救出




 


ロミオ「おい。」


クラブから出たロミオがサマンサを呼び止める。












 


ロミオ「あいつどうした?」

サマンサ「あいつ?」

ロミオ「アイビーだ。」

サマンサ「あ~、新人さん?レイが誘ってましたよ。二次会がどうのって。」

ロミオ「二次会?」

サマンサ「レイのいつもの手。嘘ついて家に誘うの。私もあれで最初騙されちゃったし。」












 


ロミオ「お前、あいつの家知ってるよな?」

サマンサ「レイのマンション?もちろん知ってますよ~。」

ロミオ「今から行くぞ。」

サマンサ「え?今から??」












 


ピンポーン


玄関のチャイムが鳴り響く。


レイ「・・・・。」


ピンポーン


レイ「・・・・。」


ピンポンピンポンピンポンピンポ~~~~ン











 



レイ「ったく!!誰だようるさいな~!」


あいかわらずチャイムは鳴り止まない。


レイ「はいはい、今いくよ~!」












 



ガチャ


ドアを開けるとロミオとサマンサが立っていた。


ロミオ「よぉ。」

レイ「どうしたんだよこんな夜中に。」

サマンサ「二次会ここって行ってたでしょ?遅くなっちゃってごめんね。」












 


レイ「え?ちょ・・・。」

ロミオ「あがるぞ。」

サマンサ「お邪魔しま~す。」












 



二人がカウンターに座る。


レイ「ちょっと・・・。」

サマンサ「お酒もうないじゃないの~。レイなにか作ってよ~。」

レイ「なんで俺が・・・。」














 



サマンサ「だって二次会って言い出したのレイでしょ?新人さんに声かけてるのみたよ~。」

レイ「くっ・・・・。」

サマンサ「ねぇ早くなんか作ってよ~。」

レイ「まったく・・・・しょうがないな~。(なんで俺がこいつらのために・・・。) 」












 


レイ「 (こいつらを酔わせてさっさと帰らせるか。強めに作ってやる。) 」

サマンサ「ていうかほかのみんなは?」

レイ「帰ったよ。君たち来るの遅いんだよ。」

ロミオ「悪かったな。」

レイ「明日僕仕事あるから早めに帰ってくれよ。」

サマンサ「え~?そうなの?」













 


2時間後。


レイ「二人とももうそろそろ帰ったら?(こいつら酒強すぎだろ!サムが強いのは知ってたけど。) 」

サマンサ「え~まだ呑み足りない。」

ロミオ「トイレ借りるぞ。」

レイ「うん。ってそっちじゃ・・・。」











 



寝室のベッドにアイビーが横たわっているのを見つける。


ロミオ「 (やっぱりここにいたか。服も着てるし、大丈夫みたいだな。) 」












 




ロミオ「 (ったく・・・幸せそうな顔して寝やがって。) 」












 



ガチャ

ドアが開いてロミオがアイビーを抱えて出てきた。


レイ「あっ・・・。」

ロミオ「こいつ酔いつぶれてるみたいだから送ってくわ。」

レイ「で、でも泊まっていくっていってたからそのまま寝かせてても・・・。」












 


ロミオ「いや。お前も明日早いんだろ。じゃあ先帰るわ。」

サマンサ「は~い。おやすみなさ~い。」

レイ「ちょ・・・。」

ロミオ「おう。おやすみ。」

サマンサ「またね~。」












 


レイ「 (くそっ・・・・。) 」

サマンサ「ちょっとレイ~。おかわりまだぁ~?」













 



古びた倉庫街。
中を改装したこの家がロミオの自宅だ。












 



アイビーを抱えて車から降りる。
あいかわらず起きる様子はない。















 



階段を上がる。


ロミオ「 (こんだけ起きないってことは薬でも盛られたようだな。) 」












 



アイビーをベッドへ寝かせた。


ロミオ「ふぅ・・・。」












 



ロミオ「風呂入るか・・・。」












 



薄暗いバスルーム。
静かな室内に水音だけが響く。












 



ロミオ「 (ったく・・・あいつのせいで全然酔えなかったじゃねぇか・・・。) 」












 



昼近くになりようやくアイビーが目を覚ました。
食べ物のいいにおいで起きる。


アイビー「おはようございます。」

ロミオ「おう。今飯作ってるから座ってろ。」












 


アイビーがカウンターに座る。


アイビー「ここって・・・・。」

ロミオ「俺んちだ。」

アイビー「ロミオさんの?なんで・・・・。」












 



ロミオ「ゆうべのこと、覚えてるか?」

アイビー「えっと・・・クラブで呑んだあとにレイさんちに・・・。二次会っていって。でもみんなが来る前に私寝ちゃって・・・・。」

ロミオ「そうだな。」

アイビー「どうしてここに・・・。」

ロミオ「あのあと俺とサムがあいつんち行ったんだ。そんで俺がお前を連れて帰ったってわけだ。」












 


ロミオ「サムにも礼いっとけよ。協力してくれたんだから。」

アイビー「協力・・・?」

ロミオ「お前、たぶん睡眠薬盛られてるぞ。レイは女癖悪いからな。酔わせて抱くのがあいつの手だ。酔わないやつには薬を使う。」

アイビー「レイさんが・・・?」

ロミオ「ゆうべ忠告しただろ。」

アイビー「・・・でもそんな人には・・・。」












 


ロミオ「これだから芋は・・・・。もっと用心しろ。この世界は常識じゃないことも多い。それにこの街はお前の住んでた田舎とは違う。特に男には気をつけるんだな。」

アイビー「・・・・はい。」

ロミオ「頭痛とかはないか?」

アイビー「大丈夫です。まだちょっとぼーっとするけど。」












 


アイビー「でもなんで、助けてくれたんですか?」

ロミオ「お前どう見てもお嬢さんだろ?」

アイビー「え・・・?」

ロミオ「世間知らずな金持ちのお嬢様ってとこだな。」

アイビー「・・・・。」

ロミオ「レイはMensBiBiのモデルだから、そんなに仕事一緒になることもないだろ。事務所にNG出してもらえば大丈夫だし。でも男のモデルはちやほやされてる分、非常識なやつが多いから気をつけろよ。」

アイビー「・・・はい。」












 



ロミオ「一応スタジオでは俺はお前の上司だ。お前の面倒をみるのも仕事のうちだからな。」

アイビー「・・・・あの・・・ありがとうございました。助けてくれて。」

ロミオ「あぁ。」












 


二人は並んで食事をとる。


ロミオ「うまいか?」

アイビー「はい。料理もできるなんてすごいですね。」

ロミオ「一人暮らしが長いからな。簡単なもんなら作れる。」












 


ロミオ「俺は午後から仕事だから、それ食ったらついでに送っていってやるよ。」

アイビー「ありがとうございます。」

ロミオ「おう。」












 


二人が車に乗り込んだ。
海沿いの倉庫街を走る。


アイビー「ロミオさんちって倉庫?」

ロミオ「あぁ。古い倉庫を買い取って中だけ改装したんだ。」

アイビー「へぇ~。かっこいいですね。」

ロミオ「落ち着くんだよ。街中よりこういう殺伐とした所のほうが。」












 



アイビーがロミオの横顔を見つめる。


ロミオ「なんだ?」

アイビー「ロミオさんって、不思議な人ですね。」

ロミオ「よく言われる。」

アイビー「最初怖い人かと思ってました。」

ロミオ「それもよく言われる。」












 



アイビー「ロミオさんて17でこの世界入ったって行ってましたよね?」

ロミオ「あぁ。」

アイビー「高校は?」

ロミオ「中退した。元々カメラは趣味だったから、カメラマンの弟子についてこの世界入ったんだ。」

アイビー「へぇ~。」

ロミオ「お前はなんでこの世界に?スカウトか?」

アイビー「そんな感じです。」














 


ロミオ「お前今日は休みか?」

アイビー「はい。」

ロミオ「いっぱい寝とけよ。薬まだ切れてないだろ。」

アイビー「そうかも・・・。まだちょっと眠いです。」

ロミオ「今日はゆっくり休め。明日は一日中撮影入ってるからな。」

アイビー「はい。」












 



自宅前に到着して車から降りる。


アイビー「ありがとうございました。」

ロミオ「おう。じゃあまた明日。」

アイビー「はい。また。」













 



ロミオの車が去っていく。
アイビーは見えなくなるまで見送っていた。












 



アイビー「 (ロミオさん・・・ホントはすごく優しい人なんだ・・・・。) 」














Comment

1. 無題
こんばんわ!w
うわ――――ん!!!!!
良かったです!wアイビーさんが助かって;;
やっぱり芸能人って遊び人が多いですよね;;
酷いときは上司からのセクハラと云う・・・;;

ロミオさん・・・惚れましたw笑
クール&紳士なトコロが素敵w

どうしよう・・・ジーンさん、ゴメン;;(ぉぃw)

こうなればロミオさん、素敵モードがついちゃいますねw
2. Re:無題
>どーるぃさん

いつもありがとうございます(´∀`)
なんとか無事で済みましたね~( ̄ー ̄)ニヤリ
モデルとかってチャラチャラしたイメージ強いですもんね(;´Д`)
芸能界はおそろしい・・・。

今回のことでロミオの株があがりましたね(・∀・)
おおw
どーるぃさんもロミオ推し?(ノ´∀`*)
紳士ですか~w
まぁ、今のところ・・・って感じなんですけどね( ̄ー ̄)ニヤリ
3. 無題
こんにちわーvv
レイ…ざまあみろvvと言った感じですね!
私は思いっきりクレア編でシンに監禁されたクレアを助けに
ドアを蹴破ったJ氏のような感じの突入かと思っておりましたが

まぁ何て大人な救出劇!
と言ってもアイビー自体「ん?なんだったの?」と言った感じで覚えていないのが大きいのですが
やはり薬を盛られて意識がない分何が起きていたかも分からず…
レイがクソ男だと言う事もイマイチ実感せずに終わりましたからね
まぁその方が幸せだよね!

ふほっ!!それにしてもロミオ&サマンサが入ってきたときのレイの「え?」ポカーンみたいな感じに笑うvv
過去の女サマンサは彼の手口が分かっていますからね
そしてアッサリとアイビー回収vv
何気にロミオの自宅がガレージ的で素敵ー!!
それに何て優しいんだv
クソ…アイビーめ…ロミオ様の隣で飯食いやがって
とりあえず、そこの場所変わって下さい(おいヤメロ)
今後アイビーの恋にロミオ様もかかわってくるよね!v
と期待が膨らみまくりつつ…やはりローガンのシモの具合が気になるSACHICOでした(エロ親父)
  • 2012/06/27 14:28
  • SACHICO
  • URL
  • Edit
4. こんにちは^^
なで肩さんこんにちは^^
ロミオさん!!なんてカッコいいのでしょう~~!!!
奴の家への乗り込み方もスマートで素敵!アイビーちゃんを連れ戻すのも何というカッコよさ!!
ただ怒って乗り込んでボコって終わり(うちの誰かさんw)じゃなくて、さりげなく入って行ってスッと連れ戻すっていうのが大人~~(≧▽≦)
アイビーちゃんも、ロミオさんに対する見方がどんどん変わって来てますよね?!
もしかしたら気になっちゃってたりして!!
あんな素敵な人いたら気にならない方がおかしいっていうかwまじヤバいですね( ´艸`)
6. Re:無題
>SACHICOさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ロミオがドアを蹴破って突入ですかw
それも面白そうな(ノ´∀`*)
しかし今回は穏便に、大人な対応の救出劇でしたね♪
スマートです(*´ω`*)
今回のはのこのこついていったアイビーも悪いですしね~。
クレアのときの拉致とは違って、もう大人ですし、もっとちゃんと警戒するべきでしたよね。
なにもされてなくて(キスは奪われましたがw)よかったです(*´∀`)
たしかに、なにも知らないほうが幸せですよねwww
レイにしてみれば完全に(サマンサに)してやられた!って感じでしょうねw
ロミオの指示なのはわかっているでしょうが。

ロミオの自宅お褒め頂ありがとうございます\(^▽^)/
これね~気に入ってるんですよね!
昔「アナザヘヴン」てドラマがあったんですが、そのドラマで主人公の大沢たかおが住んでいた部屋がこんなガレージっぽい感じで仕切りがなくて寝室が段差がある感じだったんですよ。
そのドラマすごく好きだったので、その部屋も印象的でかっこいいな~と思っていたので、今回それを手本にして作ってみました。
ロミオにはこういう部屋が似合ってるし、彼の過去も想像できてしまう部屋、だったりします。

SACHICOさんはロミオとローガンどちらも気になっているようですね(ノ´∀`*)

7. Re:こんにちは^^
>ゆきさん

いつもありがとうございます(´∀`)
今回ロミオの株が急上昇ですね\(^▽^)/
たしかにスマートで大人な対応でしたねw
怒って乗り込んでボコって終わりwww
悪世帯の兄様方がそれをやってくれたら鼻血ものですよ(*´Д`)ハァハァ
アイビーもロミオに対しての印象がどんどん変化していってるようですね(*´ω`*)
ロミオモテますからね~w
まぁこの人にも人間臭い過去があったりするんですけどねw
8. Re:OH ROMEO
>もんぷちさん

いつもありがとうございます(´∀`)
体調戻ったのですね~~~(T△T)
ホッとしました(´;ω;`)
あまり無理しないように気をつけてくださいね!

そしてタイトルで笑わせていただきましたw
ヒーロー登場若干遅かったですがなんとか間に合いましたねw
おお!
サマンサのファンありがとうございます\(^▽^)/
私もけっこうお気に入りのキャラだったりしますw
美人モデルを作ったつもりがなぜかニューハーフ風になってしまってちょっとかわいそうなんですけどねwww
いまどきだけど普通にいい子、なのです(*´ω`*)
アイビーはさすがに今回のことで少し警戒心を持ったかもしれませんね(;´Д`)
ロミオにもきつく注意されましたしね。

ロミオのおめめパッチリ、この人まつげ長いんですよ~w
なので間近でみるとおめめパッチリです( ̄ー ̄)ニヤリ
若干名倉に見えなくもないっていう・・・。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。