恋のはじまり



 


BiBi撮影所。
撮影が終わり、メイク室からアイビーが出てきた。


アイビー「お疲れ様でした~。」

ロミオ「おう。お疲れさん。」












 



アイビー「コーヒーですか?私やりますよ。」

ロミオ「いや、いい。お前も飲むか?」

アイビー「はい。」

ロミオ「座ってろ。」












 



アイビーがソファーに腰掛ける。
スタジオ内にコーヒーの香りが広がる。


アイビー「ロミオさんのおうち、本がたくさんありましたね。」

ロミオ「あぁ。趣味がそれくらいしかないからな。」

アイビー「本好きなんですか?私もです。」

ロミオ「そうなのか。」












 



ロミオがコーヒーをテーブルに置いてソファーに座る。


アイビー「どういうの読むんですか?」

ロミオ「なんでも。推理小説も好きだし、エッセイとかノンフィクションも好きかな。自己啓発系は読まねぇけど。」

アイビー「あ、私も。」

ロミオ「意外だな。お前は漫画とかかと思った。」












 


アイビー「漫画も好きですよ。絵本とかも好きだし。でも小説が一番多いかな。」

ロミオ「ふぅ~ん。」

アイビー「好きな作者とかは?」

ロミオ「なで肩、かな?」

アイビー「え~!意外w」












 


ロミオ「そうかもな。恋愛物だしな。」

アイビー「ああいうの読まないかと思ってました。」

ロミオ「そうでもないぞ。」

アイビー「私全巻持ってますよ?」

ロミオ「マジで?あれ持ってるか?処女作のやつ。」












 


アイビー「もちろんありますよ~。」

ロミオ「貸してくれ。ずっと探してるのにないんだよ。」

アイビー「いいですよ~。今度持ってきますね。」

ロミオ「お前もう仕事上がりだろ?これから送ってくから貸してくれよ。」












 


アイビー「え?いいんですか?」

ロミオ「おう。俺ももう明日にまわすことにする。」

アイビー「遅くなっちゃいましたもんね。」

ロミオ「これ飲んだら帰るか。」

アイビー「はい。」












 


ロミオの車で二人はアイビーたちのシェアハウスに着いた。
階段をあがる。


アイビー「今持ってきますね。ちょっと待っててください。」

ロミオ「おう。」


アイビーがドアを開ける。












 


全員「サプラ~イズ!!」


クラッカーが鳴り響く。


アイビー「え?なに?」












 



ラトーシャ「アイビーお誕生日おめでとう!」

ララ「23歳だね!おめでとう!」

アイビー「あ・・・・・今日誕生日だったっけ?すっかり忘れちゃってた・・・w」











 



ララ「ていうか・・・・お客さん?」

アイビー「あっ・・・。」











 



ロミオ「お前、誕生日だったのかよ。早く言えよ。」

アイビー「いや、私も忘れててw」

ラトーシャ「アイビー、紹介してよ。」

アイビー「えっと、こちらカメラマンのロミオさん。ロミオさん、みんなは私の昔からの友達です。」












 



ロミオ「なんか、悪かったな。俺帰るわ。」

アイビー「え?ちょっと待っててください。すぐ本持ってきますから。」

ロミオ「いや、今度でいい。」












 


ディーン「よかったら一緒にどうですか?一人でも多いほうが楽しいし、アイビーも喜ぶと思います。」

ロミオ「しかし・・・。」

ディーン「アイビーもそのほうがいいよな?」












 



アイビー「うん。よかったら一緒に祝ってください。私の誕生日。」

ロミオ「・・・・いいのか?」

アイビー「もちろんです。」

ロミオ「じゃあ・・・・ちょっとだけ。」












 



ララ「アイビー、職場ではどうですか?この子天然だからw」

アイビー「そんなことないよ~。」

ロミオ「意外にしっかりやってる。こいつ、カメラの前に立つと表情が変わるから。」

ララ「表情?」

ロミオ「うん。プロの顔つきになる。」

ラトーシャ「へぇ~。なんかかっこいいじゃん。」

アイビー「 (そんな風に見ててくれたんだ・・・。) 」












 



ララ「今月のBiBi、発売当日に買っちゃいましたよ~。アイビーすごくかっこよかった。」

アイビー「ホント?」

ララ「うん。特に透け透けのドレスの。なんか私たちの前では見せないような表情してたな~。」

ラトーシャ「うんうん。あれはかっこよかったね。すごく色気があって。」

ララ「そうそう。」

ロミオ「よかったな。」

アイビー「はい。」












 



ディーン「アイビーはあんまり仕事の話、家ではしなかったんですよ。だから家族もどうなってるのかホントは不安なところもあって・・・。」

ロミオ「家族?」

ディーン「俺、アイビーの双子の兄です。」

ロミオ「双子だったのか。」

アイビー「はい。」

ロミオ「へぇ~。君はモデルはやらないのか?」












 



ディーン「いえいえ。俺にはそういうの向いてないんで。俺は父の跡をついで医者を目指しています。今はまだ研修医ですけどね。」

ロミオ「お父さんが医者か。どうりで・・・。」

ディーン「え?」

ロミオ「いや、こいつみてて箱入りだろうな~と思ってたから・・・。」

ディーン「はははっ。なるほどw」

ロミオ「ほかのみなさんはなんのお仕事を?」












 



アイビー「ララは警官で、ラトーシャはコックさんです。」

ララ「警官といっても私は法医学分析官をめざしてるので途中経過って感じですけどね。」

ロミオ「たしかに。あんまり警官っぽくはないかな。」

ララ「ふふっ。よく言われますw」











 



ローガン「俺は弁護士です。まだ下っ端ですけど。」

ロミオ「へぇ~。みんなしっかりした仕事に就いてるんだな。」

アイビー「ロミオさんだってしっかりした仕事ですよ?」

ロミオ「そうか?世間じゃカメラマンっていうとチャラくみられるせいかあんまりいい顔しないけどな。」











 



アイビー「そんなことないです。カメラ構えてるときのロミオさん、すごくかっこいいですよ。」

ロミオ「ありがとう。」

アイビー「はい・・・・。」

ララ「 (この二人・・・。) 」

ラトーシャ「 (なんかいい感じじゃない?w) 」












 



ロミオが先に帰ることになったのでアイビーが玄関まで送った。












 



アイビー「今日はありがとうございました。」

ロミオ「いや、こちらこそ。ご馳走様。」

アイビー「すいませんでした。なんか無理矢理引き止めちゃって・・・。」












 



ロミオ「楽しかった。お前がなんでそんな風なのか、わかる気がする。」

アイビー「え?」

ロミオ「いい環境に生まれ育ったんだな。」












 



アイビー「はい。みんないい人たちばっかりです。」

ロミオ「よかったな。本サンキューな。」

アイビー「いいえ。返すのはいつでもいいのでゆっくり読んでください。」

ロミオ「おう。そうさせてもらう。じゃあ。」












 



アイビー「お疲れ様でした。おやすみなさい。」

ロミオ「おう。おやすみ。」


ロミオが立ち去る。













 
















 

















 



ディーンとローガンが帰ったあと、3人だけでコーヒーを飲む。


ララ「アイビー、いい感じだったわよ?」

アイビー「え?」

ララ「ロミオさんと。」












 



アイビー「そんなこと・・・。」

ララ「気になってたりするんじゃない?」

アイビー「・・・・わかんない。」

ラトーシャ「わかんないってなによw」

アイビー「ずっと恋してなかったから・・・・よくわからなくて。」

ララ「そうなの?」












 



ラトーシャ「ララはどうなの?最近帰り遅いときあるけど。」

ララ「あら?バレてたのねw」

ラトーシャ「バレないわけないでしょw 一緒に住んでるんだから。彼氏できたの?」

ララ「彼氏ではないのよ。まだね。」












 



ララ「デートしてまだ3回目くらいかな。」

アイビー「へぇ~。どんな人なの?」

ララ「素敵な人よ。大人だし、誠実で紳士的で。」

ラトーシャ「仕事なにやってる人?」

ララ「サラリーマンよ。」

ラトーシャ「へぇ~。いいね。」












 



アイビー「ララはその人のこと好きなの?」

ララ「えぇ。惹かれてるのはたしかね。」

アイビー「つきあうの?」

ララ「私から告白する勇気はないから・・・彼の告白待ちってところかしら。」

アイビー「付き合えるといいね。」

ララ「アイビーもね。」

アイビー「私は・・・。」












 


ララ「まだジーンさんのことひきずってる?」

アイビー「ううん・・・・。もう6年以上も前だし・・・・さすがに。」

ララ「そうよね。そろそろ新しい恋してみてもいいと思うわよ、私は。」

ラトーシャ「あたしもそう思う。」

アイビー「・・・・うん。」




Comment

1. 無題
ロミオさんの好きな作者w
『なで肩』って自分ですねw
なで肩さん、可愛らしくてニヤニヤしましたw

アイビーちゃん、もうジーンさんの事、好きじゃないのかなあ?
新しい恋も気になるけど、ロミオさんもいい(筋肉w)し―・・・
おぃ、君・・・選択肢ありすぎ;;分けろw(ぉぃw)

しかし・・・ロミオさん、血濃そうだなw
子供ができたら全員ロミオさん似だと面白いけどw(気が早いw)

どうしよう・・・ロミオさんもジーンさんも応援したい><
きゃwwwwww
2. Re:無題
>どーるぃさん

いつもありがとうございます(´∀`)
いやぁ~、実在する小説家の名前をあげるのは気が引けたのでねw
自分にしておけば丸く収まるw
恥ずかしいんですけどね(*´ω`*)

アイビーはもう別れて6年ですしね~。
好きじゃない、というよりもう昔の恋、になってしまっているんじゃないでしょうか。
終わった恋ですからね。
いつまでも引きずっててもしょうがないですよね(;^ω^)
20代前半は一番いい年頃だし♪

ロミオたしかに血濃そうwww
しかし血の濃そうなKの血が薄かったりしたので(ララをみれば)シムズはわからないですねw
あ~でもカイトのとこのデイジーの例もあるのかwww
ロミオ似の女の子はやばいですねwww
3. 無題
こんばんはー
なんかアメブロのマイページの表示がおかしくて
更新されても表示されなかったみたい?
話が進んでてビックリしてしまいました(;^_^A
レイさんから助けてもらったあたりから
ロミオさんとアイビーちゃんがイイ感じですね~o(^▽^)o
このまま上手くいってしまった後にジーンくんと会っちゃったりして・・・
そしたらどっちを選ぶんだろうーとか
勝手に先を読んでニヤニヤしておりますw
それとララちゃんが幸せそうでいいわぁ~♪
今まで変なのばかりでしたからね;;
まさかあのサラリーマンも変なヤツだったりして・・・?w
でも、付き合う前のあの状態んときって
一番ドキドキワクワクで楽しい時期ですよね(o^-')b
ラトちゃんはどうなるのかな~・・・
ディーンくんは鈍感すぎるんじゃないのかっヽ(`Д´)ノ
4. Re:無題
>あんこさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ロミオとアイビー、いい雰囲気ですよね♪
ジーンは今後出てくるのかさえ謎ですけどね( ̄ー ̄)ニヤリ
ララはホント不幸体質ですからね(;´Д`)
ファーストキスはローガンに奪われるわ、ラベット変態教師にはやられそうになるわwww
ちょっとかわいそうすぎるのでそろそろ幸せつかんでほしいですね(*´ω`*)
たしかに付き合う前の「好きなのどっちなの?」っていうときが一番楽しいですよね!!!!(懐かしい感覚・・・・
ラトはあいかわらずな感じですよね(;^ω^)
ディーンがまったく意識してくれてないですからね~w
5. こんばんは☆彡
おめでとうがいっぱいなエピソードでしたね!
アイビーちゃんのお誕生日&新しい恋におめでとうございます\(^_^)/
ロミオ様もアイビーちゃんの前では自分を出せるというか話し方とかも変化があって素敵ですね(*^.^*)
そしてロミオ様の好きな作家がなで肩さんってとこがまたいい!最高ですww
ジーン君の件はさすがにもう過去ですよね~。
甘酸っぱい青春の1ページとして心には残るけども、やはり新しい波が来たら乗らねば!って感じですよね(´∀`)
これからの二人の進展楽しみにしてます(*^.^*)
6. ムホ☆ミ
( ゚▽゚)/コンバンハ
アイビーちゃんとディーン君のお誕生日おめでとうございます♪
楽しそうなパーティでイイなぁ~
こうやって親しい友人って言うか、もう家族同然の人たちとワイワイって楽しくてイイですよね♪

ララちゃんもシアワセになりそうな予感・・・。
ステキな恋になるとイイですね!
ローガン君と・・・って思ってたけど、色々まだ紆余曲折がありそう( ̄▽ ̄) ニヤ

そしてロミオさんとアイビーちゃんがぁあああ!
うん、でもお似合いな感じ♪
ちょっとお嬢で天然チックなアイビーちゃんには大人の落ち着いたロミオさんがイイかも。

・・・・・・・・・まぁ、個人的にはマロンちゃんとくっついてくれたらまた面白すぎたのにwwww
7. Re:こんばんは☆彡
>ひめめさん

いつもありがとうございます(´∀`)
アイビーはまだ迷いがあるようですねw
ロミオ様w
様付けありがとうございます(ノ´∀`*)
たしかにアイビーの前だと少しラフな感じもしますね~w
本好きという共通点があってお互い親近感を持ったのかもしれませんね(^ω^)
ロミオの好きな作家、実在する作家さんにはしたくなかったんですよね~(;^ω^)
イメージとかあるし。
なので自分にしときましたwww

ジーンとの別れはすでに6年も前ですしね(;´Д`)
そのあいだアイビーは仕事と学業に追われて恋もしてなかったようですし、さすがにもうそろそろねぇ?( ̄ー ̄)ニヤリ
学生時代の恋は甘酸っぱい思い出ですよね(*´ω`*)
8. Re:ムホ☆ミ
>もんぷちさん

いつもありがとうございます(´∀`)
誕生日パーティー楽しそうですよね♪
アイビーが主役みたいになってますが本当はディーンとアイビーの、誕生会なんですけどねwww
ディーンはすでに到着していたのでサプライズ終わっていましたねw

ララとローガンはお互い親友止まりですしね~。
ローガンがあれだし、この二人がくっつくことはなさそう?w
ララにはリーマンクリスみたいな人が合うんじゃないでしょうか?(*´ω`*)

たしかにアイビーみたいな天然お嬢さんにはロミオみたいな大人が似合うかもですね(ノ´∀`*)
マロンちゃんwww
くっつくってどっち??
アイビーそれともロミオ??wwww
9. こんにちは^^
なで肩さんこんにちは^^
昨日はKさんありがとうございました~~(^▽^)/もうカッコ良過ぎて大興奮でした♪♪
ロミオさんも何とか成功させたいなあ~~( ´艸`)
また宜しくお願いしますね~(*^▽^*)

そして今回は、アイビーちゃん&ディーンくんのお誕生日おめでとうございます!!
で、ついにアイビーちゃんの恋が動き出しそうな予感ですね!!
ロミオさんホントかっこいい!!
大人だし、これは惹かれない方がおかしいですよ( ´艸`)
好きな作家さんが、なで肩さんなのですね( ´艸`)かわいい^^
ララちゃんも幸せそうだし、例の彼とは上手く行ってそうですね♪♪
女の子が幸せそうなのはいいですよね(*^▽^*)
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。