デート




 
 



ララとクリスは5回目のデートをしていた。
今夜はレストランのテラスで食事をしているようだ。












 



ララ「おいしかった~。」

クリス「だろ?ここは僕のお気に入りの店なんだ。」

ララ「眺めもいいし、とっても素敵なお店ね。」

クリス「君が気に入ってくれて嬉しいよ。」











 



クリス「ララ、今日は大事な話があるんだ。」

ララ「なあに?」

クリス「僕と正式におつきあいしてほしい。」

ララ「・・・・。」












 



クリス「僕は仕事人間だし、なかなか会えない日も多い。休日の一日デートは望めないと思う。でも君のことが好きだし大事にしたいと思ってるんだ。」

ララ「クリス・・・・。」

クリス「僕とつきあってくれないか?」

ララ「私ね・・・。」












 



ララ「実はいままで男性とお付き合いしたことがないの。」

クリス「それ、ホントかい?」

ララ「えぇ。」

クリス「そうだったんだね。」

ララ「だから・・・あなたがはじめての人になるわ。」












 



ララ「私でよければ、よろしくお願いします。」

クリス「ホントにいいのかい?」

ララ「えぇ。私も・・・・あなたが好き。」













 




クリス「嬉しいよ。今日・・・すごく緊張してたんだ。」

ララ「そうだったの?」

クリス「うん。君みたいな綺麗な人が僕と・・・信じられない。」

ララ「もう・・・。すぐおだてるんだから。」












 



クリス「ホントのことだよ。僕みたいな平凡なサラリーマン・・・。」

ララ「そんなことないわ。私にはとっても素敵に見えるもの。」

クリス「ありがとう。」

ララ「それにあなたはいつもとっても素敵な場所に連れて行ってくれる。」











 



クリス「この街のレストランは接待なんかで行きつくしているからね。おいしいお店は知ってる自信あるんだよ。」

ララ「そうなのね。」

クリス「最近また新しくできたバーがあるんだよ。今度そこに連れて行ってあげるよ。」












 





ララ「ふふっ。楽しみにしてるわね。」












 



ラトーシャとディーンはバーで呑んでいた。
ディーンの携帯が鳴り響く。


ディーン「ちょっとごめん。」

ラトーシャ「うん。」












 



ディーンが席を立ち、電話に出る。


ディーン「もしもし。どうしたの?・・・・うん。」












 



ラトーシャ「 (彼女、だよね・・・・。) 」













 




ディーン「今日はちょっと遅くなるから、先に寝てていいよ。・・・・うん、わかった。」












 



ディーンが席に戻る。


ディーン「ごめんな。」

ラトーシャ「うん。彼女?」

ディーン「うん。」

ラトーシャ「帰らなくて平気?」













 



ディーン「あぁ。大丈夫だよ。遅くなるって言ってあるし。」

ラトーシャ「そっか・・・。」

ディーン「それより、お前今日なんかおしゃれしてない?」

ラトーシャ「え?」












 



ディーン「わかった。デートだろ?」

ラトーシャ「・・・・まぁ、そんなとこかな。」

ディーン「へぇ~。お前も男できたんだ?」

ラトーシャ「できてないわよ。」











 



ディーン「じゃあ片思いのやつとか?」

ラトーシャ「そんな感じかな。」

ディーン「へぇ~。がんばれよ。」

ラトーシャ「うん。」












 



ラトーシャ「 (鈍感・・・・。) 」














 


ディーン「もう一杯呑む?」

ラトーシャ「うん。」











 













 



クリス「おなか一杯だな~。」

ララ「そうね。すごくおいしかったわ。」

クリス「また連れて行くよ。」

ララ「えぇ。」












 




ララ「次はいつ会える?」

クリス「明日から出張なんだ。来週には戻るから。こっちから連絡するよ。」

ララ「そうなの。気をつけてね。」

クリス「あぁ。お土産買ってくる。」

ララ「ふふっ。気を遣わなくていいのに。」












 
 


シェアハウスに到着した。
二人が車から降りる。


ララ「ありがとう。送ってくれて。」

クリス「うん。」












 
 


ララ「入ってコーヒーでも・・・って言いたいところだけど、私だけの家じゃないから。ごめんなさいね。」

クリス「いや。・・・・ホントはちょっと期待してたけどね。」

ララ「ふふっ。正直ね。」

クリス「下心がない男なんていないさw」

ララ「そうねw・・・出張気をつけていってらっしゃい。」

クリス「あぁ。」

ララ「おやすみなさい。」

クリス「おやすみ。」












 
 


ララがクリスに背を向けて玄関のほうへ歩き出す。


クリス「ララ。」











 
 


 振り向いたララを抱きしめてキスする。


ララ「 ! 」












 



クリスの熱い舌が絡まる。
ララもクリスの背中に腕をまわした。













 













 



ディーンが家にたどり着いたのはすでに2時を回るころだった。
リビングに入るとロビンがソファーに座っていた。


ロビン「おかえり。」

ディーン「ただいま。」










 



ディーン「まだ起きてたんだ?先に寝ててよかったのに。」

ロビン「眠れなくて。」

ディーン「ホットミルク飲む?」

ロビン「いらない。ディーンがいてくれれば眠れる。」

ディーン「すっかり抱き枕だなw」












 



ロビン「誰と一緒だったの?」

ディーン「ラトだよ。会ったことあるだろ。」

ロビン「一度だけね。」

ディーン「職場近いからな。大学のときはあんまり会ってなかったけど。」

ロビン「ふぅ~ん。」












 



ロビン「今度うちに連れてきてよ。」

ディーン「え?なんで??」

ロビン「ディーンがお世話になってるから招待したいの。料理も作るからさ。」

ディーン「料理なんてあんま作ったことないだろ?」

ロビン「作れるもん。作らないだけで。」












 



ディーン「なんで会いたいんだ?」

ロビン「浮気してなかったら連れてこられるはずでしょ?」

ディーン「浮気疑ってんの??」

ロビン「うん。」

ディーン「ないないw あいつとは幼馴染だしただの親友だってw」












 



ロビン「じゃあ連れてきてよ。ちゃんと紹介してほしいし。」

ディーン「・・・・いいけど、あいつの返事も聞かないと。」

ロビン「今度の土曜日ね。ちゃんと連れてきてよ。」












 



ディーン「うん。電話してみるよ・・・。」




Comment

1. 無題
こんばんわw
ララちゃん、クリスさんと付き合ったんですね!
クリスさんがいい人でありますように・・・;;
ララちゃん、不幸体質なので娘を心配する母の気持ちになった気分です;;

そしてロビンちゃんww
疑ってる・・・そりゃ、彼女より友達優先ばかりされると疑いたくなりますね;;
「今度家に連れてきて」って・・・
まさか「もうディーン君に近寄らないで!」を言うrために?もしや見せつけ?
そうじゃない事を祈りたい・・・;;
2. Re:無題
>どーるぃさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ララにとうとう恋人ができましたね(*´∀`*)
しかもさっそくキスされちゃって(*´Д`)
クリスは紳士にみえて意外に積極的なのかもしれません(ノ´∀`*)
たしかにララ不幸体質ですからねwww
どーるぃさんもすっかりなで肩マジックにかかってますねwww

ロビンにとってみれば「こんな夜中まで女友達と一緒ってなんなの?」って感じですよね(;^ω^)
彼女からしてみたら女友達なんて存在邪魔でしかありませんからね~。
しかしロビンは気が強そうですからね( ̄Д ̄;
ラトはちょっとピンチかもしれませんw
3. 無題
おはようございますー
ララちゃん、今度は幸せになれるかな(*^▽^*)
でも、出張・・・と聞いてもしや不倫?とか思ってしまったw
だってララちゃんって男運なさそうなんだもん(ノω・、)
ディーンくんは相変わらず鈍感もいいところですね。
ラトちゃん、あんなに可愛くなったのにな。
ってか、本当にちゃんと好きならロビンさんにも気を使えヽ(`Д´)ノ
でも、今度の土曜日が楽しみですw
4. こんにちは^^
なで肩さんこんにちは^^
ララちゃんとクリスさん、すっごくお似合いですね!!
正式に交際する事になって、良かった(*^▽^*)
クリスさんがこのままの真っ直ぐな人でありますように(^人^)
真面目だし、大人だし、積極的だし、ララちゃんを男らしく引っ張って行ってくれそうな感じがします(^∇^)
そしてディーンくんですが・・・
女心が分からな過ぎ~~w
いくらディーンくんが幼馴染という関係で普通にラトちゃんと会ってたって、彼女からしたら面白くないし、ちょっとイラっとしますね~~w
ラトちゃんも、ディーンくんがこんなだからいつまでも辛いんだよ~w
ディーンくんにはもっとしっかりしてもらいたいですねーw
  • 2012/07/01 18:45
  • SACHICO
  • URL
  • Edit
6. Re:無題
>あんこさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ララはようやく春がきたみたいですね(ノ´∀`*)
不倫www
どうでしょうね( ̄ー ̄)ニヤリ
たしかにこの子男運ないですよね(;^ω^)
ファーストキスは奪われるわやられそうになるわw
ディーンは鈍感すぎてもうね(;^ω^)
二人に甘えすぎな気もしますよね~。
7. Re:こんにちは^^
>ゆきさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ララとクリスお似合いですか?(ノ´∀`*)
ようやくカップル誕生しましたね~(*´ω`*)
3人の中ではララが一番先でしたねw
たしかにクリスは真面目なわりに積極的な感じですよね(*´Д`)

ディーンはホント鈍感ですねwww
男兄弟の中で育ったし、アイビーが天然なので女心がまったくわからないようですw
ラトもロビンもつらい立場ですよね(;^ω^)
ディーンは相手の気持ちを考えずにつっぱしるところがありますからね~。
8. Re:無題
>SACHICOさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ロミオとアイビーはこのままうまくいってほしいですね(ノ´∀`*)
なにげにアイビーも気になっているようですしw

たしかにクリスは理想の旦那さんですよね~。
ララとはお似合いのカップルかもしれませんね(^ω^)
CMwwww
応援ありがとうございます\(^▽^)/

ラトはホントつらいですよね(;^ω^)
親友としてしかみてもらえてないし、だからこそ言えないっていうのもあるし。
まぁ言えないのはラトの性格もあるんでしょうがw
ホントは気づいてほしいのかもしれないですね~。
ロビンの嫉妬しちゃう気持ちもわかるし。
彼女いるのに女友達優先って彼女からしたら絶対許せないですよね(;^ω^)
しかしそこは気の強いロビン。
先手を打ちましたね!w
ガチバトルになりそうな予感?( ̄ー ̄)ニヤリ

こちらこそシムポありがとうございます\(^▽^)/
連日シムポしすぎて撮影が止まってしまっているのでうまく両立せねばと思っています(;´Д`)
9. GKBR
( ゚▽゚)/コンバンハ
おおおぉおお・・・
ララちゃんの恋物語が甘酸っぱいwww
こんな美人なのにイロイロ初めてとか、もうこの男、羨ましいったらありませんね?!
シアワセになってほしいです!
だって根はイイコなんだもの。シアワセになる権利あるから!(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン

そしてロビンさんがコワイんですがwww
まぁ、この場合ディーン君が全面的に悪いですがね( ̄▽ ̄)
いくら親友で家族同然って言っても、そう毎回自分抜きで会われたらイヤですよね~彼女として。
ラトちゃんが男だったらイイかもだけどねぇ。

鈍感ってソレだけで罪だと思いますw
10. Re:GKBR
>もんぷちさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ララにとっては初の恋人ですからね(*´ω`*)
クリスがちょっと強引なところも甘酸っぱいですよね(*´Д`)
たしかにララはプライド高いけど根は優しくていい子だから、いままでの不幸体質がかわいそうですよね(;´Д`)
これを気に幸運体質になってほしいものですな(^ω^)

ロビン怖いですか?w
私には普通の女子の嫉妬に見えますw
たしかに一番悪いのは鈍感で曖昧なディーンですがね( ̄ー ̄)ニヤリ
ロビンの立場になると女友達と毎週会ってたら絶対いやですよね!ヽ(`Д´)ノプンプン
私もわりと嫉妬深いのでロビンの気持ちはよくわかりますw

たしかに鈍感は罪ですね(;´Д`)
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。