モデルたちのパーティー









 



クラブで一緒にダンスをするアイビーとレイ。












 
 


レイ「アイビーちゃん、ダンスうまいね。意外だな~。」

アイビー「そうですか?」

レイ「うん。もっと大人しいタイプの子かと思ってたよ。」

アイビー「あはは。」












 
 


アイビー「誘ってくれてありがとうございます。すっごく楽しい!」

レイ「ホント?よかったよ。」

アイビー「最近緊張しっぱなしで仕事も忙しくてちょっと疲れちゃってました。」

レイ「そうなんだ?大変だね~。」

アイビー「でも今日は久しぶりにワイワイできてすっごく楽しいです。」

レイ「そっか。たまにはいいよね。はじけるのも。」

アイビー「うんっ。」












 
 
 

アイビー「私ちょっとのど渇いちゃったな。」

レイ「お酒持って来る?」

アイビー「大丈夫です。自分でとってきます。」

レイ「うん。」












 



アイビーがカウンターでお酒を受け取る。


ロミオ「おい。」












 



アイビー「はい。」

ロミオ「お前、ほどほどにしとけよ。」

アイビー「お酒のことですか?」

ロミオ「あぁ。」

アイビー「大丈夫ですよ~。これノンアルコールですから。」

ロミオ「酒呑めないのか?」












 



アイビーがロミオの隣に座る。


アイビー「実は苦手なんです。体質的にだめみたいで。」

ロミオ「ふぅん。」

アイビー「ロミオさんは強そうですよね。」

ロミオ「まぁな。」

アイビー「なに呑んでるんですか?」












 



ロミオ「ウォッカだ。」

アイビー「よく呑めますね!」

ロミオ「酒とコーヒーしか飲まないからな。甘いやつは俺は無理だ。」

アイビー「そうなんですか?なんか、見たまんまですね。」

ロミオ「どういう意味だよ。」












 



アイビー「ロミオさんっていくつなんですか?」

ロミオ「29だ。」

アイビー「へぇ~。」

ロミオ「お前、もっと年食ってると思ってただろ。」

アイビー「だってすっごく落ち着いてるし、スタジオでも一番上の立場じゃないですか。」

ロミオ「俺は17からこの業界にいるからな。」

アイビー「へぇ~。長いんですね!」

ロミオ「まぁな。」












 



レイ「二人してなに話してるの~?」


レイがダンスホールからやってきた。


アイビー「レイさん。」

レイ「俺もまぜてよ。」












 



アイビー「ロミオさんに年齢聞いてたんです。」

レイ「年齢かぁ~。アイビーちゃん僕はいくつにみえる?」

アイビー「え~・・・・26?」

レイ「お?すごい!当たりだよ。」

アイビー「ホントに?」

レイ「当たったから一杯おごってあげる。呑んだらまた踊ろう?」

アイビー「わ~い。」













 


二人は再びダンスホールで踊り始めた。












 



サマンサ「なに一人で呑んじゃってるんですか~?」


カウンターにBiBiモデルのサマンサがやってくる。


ロミオ「よぉ。」












 



サマンサ「ロミオさんっていっつもなに考えてるんですか?」

ロミオ「は?なんだそれ。」

サマンサ「だっていっつもクールだし、近寄りがたいオーラ出ちゃってますよ?」

ロミオ「そうか?」

サマンサ「ロミオさんって彼女いないですよね?」












 


ロミオ「あぁ。」

サマンサ「彼女作らないんですか?いろんなモデルに口説かれてるの知ってますよ~w」

ロミオ「めんどくせぇんだよ。お前はどうなんだよ。」

サマンサ「彼氏ですか?いないですよ~。」

ロミオ「お前ちょっと前にレイと付き合ってたよな?」











 



サマンサ「とっくに別れましたよ。」

ロミオ「いつだよ。」

サマンサ「半年くらい前かな。付き合ったのも短かったですしね~。3ヶ月くらいw」

ロミオ「女か。」

サマンサ「そう。あの人飽き性なんですよね~。」

ロミオ「BiBiモデルはほとんど食われてるからな。」

サマンサ「みたいですね。私も付き合ってから知りましたけどね。」













 



サマンサ「ロミオさんってどういう子がタイプなんですか?」

ロミオ「バカじゃねぇやつ。」

サマンサ「それって私に対しての嫌味~?」

ロミオ「ははっ。お前のことは嫌いじゃない。」

サマンサ「あ、そんなこと言って彼女にはしてくれないんでしょ?」

ロミオ「悪いな。」

サマンサ「別にいいですよ~だ。」












 



打ち上げが終わり、クラブを出るアイビーをレイが呼び止めた。


レイ「アイビーちゃん。」

アイビー「はい。」













 



レイ「このあとうちで二次会することになったんだけど、アイビーちゃんも来る?」

アイビー「レイさんちで二次会?」

レイ「うん。マロンちゃんたちと数人だけど。」

アイビー「どうしようかな~。」

レイ「明日休みだって言ってたよね?じゃあ行こうよ。」

アイビー「う~ん・・・そうですね。いっちゃおうかな。」

レイ「みんなはあとから来るって言うから、先に行ってようか。」

アイビー「はい。」











 



二人はタクシーに乗り込んだ。












 



アイビー「レイさんよく自宅でパーティーとかするんですか?」

レイ「うん。たまにね。」

アイビー「へぇ~。」

レイ「お酒が好きだからね。ノンアルコールもあるから安心して。」

アイビー「はい。」











 



レイのマンションにたどり着いた。
高層マンションの上層階。


レイ「ここだよ。」












 



アイビー「お邪魔します。」

レイ「どうぞ~。アイビーちゃん何呑む?」












 



アイビー「じゃあストロベリーのお酒で。」

レイ「ノンアルコールだよね?」

アイビー「はい。」

レイ「了解。」

アイビー「すごいですね。自宅にバーカウンターまで。」

レイ「よく一人でも呑んでるんだ。」

アイビー「へぇ~。」












 



アイビー「眺めもとっても素敵。」

レイ「この部屋、気に入ってるんだ。」

アイビー「いいですね~。憧れちゃうな。」

レイ「泊まって行ってもいいからね。」

アイビー「はは。そういえば、みんな遅いですね。どうしちゃったんだろ。」

レイ「さっきメールきたんだけどお酒買って来るって行ってたからちょっと遅れるみたいだよ。」

アイビー「そうなんですか。」











 



レイ「先に乾杯してよ?」

アイビー「はい。」


二人は乾杯してカウンターに座った。












 



レイ「アイビーちゃん、彼氏はいるの?」

アイビー「いいえ。いないです。」

レイ「そうなんだ?もったいないな~。俺だったらほっとかないのに。」

アイビー「ははっ。この前まで大学生だったので仕事と学業で忙しくて。」

レイ「そうなんだ?」












 



アイビー「レイさんは彼女さんは?」

レイ「今はいないよ~。ちょっと前に別れちゃったんだ。」

アイビー「そうなんですか~。」

レイ「今彼女募集中w」

アイビー「レイさんならすぐいい人みつかりますよ~。」

レイ「そうかな~。」

アイビー「そうですよ~。」












 



レイ「カクテルどう?」

アイビー「すっごくおいしいです。」

レイ「よかった。どんどん呑んでね。」

アイビー「はいw」











 



レイ「 (何分かかるかな・・・。) 」













 



30分後。


アイビー「なんか・・・・急に眠くなっちゃった・・・・。」

レイ「寝てていいよ~。みんなもうすぐ来ると思うし、そしたら起こすから。」

アイビー「はい。ちょっと横にならせてもらいますね。」

レイ「どうぞ~。」












 



アイビーはソファーに横になるとすぐに眠りについた。


レイ「アイビーちゃん?寝ちゃった?」












 



レイ「そこで寝ちゃうと風邪ひいちゃうよ~。」


アイビーは全く起きる気配はない。


レイ「全く困った子だ・・・w」












 



レイが軽々とアイビーを抱き上げた。












 



アイビー「うぅん・・・・パパ・・・・・・。」

レイ「パパ・・・?ふふっ。」











 




レイ「君はまだおこちゃまだな・・・。」

アイビー「・・・ん・・・・・・・・。」

レイ「こっちだよ。」












 



レイが奥の寝室へアイビーを運ぶ。
そっとベッドにおろした。











 



レイ「ぐっすりだな、さすが。でも今回は混ぜたのがお酒じゃなかったから効くのが遅かったな。」












 



レイ「君はホントにかわいいよ。アイビーちゃん。」












 



レイが寝ているアイビーの上に覆いかぶさる。
そっと胸に触れた。


レイ「胸は小さいね。撮影のときに気づいたけどね。でも柔らかい。」


アイビーは全く起きようとしない。












 


レイの唇がそっと触れる。


レイ「君の唇は甘いな。カクテルの味だ。」












 



レイ「これから楽しませてあげるよ。アイビーちゃん。」








Comment

1. 無題
Oh NO!!!!
やっぱりこの男、見た目的に遊んでそうだった!
これはイカン!
誰か助けに来てくれるか!?
それともそのままレイの奴に・・・。
もしそうだとしたら泣けてくる;;
いや――――・°・(ノД`)・°・!!!!!!
2. お帰りなさいませ。
↑遅くなりました;
北海道、、、羨ましいです( ´ ▽ ` )ノ

最近の台風は凄かったですね;
東海道線もダメかな、と思ったら意外にも仕事に影響しなかったのが救いです。
まぁずぶ濡れになりましたけどね←

ヤング編、成長が著しく見た目に表れているシムもいれば
ティーン時代の面影をしっかりと残しているシムもいますね^^
これからの展開も楽しみにしています。

それにしても今回の眠らせたアイビーを見下ろすレイの顔(むしろ目)が怖いです!
  • 2012/06/26 12:18
  • SACHICO
  • URL
  • Edit
4. Re:無題
>どーるぃさん

いつもありがとうございます(´∀`)
どーるぃさんの予想が的中しちゃいましたね(ノ´∀`*)
レイはそっち系(変態)でした~\(^▽^)/
救世主、来てくれるでしょうかね(;^ω^)
マロンちゃんたちがくるっていうのも、実はレイの嘘だし、救世主こなそうです( ̄ー ̄)ニヤリ
5. こんにちは♪
ストーリー続きキタコレww
なーんか最初に登場したときから嫌な感じがしてたんだけど、やっぱりこのレイ君は曲者でしたね~w
アイビーちゃんも仕事の緊張からか弾けちゃって油断しちゃったな~(´・ω・`)
しかしクスリ使うとは卑怯なヤツ(-。-;)
アイビーちゃん早く目を覚ましてほしいけど、これは結構なピンチですよね(><;)
一体どうなってしまうのか!?
あとやっぱりロミオさんはいいですね!
美味しそうだわ~w
私はお酒飲めませんが隣いいですか攻撃したいですw
6. Re:お帰りなさいませ。
>らんだるさん

コメントありがとうございます(´∀`)
ちょうど台風と旅行がかぶってしまっていろいろと大変でしたが、無事に行けてよかったです(*´ω`*)
楽しかったですよ~♪
あの日の豪雨は最悪でしたねwww
ずぶぬれ、わかります。
私も両親も家からバス停までの距離でずぶぬれでした(;´Д`)

レイの目、こわいですよねwww
顔がきれいな分よけい怖いかもw
7. Re:無題
>SACHICOさん

いつもありがとうございます(´∀`)
待っててくださってありがとうございます(T△T)

今回の飲み会はバーではなくクラブでしたね♪
ロミオはハルさんより1つ上でした(´∀`)
もうちょい上にしようか悩んだんですが、まぁこのくらいが妥当かなw
ロミオは結構苦労してきているのでその分落ち着いているのかもしれません。

サマンサかわいいですか?(ノ´∀`*)
なぜかニューハーフっぽくなってしまってかわいそうなんですけどねwww

そうなんです!
ロミオではなくレイが変態だったんですね~www
綺麗なものには毒がありますw
たしかにアイビー箱入りですねwww
ララはラベット事件以来箱から出ちゃいましたからね( ̄ー ̄)ニヤリ
アイビーは薬を盛られてしまっているので完全に眠れる森の美女化してしまっています(;´Д`)
8. Re:こんにちは♪
>ひめめさん

いつもありがとうございました(´∀`)
ゆうべはストーリーうpしたらもう限界でシムポできずに寝てしまいました~(T△T)
ログインはしてたんですが・・・。

レイが曲者でしたね( ̄ー ̄)ニヤリ
ひめめさんの予想が当たりました♪
アイビー完全に油断しちゃってますねw
この子はまぁいままで特に危ない目にあってないですしね~w
ロミオ美味しそうですか?www
みなさんもう柔道に慣れてきてくれたのかな?(゚∀゚)w
9. こんにちは^^
なで肩さんこんにちは^^
うわぁ~~もう嫌っ!!
なんだこのレイって男はーーーーヽ(`Д´)ノ
最初、この人見た時ゲイかしら?(うちじゃないって?)と思ったんですが・・・
そうですか、女好きですか・・・
人当たり良さそうなフリして最悪じゃないですか!!
私のお怒りがまた大変な事に・・・ヾ(。`Д´。)ノ
アイビーちゃん手を付けられちゃうんでしょうか・・・ここは奴の家だし、誰かが助けに・・・なんて展開は難しそうだし・・・(´□`。)
11. 無題
こんばんはー
あぁやっぱりこのレイってヤツは曲者だったんだ・・・
誰か助けに来てくれるかな?
ロミオさん、気付いてくれないかな(。>0<。)
このままレイってヤツの思い通りになっちゃうのは
アイビーちゃんがかわいそすぎる!
アイビーちゃんはスタッフさんとか信用しきっちゃってるのか。
せめてマロンちゃんとかに確認すれば良かったのにね。
とにかく続きが気になります(`・ω・´)
12. Re:無題
>あんこさん

いつもありがとうございます(´∀`)
レイが曲者でしたね~w
ロミオは遠まわしにアイビーに警告したんですけどね~( ̄ー ̄)ニヤリ
アイビー箱入りなので疑うということを知りませんねw
そうそう、ほかのみんなにちゃんと確認すればよかったんですけどね~(;´Д`)
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。