定はないだろうwということで甥っ子を作りましたwww

ララはやっぱり気になったようで確かめに行きましたねw
しかし真実を知って混乱したのかローガンに八つ当たり(´・ω・`)
まぁローガンの言っていることが正しいんですが、ララの気持ちもわからなくもないですよね。
はじめての恋人でヴァージンを捧げた相手。
付き合って1ヶ月くらいって一番ラブラブするときですもんね(´Д`)
不倫に未来はない、まったくそのとおりだと思います。
私の周りにも経験者が数人いまして・・・。
以外に多いですよね。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。