女の嫉妬



 



ラトーシャ「ディーンのおうちに?」











 



ラトーシャ「なんであたしを・・・?」

ディーン『いつもお世話になってるから招待したいだって。』

ラトーシャ「でも・・・・。」

ディーン『なんか浮気を疑ってるみたいなんだよ。俺たちのこと。』

ラトーシャ「え?なにそれ・・・。」













 



ディーン『違うって言っても聞かなくてさ~。浮気してないなら連れてこられるでしょ、だって。マジかんべんしてほしいよなw』

ラトーシャ「・・・・。」

ディーン『土曜日の晩は開いてる?一度だけでいいから会ってやってほしいんだ。』

ラトーシャ「・・・うん・・・・。」

ディーン『ホントごめんな。今度おごるからさ。』

ラトーシャ「・・・・うん。」

ディーン『じゃあ土曜日な。』












 



電話を切る。
しばらく携帯をみつめるラトーシャ。


ラトーシャ「 (ディーンはあたしの前ではいつも彼女の話はしなかった。だから彼女がいたことなんて忘れられたし平気にできた。) 」













 



ラトーシャ「 (でも二人が一緒のところなんて見たら・・・・あたし平気でいられるのかな?) 」












 



土曜日。
ラトーシャは一軒の家の玄関前に立つ。


ラトーシャ「 (来ちゃった・・・。) 」










 


ラトーシャ「 (あたし・・・なにやってるんだろ・・・・。) 」













 


緊張しながらチャイムを鳴らす。


ロビン「はぁ~い!」


勢いよく玄関が開いて、ロビンが現れた。


ロビン「いらっしゃ~い。待ってたよ~。」

ラトーシャ「こんばんは。お招きいただいてありがとうございます・・・。」

ロビン「あははっ。こちらこそわざわざ来てくれてありがとうね!ディーン!ラトちゃん来たよ~。」












 


ディーンが部屋の奥からやってきた。


ディーン「よぉ。いらっしゃい。」

ラトーシャ「うん。」

ディーン「今日は朝からバタバタだったんだぞ?お前が来るからって掃除したり・・・。」

ロビン「もう!言わない約束でしょ~。」

ディーン「あ、ごめんwww」












 


ロビン「ていうか・・・それ一緒のパンツ、だよね?」

ラトーシャ「あ・・・・ホントだ。」

ロビン「色違いだぁ~。あははw なんか気が合うかもね、あたしたちw」

ラトーシャ「そうかも・・・。」












 



3人は小さいキッチンでロビンの作った料理を食べる。


ディーン「見た目よりはいけるな。」

ロビン「なによそれ~。がんばって作ったんだからね!」












 


ラトーシャ「おいしいよ。」

ロビン「ホント?」

ディーン「よかったな。ラトは料理人だから、プロに褒められたじゃんw」

ロビン「そうなんだ~?」

ラトーシャ「ロビンちゃんはなんの仕事してるの?」

ロビン「あたし?探偵!」

ラトーシャ「探偵?」

ロビン「そっ。子供のころからの夢だったんだ~。でもこれが意外と地味な仕事で大変なんだけどね~。」













 


ラトーシャ「へぇ~。どういうことするの?」

ロビン「浮気調査とかがほとんどだけど、たまに人探しとかかな~。」

ラトーシャ「へぇ~・・・・。警察みたいだね。」

ロビン「うんうん。」

ディーン「こいつほっといたら俺の浮気調査もやりだしそうだったからなw」












 


ロビン「だって~、毎週のように会ってるでしょ?そりゃあ怪しむわよ~。」

ディーン「ホントに浮気してたら女と会ってるなんて言わね~ってw」

ロビン「いやいや、最近はわかんないからね~。」












 


ディーン「俺たちは親が昔からの知り合いだからっていうので、小さいころからよく遊んでたんだよな。幼稚園からずっと学校も一緒だったし。だからもう家族みたいなもんなんだよ。な?」

ラトーシャ「うん。ディーンの双子の妹とあたしはずっと親友だし。今も一緒にルームシェアしてるから。」

ロビン「へぇ~。そうなんだ?アイビーちゃんだっけ?」

ラトーシャ「うん。」

ロビン「私も今度遊びに行きたいな。ルームシェアのおうち。」










 



ラトーシャ「よかったら是非・・・・。」

ディーン「ロビン、これで俺たちの疑い晴れただろ?」

ロビン「そうだね~。でもホント不安だったんだよ?ディーンは記念日の日もラトちゃんに会いにいっちゃうし。」

ディーン「あれはホントごめんってw」

ラトーシャ「なにもないから。心配しなくていいよ。」











 


ロビン「うん。そうだね。」












 



ロビン「ここ1階が大家さんで2階が賃貸なんだけどね~。大家さんこぉ~んな太ったおばちゃんでねw 階段あがるのがつらいんだってw だから賃貸にしたらしいよw」

ラトーシャ「そうなんだ?最初知らなくて1階に行きそうになっちゃった。」

ロビン「ははっ。よく間違われるみたいw 郵便が大家さんのところに届くんだよね~。でも安いしすごく気に入ってるんだ~。」

ラトーシャ「へぇ~。綺麗だし、わりと広いよね。」

ロビン「うんうん。大学のときから住んでたんだけど、そこにディーンが転がり込んできたってわけw」

ラトーシャ「そうなんだ?」












 



ロビン「ねぇねぇラトちゃんは恋人いないの?」

ラトーシャ「え・・・・うん。」

ロビン「好きな人は~?」

ラトーシャ「まぁ・・・・気になる人なら・・・。」

ディーン「そういえばこないだどうだったんだ?」











 



ロビン「こないだってなに?」

ディーン「デートだったんだよな?」

ラトーシャ「いや、デートっていうか・・・。」

ディーン「違うの?」

ラトーシャ「ちょっと遊んでただけだし・・・。」

ロビン「へぇ~。告白はしないの?」












 



ラトーシャ「そういうの、ガラじゃないっていうか・・・。」

ロビン「え~そんなことないよ~。今は女の子のほうからもガンガンいかないとね!草食男子増えてるからw」

ラトーシャ「そうだね。」

ロビン「ディーンもこっちからアプローチしてるのに最初全然気づいてくれなくてさ~。結局あたしから告ったんだよね~。」

ディーン「え?そうだったの?」

ロビン「ほら、やっぱり気づいてなかったw 鈍感だからさ~w」

ラトーシャ「そうだね。」













 



ロビン「ラトちゃん連絡先交換しない?」

ラトーシャ「え?」

ロビン「なんかファッションの趣味も似てるし、あたしたち気が合いそうじゃない?」

ラトーシャ「・・・そうだね。」

ロビン「今度一緒に買い物行こうよ。ねっ?」












 



ラトーシャ「うん・・・。」












 



帰る時間になり、玄関まで送る二人。


ラトーシャ「ありがとう。お食事も、おいしかった。」

ロビン「よかったらまた遊びに来てね!」

ラトーシャ「うん。」












 



ディーン「遅くなっちゃったな。俺送ってくよ。」

ラトーシャ「大丈夫。ここから駅近いし。」

ディーン「でもこの辺結構治安よくないから。」

ラトーシャ「慣れてるから。平気だよ。」











 



ロビン「ディーン、送ってってあげて。」

ディーン「うん。」

ラトーシャ「でも・・・・悪いし。」













 



ロビン「いいのいいの。女の子なんだし。こういうときは甘えないと。」

ラトーシャ「・・・いいの?」

ロビン「もちろん♪すぐ返してくれれば全然いいよ~w」

ディーン「俺は物じゃねーっつーのw」

ラトーシャ「じゃあ、お願いします。」

ロビン「うんw じゃあ気をつけてね!」

ラトーシャ「うん。ありがとう。おやすみなさい。」

ロビン「おやすみ~!」














 



ラトーシャとディーンが階段を降りていく。
ロビンは二人の後姿を見送っていた。













 















 



ディーン「今日はわざわざありがとな。」

ラトーシャ「うん。こちらこそ・・・もてなしてもらって・・・。」

ディーン「これであいつも安心したかもなw」












 



ラトーシャ「いい子だね。ロビンちゃん。」

ディーン「あぁ。気が強いけどな~。」

ラトーシャ「そうなんだ?」

ディーン「喧嘩してもいつも俺が折れるしw まぁ俺が悪いことが多いんだけどさw」

ラトーシャ「へぇ~。」













 



ディーン「でも二人とも、仲良くしてくれて嬉しい。」

ラトーシャ「え・・・?」

ディーン「でも二人が俺より仲良くなっちゃったらちょっと悲しいけどなw 呑み友達がいなくなるしw」













 



ディーン「ただいま~。」


ラトーシャを送って帰ってきたディーンが玄関を開けると下着姿のロビンが立っていた。













 



ロビン「おかえり。」

ディーン「どうしたんだ?そんなカッコで。」

ロビン「ムラムラする?」

ディーン「え・・・?」













 



ロビン「誘惑してんの。」

ディーン「ロビン・・・?」

ロビン「ねぇ、エッチしよ?」

ディーン「急にどうしたんだよ?」












 



ロビン「ねぇ、いいでしょ?しよ?」

ディーン「ロビン?」

ロビン「しぃ~。」













 




ロビンがディーンの唇をふさぐ。


ロビン「 (ディーンはあたしのもの。誰にも渡さない。) 」













Screenshot-5708.jpg
 



薄暗い寝室。
ベッドの上で絡み合う二人。


ディーン「ハァハァ・・・。」

ロビン「ディーン。」













Screenshot-5709.jpg
 



ロビン「あたしのこと、好き?」

ディーン「もちろん・・・好きだよ。」

ロビン「どのくらい?今までの中で一番好き?」

ディーン「あぁ・・・・。」












 



ロビン「愛してる?」

ディーン「あぁ。」

ロビン「愛してるって言って。」

ディーン「ロビン・・・愛してるよ。」

ロビン「あたしも・・・愛してる。」












 


ロビン「アァ・・・・・・ディーン・・・・・。」













 












Comment

1. 無題
こんばんは♪お邪魔します(*´艸`*)

エロ落ちいいですね♪(笑)
いやぁーにしてもロビンちゃんもディーンくんも鈍感ですね…;
ラトちゃんかなり落ちますよね;
わたしラトちゃんとめっちゃかぶる過去があったりなかったりでwぇ
スゴい勝手に親近感わいてしまいました(*´・v・`)
リア充爆発しろって思うんだけど、彼も好きだし、彼女もいい子で…
結果、自分が爆発しそうになるっていうwww
最後のエロシーン、ラトちゃん見たら爆発or土に還りたくなるよなぁ…って勝手に思ってしまいました/(^o^)╲
またの更新楽しみにしております♡
2. 無題
ガ━━━(;△;)━━━ン!!!
やっぱりロビンちゃん、嫉妬してたんですね;;
女は怖いですね;;
裏でと表が違いすぎるもん;;
ハッキリ言われるよりこっちの方が何か怖い;;
ラトちゃん、絶対内心泣きそうですよね?
自分がラトちゃんになった気分で泣きたいです;;
3. Re:無題
>Samyさん

コメントありがとうございます(´∀`)
エロ落ち、わりと多いんですけどねw
でも結構話的にまとまるので便利だったりw
そしてブリッジポート編のエロの多いことwww

ラトとかぶる過去ですか!@@;
それはつらいかも~。・゚・(ノД`)・゚・。
私は逆でロビン側(といっても女友達ではなく男友達に嫉妬してた)だったのでw
ラト側はつらいだろうな~(;´Д`)
ラトはちょっと耐えすぎな気もしますが・・・。
4. Re:無題
>どーるぃさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ロビンは表には出さなかったですが内心はやはり嫉妬してたみたいですねw
彼氏と女友達の関係って彼女からしてみたら複雑すぎますよね~。
たしかに顔に出さない分怖いかもしれませんw
しかも連絡先聞いてたしwww

ラトはどう思ったでしょうね~。
やっぱりちょっと凹んでるかもしれませんね(;^ω^)
5. 無題
シムってだけでリアルなのに
エロポーズもリアルでwww
もうエロがあふれてますね(*´∀`*)♡←

激しくかぶってます!(笑)
さすがにもう恋愛感情なくなりましたけど、
今もずっと仲良くしてるヤツ(当時彼女あり)を好きでしたw
もうアイツ鈍感すぎて最近はいま好きな人にどうやって告ればいい?的なことを相談してきてくそウザいです(^ω^)←
ロビンちゃん側…うらやましい!!←
ラトちゃんもロビンちゃんもいい子だから
どっちも幸せになってほしいです(*´・v・`)
6. Re:無題
>Samyさん

カップルポーズ、エロポーズ収集が趣味です( ̄ー ̄)ニヤリ
変態ですみません(;´Д`)
でもアメーバなのでこれでもなるべく隠しています(乳とか下半身とかw)
携帯だとなぜかエロSSがみれなくなってるんですよねwww

今も仲良しとは(;´Д`)
しかもそんな質問・・・。
激しくディーンとかぶりますな!w
まぁディーンはラトの前では彼女の話しないみたいでしたがw
それがよけいにラトにとっては救いであり、また離れられず辛いのですよね(´・ω・`)
いやいや、ロビン側も嫉妬で狂いますよw(相手男でしたがね
ロビンがまた悪い子になれなくて憎めないところですよね(;´Д`)
ロビンもラトの性格いいのがわかってるからよけいに・・・。
7. おはようございます♪
前回からまとめ読みさせていただきました(´∀`)
実はラトちゃんがリア友にすっごい似てるんで感情移入が尋常ではないw
しかもその子もどっちかっていうと奥手で中々気持ちを打ち明けることができなくて(;^_^A
しかし今回のご招待は複雑ですよね~。
同じ女としてロビンちゃんの心理はとてもわかります。
そしてラトちゃんの気持ち…えぇえぇ似たような経験ありますからね~私もw
この女…と思いながら相手の家に招待されたことありますよ!
これは今後ラトちゃんどうなるんだろう??
なんとなくディーン君との距離も考えちゃいますよね。
今後の展開を楽しみにしております♪
8. 無題
こんにちわーvv
今回も楽しく拝読させて頂きましたv♪

うわ…凄いリアルだ…
実際ありますな…そんな肉食女子やアメリカンでもなしに
「私たち仲良くしましょうね?彼氏のお友達さんv」みたいなさ…(遠い目)

ロビンの気持ちも分かりますしロビンもすごくいい子なんですよね!
だからこの子に至っては嫌な子!
っていうイメージは湧かないですね~
う~ん、、やっぱ彼女の立場としてはそうだよね

いくら彼の親友って言っても女、しかも自分より優先されてる時点で内心は穏やかじゃないですよね
しかも私たち良いお友達になれるねvよろしくv
なんてなっちゃったら…絶対に彼を奪えませんよね(ラトちゃんはそう言うタイプではありませんが)

うーんロビンの気持ちも分かるしラトの気持ちも切ない…
しかし今回分かったのはディーン君がはっきりしない!(と言うか鈍感)
と言う事なんですよね!!!
別にディーン君が悪いわけではないのですが

一番重要なのはラトちゃんの事を異性として見れる対象なのかって事だと思うんですよね
ロビンとウフれてもラトちゃんとウフりたいかどうか…女として見れるのか…
ここも重要になってくるんじゃないかな?と思いつつ

空気が読めるラトちゃんとしてはロビンと友達になったし(?)…裏切れない
と言うのも植え込まれましたしね
ロビンとしては出る杭は打つ!と言うよりも出る前に打ちましたね(笑)

そして最後のエロを有難う御座います我々の世界ではご褒美です
わおvダメ押しに体でも繋ぐ…vでもなーロビンも良い子なんだよな~><
  • 2012/07/02 11:08
  • SACHICO
  • URL
  • Edit
9. Re:おはようございます♪
>ひめめさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ラトがリア友にそっくりですか!ヮ(゚д゚)ォ!
それは愛着わきますね( ̄Д ̄;
しかもその子も奥手なんてさらにかぶるw
ひめめさんもラトと同じような経験をされてるんですね~。
家に招待はちょっとつらいですよね(;^ω^)
私ならなんとか断って行かないかもしれないw
直接対決する勇気がないですw
ラトも絶対凹んでますよね(;´Д`)
でもロビンの気持ちもわかるし。
10. Re:無題
>SACHICOさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ロビンの気持ちもわかりますよね、女として。
私もロビンに「嫌な子」ていう気持ちがないですw
むしろちょっとかわいそうというか。
なのでちょっとラトを招待して様子を伺うっていう。
巻き込んでしまったほうがラトからアプローチしずらくなりますしね、そういう計算もあったのかもしれません。
まぁその前にラトの気持ちを確かめたかったのもあるだろうし。

一番悪いのはディーンなんですけどね~。
ホントに鈍感は罪ですね!
う~ん、ディーンはラトを恋愛対象としてみてませんからね~。
ラトもそれに気づいてるからアプローチできないし、ただそばにいられればいい、と思ってるのだろうし。
しかしロビンにしてみればそれさえもおもしろくないw

ヤング編になってかなりエロが増えましたね(;´Д`)
ローガン以外の子たちもwww
ロビンがいきなり迫ったのは嫉妬からでしょうね(;^ω^)
そしてディーンの愛を確認、ていう。
11. 無題
こんばんは。スミマセン、初めてコメントをした者です。(・w・))) 先月中古でsims3を買い、ハマってますww いや~、面白いですねsims。ちなみに私は『アイビー スターライトショア編』からの読者で、読み始めたのは二日前ですね。一気にここまで読んじゃいました。ちょっと時間がないのでここまでしかかけないのですが、次回も超楽しみにしてます!!!(・w・)♫
  • 2012/07/02 20:47
  • chocolatemintcat
  • URL
  • Edit
12. Re:無題
>chocolatemintcatさん

ご訪問ありがとうございます\(^▽^)/
そしてコメントくださりありがとうございます♪
二日でアイビー編をここまでヮ(゚д゚)ォ!
嬉しいです(T△T)ありがとうございます!

chocolatemintcatさんはシムズ3を中古で購入ということですが、PC版のシムズ3ですか?
PC版の中古だとシリアルナンバーが使えないのではないでしょうか?><
追加パックなどを今後ご購入される場合は中古ではなく新品で購入することをおすすめいたします~(;^ω^)
ちなみに公式サイトに登録後シリアルナンバーを登録すると無料でポイントがもらえるんですよ。
そのポイントを使って有料品の家具や髪型などがDLできますので是非是非(´∀`)
またのご訪問をお待ちしておりますね\(^▽^)/
13. お久しぶりです!
ロビンちゃん、ラトちゃんに嫉妬心メラメラですね(^_^;)でも、分かります!!いくら幼なじみでも、相手は女の子ですもんね…。鈍感な彼氏を持つと気が気じゃないですよ…。ディーンくん、そこを気づいてあげて欲しいです!ラトちゃんも、好きな人の彼女に会うのは内心嫌なハズ!それでも会って話して…普通できないですよね…。ずっと幼なじみで来てしまって、行くに行けないラトちゃん…切ないです(;_;)

どんな形でもいい!ラトちゃん幸せになって欲しいです☆三角関係、次回も目が離せないです!!!
14. Re:お久しぶりです!
>*なつめ*さん

いつもありがとうございます(´∀`)
ブログのシムズ記事の更新がないので心配しておりましたよ。
ご家族のこといろいろ大変だとは思いますが、病は気からとも申しますので、なつめさんまでお体壊さないように気をつけてくださいね!
ポジティブシンキングです!!

ロビンは彼女としては当然の感情ですよね。
恋人が友達だとはいえほかの女性と毎週のように会っていたらそりゃあいやですよね~。
ディーンが二人に甘えすぎなんですよね。
ラトもつらい立場です。
ラトには私も幸せになってほしいですね~。
この子ほど我慢強い子はいないw
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。