トラウマ



 



あいつがうちに来てから1ヶ月ほどが経った。
俺は相変わらず奴隷のようにコキ使われていたが、それが当たり前になっていたし、ひどいことだとは全く思っていなかった。
この頃になると、俺もあいつの対応に慣れてきてビクビクすることもなくなっていた。
言うことさえ聞いていれば、あいつは暴力などはしなかった。
両親にバレるのを恐れたためだろう。












 




レイチェル「今日も暇ね。」

ローガン「・・・・。」












 




レイチェル「なにか面白い話はないの?」

ローガン「面白い話?」

レイチェル「ママとパパの秘密とか。あんたなにか知らない?」

ローガン「僕知ってるよ!」












 




レイチェル「なによ?」

ローガン「あのね、パパとママ、時々僕に隠れてこっそりゲームしてるんだ。」

レイチェル「ゲーム?テレビゲームかなにか?」

ローガン「よくわかんないけど。僕が部屋に行くとすっごく慌てるんだよ。」

レイチェル「それってもしかして、ママとパパ裸でやってない?」

ローガン「裸じゃないけど・・・パンツははいてたよ。」











 



レイチェル「それはセックスっていうのよ。」

ローガン「せっくす?それはどんなゲームなの?」

レイチェル「ゲームじゃないわよ。大人がする気持ちいいことよ。」

ローガン「気持ちいいの?どうして隠れてやるの?」

レイチェル「人前でしちゃ恥ずかしいことなのよ。」

ローガン「恥ずかしいゲームなのか。」

レイチェル「だからゲームじゃないってゆってんでしょ。」











 



レイチェル「 (暇だからサムに電話しましょ。) 」


レイチェルが携帯を取り出す。












 




レイチェル「サム?今日は会える?最近ちっとも会ってくれないじゃないの。寂しいわ。」












 




レイチェル「え?今日もだめなの?どうしてよ。ちょ・・・サム!」












 




レイチェル「 (切られた・・・・・。あの人・・・・結局奥さんの元に戻るつもりなんじゃないの!散々私には離婚するからって言ってたくせに!ホントむかつくわ。) 」












 



ローガンの部屋にレイチェルが入ってきた。


レイチェル「ねぇローガン。」












 





ローガン「なぁに?レイチェルさん。」

レイチェル「あなた、パパとママがしてた遊び、してみたくない?」

ローガン「せっくすのこと?でも大人のするゲームじゃないの?」

レイチェル「子供でもできるわよ。やろうと思えばね。」

ローガン「教えてくれるの?」

レイチェル「えぇいいわよ。」












 



レイチェル「じゃあ服を脱ぐのよ。」












 




ローガン「どうしてパパたちのお部屋でやるの?」

レイチェル「あんたのベッドじゃ狭いからよ。」

ローガン「ベッドでやるゲームなの?」

レイチェル「そうよ。」












 




ローガン「どうして髪の毛を長くしたの?」

レイチェル「このほうが雰囲気が出るでしょ。どう?色っぽい?」

ローガン「うん。(色っぽいってなんだろう?) 」

レイチェル「さぁ、ベッドにあがって。」












 




このときのことはなにをされたのか俺は全く覚えていない。
たぶん記憶を封印したんだろう。
思い出そうとすると頭痛がする。
思い出したくもないが。













 




レイチェル「今日のことは誰にも秘密よ。いい?」

ローガン「うん・・・。」

レイチェル「友達にも絶対話したりしたらダメよ?誰かにバラしたらロッキーを殺すからね。」












 




ローガン「僕、誰にも言わない。」

レイチェル「あんたも大人になれば楽しさがわかるわよ。」

ローガン「うん・・・。」

レイチェル「じゃあ服を着たらもう部屋に戻りなさい。」

ローガン「はい。」









 


 




レイチェル「 (全然おもしろくなかったわね。それよりあいつ、悪いことってわかったみたいだわ。ビビってたし。親にチクられる前になんとか手を打たないと・・・) 」












 




ユウナ「お話ってなにかしら?」

レイチェル「ローガンくんのことですわ。」

ユウナ「え?ローガン?」












 



レイチェル「奥様、あの子を全寮制の学校に転入させることを強くおすすめします。」

ユウナ「全寮制??」

レイチェル「あの子はわがままが過ぎます。一人っ子で甘やかされてきたからですわ。」












 



ユウナ「たしかにローガンはちょっと甘えん坊なところはあるけど、でもまだ1年生だし・・・。」

レイチェル「1年生だからこそ、今入れたほうがいいんです。幼少期のほうが性格もしっかりしますわ。」

ユウナ「でも・・・・。」












 



レイチェル「あの子はこのままではダメな大人になってしまいます。わがままだけじゃないんです・・・。」

ユウナ「え・・・?」

レイチェル「あなたにはずっと黙ってましたが・・・あの子は誰もいないときにロッキーをいじめてるんですよ。」

ユウナ「そんな!だってロッキーはローガンにすごく懐いてるし・・・。」

レイチェル「自分より弱いものを痛めつけるのは、相手の気持ちがわからないからです。集団生活の中に入れるべきです!」

ユウナ「夫に相談しないと・・・・。」












 




レイチェル「なるべく早いほうがいいですわ。ロッキーになにか起きないうちに・・・。」

ユウナ「・・・・。」













 




ユウナ「どう思う?」

シン「ロッキーのことはわかんねーけど、たしかにあいつを甘やかしすぎたな。」











 




ユウナ「一人っ子だから甘えるのはしょうがないわよ。あの子は近所にお友達もいないし、ロッキーがずっと遊び相手だったんだから。」

シン「俺も全寮制の学校に入れるっていうのは賛成だな。」

ユウナ「本気なの?まだ1年生なのよ。」












 



シン「小学校の6年間だけだ。小さいうちのほうが集団生活にも慣れて自立心芽生えるだろ。」

ユウナ「そんな。6年間も・・・。」

シン「ずっと会えないわけじゃないだろ。夏休みなんかもあるし。」

ユウナ「でも・・・。」

シン「それにずっと二人目をほしがってたじゃないか。」

ユウナ「そうだけど・・・・。」












 



シンがユウナを抱きしめる。


シン「あいつなら大丈夫だよ。うまくやっていけるって。」

ユウナ「うん・・・・。」

シン「次は女の子がいいな。二人でも三人でも、がんばって作ろう。」












 



ユウナ「そうね・・・・。寂しいのは私自身なのかもしれないわね。」

シン「そうだな。」

ユウナ「あの子のためになるなら・・・・・。」











 



入学の手続きはあっという間に終わり、俺は1週間後には家を出ることになった。













 




ユウナ「ローガン、週末は会いに行くわね。元気でね。」

ローガン「うん。絶対会いに来てね。」

ユウナ「もちろんよ。」

ローガン「きっとだよ。ロッキーも一緒にね。」

ユウナ「えぇ。連れて行くわ。」

シン「じゃあ、行くぞローガン。」












 



レイチェル「 (これで一安心ね・・・。掃除をさせる相手がいなくなるのはいやだけど。) 」












 




ユウナ「 (これでいいのよね?あの子のためにも・・・・。) 」












 




シン「楽しみだなローガン。友達たくさんできるといいな。」












 




ローガン「うん・・・。」













 


















 



全寮制の学校に転校してきた俺は、さっそくいじめの洗礼を受けた。
俺は極力目立つことをさけ、地味にするためにメガネをかけた。
おかげで本当に目が悪くなった。
それでもいじめがやむことはなく、俺は空手を習い始めた。
空手が上達すると同時にいじめはなくなり、誰も俺に近づかなくなった。
小学校時代に楽しい思い出なんかひとつもない。












 





小学校を出て俺はあの家に戻った。
正直、あの家で暮らすのは苦痛だった。
嫌な思い出しかない俺にとっては、あそこは居心地のいい場所じゃなかった。
空手を続けていた俺にとって、忙しい毎日は幸いだった。












 



思春期になった俺は、あいつが俺にしたこと、両親がしていたことを理解するようになり、ひどいトラウマが復活した。
ずっと忘れていたのに・・・。
それから女に対して不信感を抱くようになった。
結局は母さんも俺を守ってはくれなかった。
あの女に対しての憎しみより、俺を遠くへ追いやった両親への憎しみのほうが強かったのかもしれない。












 



中学に入った俺はなぜかモテた。
空手とこの容姿のおかげだろう。
おかげで女には困らなかった。
はじめての相手は3年の先輩だった。
俺は女に対する不信感を、体の関係を持って相手を支配することによって満足を得た。
俺にとっての精神安定剤みたいなもんなんだろう。
セックスを知るにつれて、両親への憎しみは薄れていった。
結局二人目には恵まれなかった。
哀れみさえ感じる。












 




3年であの家を出てここへやってきた。
俺は喜んだ。
もうあの家に帰らなくてすむ。
ここは居心地がいい。
ディーンは変に詮索してこないし、一緒にいると落ち着く。
それ以外はなにも変わってない。
ラベットの事件があって、俺はララに自分を重ねた。
俺は幼い自分を守りたかったのかもしれない。
あのとき、誰かが俺を守ってくれていたら、俺はこんな人間にならなくて済んだのかな・・・。
・・・・過去にはもう戻れない。





Comment

1. 無題
・・・・・・・・・・Σ(・ω・ノ)ノ!
家政婦さんが色々と有り得ないんですけど;;
一年生相手にしちゃうとか、もうね・・・・。
コレがローガン君のトラウマかあ・・・・。
治るかしら?難しそう・・・・。
可哀想だけど、何より家政婦さんに鳥肌が立った。
ローガン君、結局初めては1年生だとか・・・w
もう、ショック・・・・;;;;
2. Re:無題
>どーるぃさん

いつもありがとうございます(´∀`)
今日は帰ったら寝てしまって更新が遅れてしまいましたw

レイチェルはホントありえないですよねw
ただこれローガンは記憶を封印しているので、最後までやられちゃったのかおぼえてないんですよ。
なのでそこはなぞのまま。
ただいたずらされたのは事実なのでトラウマは残ってますけどね~。
ちゃんとDT喪失したのは中1のときですねw
ローガンのトラウマはシンのより傷が深そうです(´・ω・`)
3. 無題
こんにちわーvv
ローーガン…可哀そうに…
あの家政婦は人の心に傷を残すことを何とも思わないんでしょうね

まぁあバカ政婦が一番悪いのですが
私には両親である夫婦にも憤りを隠せませんね

親が気付くべきです
そんなの言わなきゃ分からない何て言うのは他人同士なわけで
我が子ならば常にアンテナを張っている、張っていたいものでは?と

私も幼少の頃にローガンと似たような経験をしているのでちょっと感情移入しちゃいましたね><
これが何なのか分からないけど悪い事だって分かる
子供は余計に両親に心を開かなくなっていく
それはバカ政婦がどうとかよりも
俺よりもその家政婦を優先してるんだね?
と思ってしまっているんでしょうねぇ…

全寮制に入れては?ロッキーイジメてますよ?
とか言われた時に「あれ?なんで?…」とか思って息子と改めて向き合うのが母親なのに

まぁ当時は夫婦もまだ若かったのでしょう
油断しきって♂♀全開だったんですね、分かりますよ!
子供は気付かないふりして空気読んでくれてますよ!!

全部バカ政婦の掌の上ですね
ちなみに私もローガンのごとく伊達眼鏡したら本当に目が悪くなり
しかも空手もやっておりました、何だこの共通点(笑)

本音を言いますと、家政婦が大人の勉強を教えようとした時に
「本気かこいつ、、、」とあのメスブタ(おい)にドン引き!!

これからローガンには過去を乗り越えて行くしかないんではないか、、
とも思えてならないですね><
  • 2012/06/07 08:24
  • SACHICO
  • URL
  • Edit
4. 無題
なで肩さん、おはようございます^^!

今回も真剣にお話に夢中になりましたー!
ひどい子供時代だったんですね。
それにしても、家政婦さんが悪すぎ!!

『ロッキーころすわよ』
というせりふがおそろしくぎて
シュールすぎて
ちょっと笑ってしまいました。w

なんだか、飢えてる大人の女って
おそろしいなって感じます。。。
私は、飢えも通り越してカラッカラの干物ですが。w

ローガンがこの先
本当に好きだと思える女の子に
であえるのかなあ~。。
いきなり、男に走り出したら。。。。

勝手な妄想が広がりました。w
すみません。w

次回も楽しみにしています^^!
  • 2012/06/07 15:49
  • ふわりんご
  • URL
  • Edit
7. こんばんは☆
なんなの…この家政婦!!!小学生相手に、なんてこと教えてるの(;`皿´)こんな女、一生幸せになれないですよ!!!幸せになったら、許せません!!!

ローガンくんも、小さいから、パパママには打ち明けられないし、信じてもらえないだろうから、寮に入れと言われたら、そのとおりにするしかないと思います…。虐待や暴行などのトラウマがある人は、よく封印しちゃうと聞きますが、それと同じなのかなとも思います。

早くトラウマから解放されて、友達と楽しく過ごしたり、恋人を作って、自由に楽しく幸せを掴んで欲しいです!!

次回も楽しみに待ってます(*^o^*)
8. Re:無題
>SACHICOさん

いつもありがとうございます(´∀`)
たしかに両親が気づくべきですよね。
ローガンもそのことで一時期はレイチェルよりも両親を憎んでいたし。
どうして守ってくれなかったのか、自分より家政婦を信じたのか、というのでローガンもかなり傷ついたと思います(T△T)
もうちょっとユウナがローガンときちんと向き合って話をしていれば。
SACHICOさんはローガンの気持ちがわかる分、余計に感情移入してしまったでしょうね><
つらい過去を思い出させてしまいましたよね(´;ω;`)
本当にごめんなさい><

しかも空手とメガネの件も共通点があるなんてすごいびっくり!!!ヮ(゚д゚)ォ!
なんてローガン・・・。

まぁレイチェルはたぶんいままでのキャラで一番最悪なやつですね・・・・・。
これ以上はもう出ないことを望みます。

子供は大人が思うよりもいろいろわかってますよね。
本能なのかな~。
空気読んだりしますもんね(´;ω;`)
まだ子供なのに・・・。
ローガンが過去を乗り越えるのにはかなり時間がかかりそうですね。
本人向き合う気がなさそうですしね~・・・。
9. Re:無題
>yuuさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ローガンの子供時代は最悪でしたね~。
シンのよりひどいです。

「ロッキー殺すわよ」はかなりこわいですよねw
しかもこの人本気でやりかねないしwww
レイチェルかなり飢えてますね~(;^ω^)
妻子のある人と不倫しちゃってますしね。
さらに捨てられそうになってますしね。
yuuさんも独身ですか?(´∀`)
私もレイチェルと同じアラサーの独身女ですが、飢えてる・・・・とは自分では思ってないな~w
趣味が充実しすぎてもうねwww

ローガンが男wwww
子供の頃大人の男性にいたずらされた少年はたいがいゲイになるようですよね。
ローガンの場合女性ですからね~。
なので男性よりも女性を服従させて精神的に安定を保っているのかもしれません。
妄想はどんどんしちゃってください(ノ´∀`*)
それを聞くのも面白いのでw
10. Re:こんにちは^^
>ゆきさん

いつもありがとうございます(´∀`)
複雑ですよね~。
なんか暗い話が続いててホントにすみません(;´Д`)
我ながらこのローガンの回想早く終わってほしかったですwww

そうそう、しかも小さい男の子を狙う大人の男性(ゲイ)の犯罪者って、自分も小さい頃大人の男性から性的虐待を・・・っていう場合が多いですよね。
特に海外の犯罪は。
カルマというか、運命ってめぐるんだな~って思いますよね。
ローガンは相手が女性だった分、大人の女性(成熟した女性)に対する憎しみが強いのかもしれませんね。
だから服従させて精神的な安定を得ている。
なのでその女性と恋愛、というのが彼にとっては考えられないのでしょう。
あとは両親に対する憎しみもあったので、人間不信、人を心の底から信じることができないようです。
ディーンには少しづつ心を開いてるみたいですけどね。
ホント両親がなんとか気づくべきでしたね。
11. Re:無題
>ふわりんごさん

コメントありがとうございます(´∀`)
ローガンがディーンwwwwwwww
友情から愛情へってやつですか(ノ´∀`*)
それはまたさらに複雑なことになりそうwww
ローガン、ディーン、ラトの三角関係がはじまっちゃいますねw
ララとはどうでしょうね~。
ローガンはララに幼かった頃の自分を重ねていましたからね。
そうやって誰かに守ってほしかったんですよね。
ララを救ったことで少しはローガン自身も救われるといいんですけどね~。
難しそうです><
12. Re:こんばんは☆
>*なつめ*さん

いつもありがとうございます(´∀`)
レイチェルは最悪の女でしたねw
さすがにここまでひどい人はこれから出てこないことを望みますw

ローガンは一人で抱えて苦しかったでしょうね(T△T)
過去の記憶を思い出せないくらいに封印しちゃってますしね。
なのでレイチェルがローガンにどこまでしたかはわからないんですよね。
まぁいたずらされたことは事実なんですが。
しかしそれに気づいてくれなかった両親を、レイチェルよりもローガンは憎んでいたし、それもまた辛かったでしょうね。
愛する家族を憎むなんて・・・。
でも誰もローガンのことをわかってくれる人物がいままでいなかったので、これからそういう人が現れることを願います!
13. 無題
今朝読ませてもらったんだけど、朝コメントできなかったので・・・。
ローガンくんのトラウマ、私の悪い予感が当たってしまいました(TωT)
しっかし小学生相手にデキルもんなんですかね。
読んでいてレイチェルに凄く腹が立ったヽ(`Д´)ノ
あんな状況じゃ、両親だってなかなか気付いてあげられないですよね。
本当はもっと親子だけで話する時間を作れば良かったんだろうけど。
でも、ローガンくんが本当はとても優しいコなんだということが分かりました(´▽`)
14. Re:無題
>あんこさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ローガンのトラウマ、予想が当たりましたか><
レイチェルは狂ってますからねwww
まぁローガンの記憶があいまいなので、最後までしたのかは謎のままです。
ローガンはレイチェルが来てからどんどん心を閉ざしてしまっていますしね。
内心は「気づいてよ!」って叫んでるんですけどね・・・。
両親がしっかりローガンと話し合えばよかったんですけどね、シンはローガンよりユウナだったし、ふたりっきりになる時間がほしかったんでしょうね。
ローガンは本当はやさしいんですよ~(T△T)
回想が終わったのでようやくみなさんに気づいてもらえてうれしかったりしますw
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。