決裂



 


ロミオの自宅。
アイビーはベッドに横たわっている。
ロミオがシャワーから出てきた。












 



アイビー「ねぇロミオさん・・・・。」

ロミオ「なんだ?」

アイビー「前の彼女って、何年前くらいに別れたの?」

ロミオ「俺に彼女はいない。」

アイビー「でも、そういう感じの女性もいたんでしょ?」

ロミオ「・・・・・マロンから聞いたんだろ。」

アイビー「え・・・・うん。」

ロミオ「お前俺たちのことも言ったのか?」












 
 


アイビー「言ってないよ。」

ロミオ「あんまりそういうの、周りに言うな。」

アイビー「ダメなの?」

ロミオ「好きじゃない。」

アイビー「・・・・私たちって、付き合ってるの?」

ロミオ「付き合ってない。」












 
 


アイビー「・・・・。」

ロミオ「不服か?」

アイビー「・・・・だって・・・・。」

ロミオ「そうやってお互いを縛り付けるのが嫌いなんだ。契約みたいで。」

アイビー「・・・・。」

ロミオ「俺はお前が好きだ。だから一緒にいたい。それだけで十分だろ?」











 
 


ロミオがアイビーを抱き寄せキスする。


アイビー「 (・・・・・・。) 」













  

















 



ラトーシャはロビンに呼び出され、カフェにやってきた。












 



ロビン「ごめんね。仕事帰りに呼び出しちゃって。」

ラトーシャ「ううん。大丈夫。」

ロビン「あのさぁ・・・・。」

ラトーシャ「うん。」













 



ロビン「まさかとは思うけど、ディーン、そっちに行ってないよね?」

ラトーシャ「え?そっちにって?」

ロビン「この前喧嘩して、家追い出したんだ。」












 



ラトーシャ「・・・・そうなの?」

ロビン「ラトちゃんたちのおうち、ディーン泊まってないよね?」

ラトーシャ「泊まってないけど・・・。」

ロビン「ディーンから何か連絡きた?」

ラトーシャ「ううん。家出たのも知らなかったし・・・・。」












 



ロビン「そっか・・・・。」

ラトーシャ「・・・・・ディーン、ローガンのとこにいるんじゃないかな?」

ロビン「ローガンくんか・・・。」

ラトーシャ「ローガン一人暮らしのはずだし・・・。連絡して聞いてみようか?」

ロビン「ううん。いい。」

ラトーシャ「そっか・・・。」











 


ラトーシャ「家追い出したことって・・・前もあるの?」

ロビン「ないよ。」

ラトーシャ「そうなんだ・・・?」

ロビン「いままでこんな大喧嘩したのもはじめてだし。」

ラトーシャ「そっか・・・・。」












 



ロビン「ラトちゃんさぁ。」

ラトーシャ「うん。」

ロビン「ディーンのこと好きなんでしょ?」

ラトーシャ「え?なに言って・・・。」

ロビン「私が気づかないと思う?ごまかさなくていいよ。わかってるから。」

ラトーシャ「・・・・。」

ロビン「いつから好きなの?」












 



ラトーシャ「・・・・。」

ロビン「言ってよ。」

ラトーシャ「物心・・・・ついたときには・・・・。」

ロビン「そっか。」

ラトーシャ「・・・・ごめん。」

ロビン「むかつくよ・・・・。」

ラトーシャ「ごめんなさい。・・・・・・でもあたし、べつにどうこうするつもりもないし、ディーンのこと・・・。」












 



ロビン「ディーンのそばにいられればそれでいいの、って?ばっかじゃないの?」

ラトーシャ「・・・・・。」

ロビン「彼氏の女友達が彼氏のこと好きなのに、二人が毎週のように遊んでるの、喜んで送り出す女がどこにいるのよ?」

ラトーシャ「ロビンちゃん・・・。」

ロビン「悲劇のヒロインぶってんじゃないわよ!」












 



ロビン「存在自体が邪魔なの。わかる?」

ラトーシャ「・・・・。」

ロビン「あたしたちが喧嘩したのも全部ラトちゃんのせいだよ。ラトちゃんがいなければあたしたちは幸せにやってた。」

ラトーシャ「・・・・・・ごめん。」

ロビン「悪いけど、もう仲良くなんてできない。さよなら。」












 



ロビンが店を出て行く。












 



ラトーシャ「 (あたしが・・・・二人の関係を壊した・・・・・。) 」












 



ラトーシャ「 (ごめん・・・ディーン・・・・。) 」












 



ローガンがシェアハウスにやってきた。
玄関のチャイムを鳴らす。













 



ララ「は~い。」


玄関が開いてララが出てくる。


ララ「あら?ローガンじゃない。」














 



ローガン「よぉ。」

ララ「ここに来るなんて珍しいわね。」

ローガン「お前に話があって。」

ララ「私?・・・・なあに?」

ローガン「あがっていいか?」

ララ「えぇ・・・。」












 



ララの部屋。
ララがテーブルに紅茶を置く。


ララ「どうぞ。」

ローガン「ありがと。」












 



ララ「スーツ姿、珍しいわね。仕事帰り?」

ローガン「あぁ。」

ララ「なんか変な感じね。」

ローガン「単刀直入に言うけど。」

ララ「なあに?」












 



ローガン「この前言ってた男とつきあってるのか?」

ララ「・・・・えぇ。もう1ヶ月くらいになるかしらね。」

ローガン「そうか。サラリーマンって言ってたよな。」

ララ「えぇ。そうだけど。」

ローガン「家は知ってるのか?」

ララ「会社の寮に住んでるわよ。」

ローガン「お前、名刺とかもらってるか?」












 


ララ「名刺?もらってないわよ。」

ローガン「家族にあったことは?」

ララ「ないわよ。だってまだつきあって1ヶ月よ?彼はリバビューの出身だし。」

ローガン「そうか。」










 



ララ「いったいどうしたの?なんか今日顔怖いわよ?」

ローガン「お前の男の名前、クリストファー・シアンだろ?」

ララ「そうだけど・・・・どうして彼の名前を・・・。」

ローガン「この前、ホテルから二人が出て行くところを見かけた。」

ララ「え?・・・・私たちを?」

ローガン「あぁ。」

ララ「なんか、恥ずかしいわね・・・。」

ローガン「ララ、あいつ既婚者だぞ。」












 




ララ「え?彼は独身よ。」

ローガン「確かめたことあるか?」

ララ「だって寮に住んでるからあげられないって・・・。」

ローガン「それは子供と妻が家にいるからだ。」

ララ「子供・・・?」














 



ララ「冗談やめてよ。彼に子供なんか・・・・。」

ローガン「いないって言い切れるか?彼の友達に会ったことはあるか?」

ララ「ないけど・・・。」

ローガン「家族や親戚には?」












 



ローガン「なぜ朝帰りせずに夜中のうちに帰るんだ?」

ララ「それは・・・・。」

ローガン「休日に一日デートしたことあるか?」

ララ「・・・・。」

ローガン「あいつのあとをつけた。」

ララ「え・・・?」

ローガン「郊外の一軒屋が奴の家だ。奥さんと子供の名前もあった。」












 



ララ「そんなの嘘よ。あなた私のことを・・・・。」

ローガン「俺がお前に嘘ついてなんの得になる。」

ララ「・・・・。」

ローガン「俺はお前に嘘をついたことは一度もない。親友だから忠告してやってんだ。」

ララ「・・・・・。」


ローガンが立ち上がる。












 
 
 
置いてあったメモになにか書き込んでいる。


ララ「・・・・?」













 



ローガン「あいつの家の住所だ。嘘だと思うなら自分で確認してこい。」












 



ローガン「じゃあな。紅茶ご馳走様。」


ローガンが部屋を出て行く。













 



ララがゆっくりと立ち上がり、メモの前に立つ。













 
 


ララ「 (嘘・・・・。そんなの嘘に決まってるわ・・・・。) 」












 





Comment

1. 無題
こんばんわw
ロミオさん、ズルイな><
付き合ってない、でも好きだから一緒に居たいってw
私が一番惚れやすい事態だ;;
付き合ってないって分かっているのに「好きだから」という言葉に惹かれていく自分が情けないけど、止められないwwwwwww
流石なで肩さん><
Mな心をよくここまでくすぐるとわwwww

ロビンちゃん、ついにラトちゃんにズバリ言っちゃいましたね;;
確かに彼氏の女友達が彼氏の事好きだと知っているのに一緒にいるという事は嫌ですよね;;
ラトちゃんにもそろそろ新しい恋して欲しいな;;
このまま辛いのもなんだし、ロビンちゃんいい子そうだし、ディーン君ロビンちゃん好きだし><
応援する!

そしてローガン君、いい人だなw
ララちゃんに忠告しちゃいましたね;;
ララちゃん、ショックでしょうなあ・・・・。
でもこのままの関係も続けて欲しくないし、これでいいかと思います。
一杯泣いてまた立ち直って欲しいです;;
2. Re:無題
>どーるぃさん

ロミオは女の子からしたらずるい男ですよねw
でも彼自身、いままで本気で愛したことがないのかもしれません(´・ω・`)
だから契約に感じて、縛られるのも縛るのも嫌なのか。
まぁSですよね?( ̄ー ̄)ニヤリ
強引ですしw
どーるぃさんこういうのにひっかかりやすいのか(;´Д`)
だめだよ~~~( ̄Д ̄;
お母さん心配!(おい

ロビンはとうとう爆発しちゃいましたねw
まぁロビンの気持ちもわからなくもないですが。
ラトもいいかげんあきらめたほうがいいかもしれないですね~(;´Д`)
片思い長すぎw

ローガンはこうみえて友達思いなんですよね(*´ω`*)
ララのことも親友と思ってるからはっきり伝えてあげているし。
ローガンは自分にも人にも厳しい(ウフレについては別ですが)ですからね。
ララはいきなりでショックというより戸惑ってますね。
まだ信じられないだろうし。
この子も情が深いですからね~(;´Д`)
ジーンのときも振られたあともしばらく好きだったしw
微妙ですw
3. 無題
こんにちわーvv
今回はもう!!キイイ!!腹が立って仕方ないよ!!ロミオにもアイビーちゃんにも!(様つけるの辞めた途端呼び捨て)

彼女じゃないし付き合ってないけど好きだから一緒にいたいウフフもする
と言う…これ要するに「俺ヤリチ○だぜv?」って事じゃないか
お前はタチの悪いホストかっ!!
ただタイプの女を抱きたいだけじゃないか!!

許さん!!><
そしてアイビーちゃんも惚れた弱みなのでしょうか
いつの間にかロミオ宅のウフフツアーに通ってる感じですけども、、
ハッキリ言ってローガンの割り切りウフフ関係がよほど綺麗に見えて来る不思議!
ローガン→割り切った関係
アイビー→割り切れないのに割り切られる関係

いやー…ロミオ…ないわー…
あんだけロミオ様素敵vvってなってた私は一体(遠い目)
まさにBiBiモデルの子のように表面のワイルドガイな彼しか知らないからでしょうね

そしてさらに…ないわー…なクリス不倫疑惑
ローガン!!良い奴!!サクっと言ってくれましたね!
ララちゃんの不運体質ここで発動しなくても良くない!?
と言うほどの不運ぶりですが…ララちゃんにとってクリスが初体験ですもんね…

え?クリス、確かに女慣れしてるなーとは思ってたんですよね
でもバブル紳士なんてこんなもんなのかしら?v
と思っていたんですけども…マジでかー!
何だろう、ララちゃんの事は遊び?本気?
家庭はもう冷めてるとか?離婚寸前だったとか?

いやいやー…どっちにしろクリスもないわー(笑)
ロビンちゃんとラトちゃんもですけども
ロビンちゃんキッパリ言いましたね!
確かにごもっとも…キレたくなるのも分かります
嫉妬なのも分かりますが…でも親友ポジションで恋愛感情持ってるとか一種の爆弾ですもんね

別に誰が悪いわけでもないんですよねぇ><
ディーンもラトちゃんもロビンちゃんもみんな良い子なのに
むしろディーンが謎です、ロビンちゃんと恋人機関が微妙に長めだからか落ち着いちゃってるし
今となっては本気でロビンちゃんを愛しているのかどうかモヤモヤなのでは?

ああ…誰か早くディーンを寝袋から解放してあげてvv
  • 2012/07/11 14:30
  • SACHICO
  • URL
  • Edit
4. こんにちは^^
なで肩さんこんにちは^^
やだ~~~~っ!!!
ロミオなに最悪!!!
そういう割り切った女と遊んでればいいじゃん!!
アイビーちゃん好きになっちゃってるよ・・・もう!!
好きだからいいだろって、完全に自分の都合のいい勝手な男ですねヽ(`Д´)ノ
パンサムの方がよっぽどいい男だわっ!!(なぜか引き合いに出されるパンサムさん・・・w)
ロビンちゃんは、ずばりラトちゃんに言いに行きましたね!
ビックリですけど、これはこれで仕方ないのかもしれない。
ディーンくんと付き合ってるのはロビンちゃんだし、これでラトちゃんも踏ん切りつくかな?
ディーンくんがラトちゃんの気持ち知ってしまった事で、またどうか分からないですけど・・・
そして、ローガンくんはどうするのかな?と思ったら言ってやりましたね!!
ララちゃん可哀想だけど、早く分かった方がいいし、ローガンくんナイス!!

そうそう、私もチビですよ( ´艸`)
チビで痩せで少年体型です(^▽^;)
色々共通点がありそうですねww
6. Re:こんにちは^^
>ゆきさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ロミオ罵倒されまくってますねwww
どんまいロミオw
たしかに、言ってることは都合いいことばかりですよね(;^ω^)
つきあいたくはないけどお互い好きなんだからやらせろっていうw
パンサムが引き合いにwwww
さらにどんまいロミオwww
まぁパンサムはアホだけど意外にいいやつだし、最近嫌いじゃないですwww
うちはブリッジポートなので登場しないのがさみしいくらい(;´Д`)
いやいても困るんですけどねwww
きっと撮影にまぎれこんだら読者のみなさんが気になってしょうがないだろうしw

ロビンはいいかげんブチ切れましたねw
まぁこれはしょうがないですよね(;^ω^)
そしてローガンは意外にもやさしいです(ノ´∀`*)
ララがどうでるのかがみどころですねw

やっぱり!!!
ゆきさんは少年体系なのかぁ~(*´∀`*)
私は幼児体系ですよ・・・(チビ、貧乳、短足
7. 痛い
( ゚▽゚)/コンバンハ
いやぁ・・・。
怒涛の展開だww
毎回ですがw

ロミオさん、やっぱりズル男だったか!
あいびーちゃん、なんか都合のイイ女扱いになってますよね~
田舎(って程でもないけど)から出てきてよくわかっていないお嬢様だってわかっててこの仕打ちはどうなの?
男の勝手にしか見えませんが、アイビーちゃんがソレで傷つくのはイヤだなぁ~

そしてロビンちゃん・・。
結局「相手の女のせい」になるんですよね~こういう場合w
自分の男の子とは怒れないから・・・。
でも、この場合ディーンが悪いと思うのにww
まぁラトちゃんの気持ちを知らなかったから仕方なかったかもだけど、好かれていなくたって「女の親友」ってイヤなもんだと思いますよ~
しかも毎週とかどんだけww
ラトちゃんが好きになったのは、コレ悪いことではないし、なんかカワイソウ・・。

アンド、ローガン君やっぱりかっこよす!
ララちゃんがもっと深入りする前にってコトなんだろうけど、もぅ初めての相手だし可哀想過ぎるよぉお!
早く教えてもらえてよかったと思うけど・・。
スーツ姿がイカスZEwww
8. Re:痛い
>もんぷちさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ロミオは曖昧ですよね~。
あまりはっきりさせたくないんでしょうね。
都合のいい女w
たしかに(;´Д`)

そうそう。
女は自分の男のことを悪者にできないですよね。
どうしても相手の女を悪く思ってしまう。
悲しい性ですね(;^ω^)
ロビンのことをちゃんと大事にしなかったディーンが悪いんですけどね。
つきあって1年たつと、ましてや同棲なんてしてしまうとよけいに空気になっちゃいますからね~。
女性からしたら「彼氏」でも男からしたら「相方」なんですよねもう。
そこが男女の差なのでしょうがないんですけどね~。
3人とも悪ではないし。

ローガンのスーツ姿初でしたね(*´∀`*)
この人は潔癖なので、でかけるときも一旦帰って私服に着替えたいタイプですw
なのに仕事帰りにそのまま寄るほど、ララに早く伝えなければ、と思ってたのでしょうね(ノ´∀`*)
いいやつです♪
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。