スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去の記憶



 


週末、ララはオリーブ家を訪れた。
チャイムを鳴らす。


ローガン「はい。」












 




ララ「こんにちは。」

ローガン「おう、お前か。もう調子はいいのか?」

ララ「えぇ。」












 




ローガン「今うち誰もいないんだけど、入るか?」

ララ「じゃあ・・・お邪魔します。」

ローガン「どうぞ。」











 



ララ「ノートのコピー、ありがとう。」

ローガン「あぁ。」

ララ「ローガンって、字綺麗なのね。意外だったわ。」

ローガン「そうか?」

ララ「えぇ。ノートのとり方もすごく綺麗だし、意外に几帳面なんだな~って思った。」












 




ローガン「まぁ、几帳面ではあるな。」

ララ「気を遣ってくれてありがとう。」

ローガン「うん。」

ララ「私あなたにちゃんとお礼がいいたくて。」












 




ララ「助けてくれてありがとう。嬉しかった。」

ローガン「あぁ・・・・うん。」

ララ「あなたがいなかったらと思うと・・・。」

ローガン「変なこと考えんな。まぁ、あいつは前から怪しいと思ってたんだ。」

ララ「そうなの?」

ローガン「目つきがな。俺勘はいいほうなんだ。」

ララ「ローガンって人間観察好きよね。」

ローガン「あ~そうかもな。」












 




ララ「自分から話しかけないわりに、よく人のこと見てるわよね。」

ローガン「人見知りなんだ。」

ララ「そうなの?意外。」

ローガン「学校は出て来れそうか?」












 




ララ「あれから一週間だものね・・・。」

ローガン「この間から新しい教師が来たんだ。ラベットの後任で。」

ララ「そうなの?」

ローガン「そいつがまた変わり者だから、もうそいつの話題で持ちきりだよ。あんな噂、みんなすぐ忘れる。」

ララ「そうだね・・・・。」











 




ローガン「早く登校できるようになるといいな。」

ララ「うん・・・・。ありがとう。」












 




ローガン「元気そうで安心した。」

ララ「心配かけてごめんね。」

ローガン「気にすんな。今は自分のことだけ考えとけ。」

ララ「うん。」












 




ララ「紅茶ご馳走様。」

ローガン「あぁ。」

ララ「じゃあ、またね。」

ローガン「おう。またな。」












 



ララがローガンに背を向け、オリーブ家を後にする。
ちょうどリアがやってきた。












 




リア「あなた・・・。」

ララ「え?」

リア「ローガンと同じ高校?」

ララ「そうだけど・・・・なにか?」

リア「べつに。(同じ高校ならSFじゃないか。この前の子も違ったしね。) 」











 





ララ「 (この子もしかしてラトが言ってたSF・・・?) 」

リア「彼女じゃないわよね?」

ララ「え?」

リア「彼女じゃなければいいの。(ていうか美人でむかつく・・・。彼女の座狙ってるのかしら?ローガンは誰のものにもならないんだから。) 」

ララ「違うわよ。」












 



リア「そう。ならいいの。(おっぱいは私のほうが勝ってるんだからね。)」

ララ「・・・・。」

リア「じゃあね。」


リアがララの横を通り過ぎる。












 



リア「ローガ~ン♪呼んでくれてありがと~!」


リアがローガンの首に抱きつきキスする。


ローガン「いらっしゃい。」


リア「会いたかったよ~。もう先週から連絡ないから心配したよ~。」












 




ローガン「ごめんごめん。先週はいろいろ忙しくて。」

リア「でもまた会えたからいいの♪」

ララ「・・・・・。」












 




ララが立ち去る。


リア「聞いてよローガン!うちの高校のSFがね、ローガンのことみかけたらしくて、すんごいやきもち焼いてくるの!彼氏でもないのにさ~。」

ローガン「・・・・・。」

リア「リアは誰のものにもならないのに~。あ、ローガンなら別だよ?」












 



リア「ってローガン聞いてる??」

ローガン「あぁ・・・。」

リア「でね~そいつが・・・・。」












 



ローガン「ハァハァ・・・・。」

リア「ローガン・・・なんか今日・・・・すんごい激しいぃ~~~~。」

ローガン「・・・・リア。」

リア「なぁにぃ~~?」

ローガン「ヴィクター・ラベット・・・知ってるか?」

リア「あ~・・・・その人・・・・友達の彼氏だよ~・・・・。」












 



リア「もしかしてローガン・・・・私のSFだと・・・思った?」

ローガン「いや・・・・・違うならいい。」

リア「ローガン・・・・やきもち?嬉しい~~~。」

ローガン「ハァハァ・・・・。」

リア「あぁ~ん・・・・もっと~~~。」

ローガン「・・・・。(あれは・・・・。)」












 




俺が小学校に上がったばっかりの頃だ。












 



ユウナ「新しいおうち、素敵ね。プールもあるなんて。」

シン「気に入ってくれてよかった。」

ユウナ「昇進おめでとうシンくん。」

シン「あぁ。」













 



シン「ユウナ。」

ユウナ「ん?」


シンの顔が近づいてきて、ユウナにくちづけする。












 




ユウナ「もう・・・・シンくんったら子供の前でダメだよ。」

シン「なんでダメなんだよ。」

ユウナ「だってあなたキスしたら止まらなくなるでしょ。」













 



シン「ダメだもうとまんねぇ。」

ユウナ「ほら~。」

シン「ユウナ、寝室行こう。」

ユウナ「でもローガンが・・・。」

シン「あいつは大丈夫だから。」

ユウナ「でも・・・。」

シン「ロッキーもついてるしなにかあれば吠えるだろ。」












 



二人はそっと抜け出し寝室へ移動した。


ユウナ「ホントに大丈夫かな~?」

シン「あいつは俺に似て泳ぎがうまいから大丈夫だよ。」

ユウナ「そうだけど・・・。」












 



シン「ユウナ・・・。」


シンがユウナの体の上に覆いかぶさる。
二人の唇が重なる。


ユウナ「ん・・・・。」












 




ガチャ


ローガン「ママ~。」

ユウナ「ローガン!」


ユウナが慌ててベッドから飛び降りる。












 



ユウナ「どうしたの?」

ローガン「あのね~、ロッキーが吐いちゃったの。」

ユウナ「え?」












 



ユウナ「どうして吐いちゃったのかしら。」

ローガン「ロッキーいつも僕のお菓子欲しがるんだよ。」

ユウナ「もしかしてお菓子あげちゃったの?」

ローガン「だって~ボケモン見てたら勝手に食べちゃったんだよ?」

ユウナ「もう。お菓子はちゃんとテーブルで食べなさいっていつも言ってるでしょう?しょうがないわね~。」

ローガン「ごめんなさい。」












 



ユウナ「どこに吐いちゃったの?」

ローガン「あっち~。」


ユウナとローガンが部屋を出て行く。


シン「 (ったく・・・。) 」












 




シン「 (ローガンはかわいいけど・・・・あいつが生まれてから毎日バタバタでゆっくりいちゃつくこともできねぇ・・・。ホント参ったな・・・・。) 」












 



ローガン「 (そういえばママを呼びにいったときパパとママなにしてたんだろう?なんかすっごく慌ててたなぁ~。) 」












 




ローガン「 (きっと僕に隠れて面白いゲームでもして・・・・・・・むにゃむにゃ。) 」






Comment

1. 無題
こんにちわーvv
前回のと合わせて一気読みです!!贅沢v

ララちゃんローガンの家にお礼参りに行きましたねv(意味違う)
何か2人お似合いだなーとv
ララちゃん…助けて貰って以来ローガンの前では余計に女の子らしく、柔らかく見えますv

彼女の優等生キャラやしっかり者
と言うのが彼の前では無理しなくて良い
という風に自然とにじみ出て来たのかな?vと伺えましたv

落ち着いた雰囲気の中で良いな~v
と思っておったらウフレギャル1号リア!!来たー!!

ってローガンが呼んだんかーい!!
リアがvvもうvv
凄いビッチ特有の表情をしていてナイスvv♪
なーにがオッパイはだ!!圧力鍋に掛けて煮込んでやろうか!!

なーにが美人でムカツクーだ!!
そうだろうよ!お前程度のビッチには到底到達出来ん美貌だよ羨ましいかワハハハ!!!

さてローガンよ
「やっぱ気分じゃなくなった悪いが帰ってくれ」
とか言ってくれるのでは?vvと思いきや

バッチリ合体ロボでしたな!!!
いやー有難う!!!なで肩さんの書かれるベッドシーンは
目覚めたら朝だったと、俗に言う朝チュンではないので嬉しいですv

ローガンの過去もですね
見ちゃったんですね、、両親の合体ロボ(寸前)を
私も幼い頃に経験がありますが少年少女にとっては純粋に「何だろう?」って感じですよね
まぁ、段々と分かって行く時がトラウマなわけなんですが(笑)

まだシンパパも若かったですしね
子供は可愛いけど一度ウフフスイッチが入ったら脳内は薔薇色へ直行片道切符ですもんねぇ

しかしローガンにとっては両親の合体がキッカケ(?)の1つではあると思いますね…
うーん…彼にとってはSFと手を切っても根本が癒されない限り良い方向には行かないんでしょうね。
一度うちのハルさんと愛ってなんだろーと思いにふけって頂きたい(笑)
「なんだ、このオッサン、、」で終わりそう

また次回も楽しみにしていますv
  • 2012/06/04 22:29
  • SACHICO
  • URL
  • Edit
2. 無題
あー、もう嫌ですな、あんなSF。
結局ローガンの彼女の座を狙ってるだろw

胸以外ならララちゃんの方が上ですwあっははw

ってローガンの過去の記憶・・・;;
もしかしてトラウマを作ったのは両親だったのかぃッ!∑(゚Д゚)

っえええええええええ!
3. こんばんは☆
ララちゃん、ローガンにお礼が言えて良かった☆すごくお似合いでいい感じですね♪SFさえ来なければ、もっと良かったのに…。ララちゃんが正統派美人で優等生なだけに、胸がデカかろうが、ギャル系だろうが、SFが霞んで見えちゃいました(^_^;)

ローガンのトラウマは、これ以外にもあるような気がするのは、私だけですかね(?_?)

毎回しつこいですが、ストーリー楽しみです♪
4. Re:無題
>SACHICOさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ララ、お礼参りにいっちゃいましたねw(こらこら
お似合いですか?( ̄ー ̄)ニヤリ
たしかに、前より全然強がりがなくなりましたね~。
ローガンにはひどい姿も見られてるし、抱きついて泣いてしまいましたしねw
プライドも糞もないですよねwww
それにローガンとララは優等生でお嬢さまぼっちゃまという点で似てるところがあるので、お互いに親近感はあるのかもしれません。

そしてリア登場\(^▽^)/(喜んでるの私だけw
この子はね~、あんまりブサイクに作りたくなかったのでそれなりに作ったはずが・・・ビッチ顔ですよねwww
たしかにパイオツはでかい!
しかもムッチリ!
デカパイのはずのララが普通に見えるwww
「気分じゃないから帰れ」とローガンが言うと思いましたかw
いえいえ、彼はしっかりやることはやります!
ヤリ○ンですから!

朝チュンwww
でも私はこれでも十分こっぱずかしくなりながら書いてたりするんですよね(ノ´∀`*)
なのでなるべくエロくならないように、いろいろどうにか隠して撮影するのに必死w
そのわりにエロ多いですけどねw
まぁ恋愛物にエロはつき物ですm9っ`Д´) ビシッ!!
しかしアメーバがどこまで許容してくれるのかわからないのであんまり下手にエロれない。
以前のリアとローガンの絡みのSS、モバイルではみれないみたいですからねwww
なぜかPCは大丈夫という。

SACHICOさんも幼少期にローガンと同じような体験が??@@;
おおう(*><)
私はなかったな~。(平和
たしかに、子供の頃は「?」でも思春期に入って意味がわかると思い出してトラウマですよね~><
ローガンもそうなんですよ。
まぁこれだけが原因ではもちろんないんですが。

ハルさんと語ると、エリザさんへの想いを募らせるハルさんと恋がわからないローガンで話にならないんじゃwww
ローガンは愛や恋について考えるのも拒否ってそうだしな~。
ローガン「それより高級娼婦呼んでくれ」って言い出しそうです(´・ω・`)


5. Re:無題
>どーるぃさん

いつもありがとうございます(´∀`)
だいぶリア嫌われてますねwww
楽しいのでいいんですけどね(*´∀`*)
リアはローガンのこと気に入ってますからね~w
今の位置で満足してるみたいですが、やはりローガンに彼女ができるのは嫌なんでしょうね。
たしかに胸しか勝てるところがないwww
あぁあとは技とか?W

ローガンの過去ようやく登場しました~\(^▽^)/
トラウマはこれだけじゃないんですよ~。
これは氷山の一角というか。
これからどんどん出てきます(^ω^)
まだまだローガンのターン!!!
6. Re:こんばんは☆
>*なつめ*さん

いつもありがとうございます(´∀`)
ララはこのときようやく家から出ましたw
ローガンの家はちょっと離れてますが実はお隣さんだったりしますw
最後に見せたのが泣き顔だったのでローガンも内心心配してただろうし、ララもようやくありがとうが言えておたがい安心したでしょうね(*´∀`*)
リアを呼んだのはララが来る前だったのでタイミングが悪かったですねw
たしかにララと並ぶとリアがひどいwww
我ながら思いました(´・ω・`)
ララはうちのシムたちの中でもたぶん一番のサラブレッド(外見が)ですからねwww
最近ヤングに成長したんですがもう美人すぎてびっくりしました( ̄Д ̄;

ローガンのトラウマはなつめさんの想像とおり、これは氷山の一角にすぎないです( ̄ー ̄)ニヤリ
これからどんどん出てまいりますよ~。
いつも楽しみにしてくださってありがとうございます!
その言葉でがんばれます。・゚・(ノД`)・゚・。
7. 立ち直って!ララ
( ゚▽゚)/コンバンハ
2話まとめて拝見させていただきましたぁ(*´∇`*)アリガトン
いやぁ・・・ローガン君はやっぱりイイヤツでしたねぇ♪
ちょっとシャイなのかなww
きっとまだ自分でも自分をよくわかってないだけですよね!(*゚▽゚)*。_。)*゚▽゚)*。_。)ウンウン

そしてララちゃん、早く立ち直って欲しいですね~
だって優しい子供思いのご両親もいるし、親友たちもいるし。
怖い思いをしてしまったけど、最悪の事態は免れたので、きっと立ち直れるんでしょう。
頑張ってほしいな(*´∇`*)

今後この二人がどうなるのか超絶楽しみ!
なんか普通には終らなそう・・・。
すっごくドラマティックになりそうでwktk!
8. Re:立ち直って!ララ
>もんぷちさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ローガン根はいい子なんですよね~w
子供の頃はめちゃめちゃいい子だったし。
いろんなトラウマのせいで性格形成間違えちゃいましたが。
シャイなんでしょうね~。
そしてそれを顔に出さないからクールにしか見えないしシャイだとバレないwww
なにげに得な性格かも?w

ララは危機を間一髪で逃れましたし、幸い周りの人たちに恵まれたので立ち直りは早いでしょうね(*´ω`*)

たしかにこのままあっさりくっついてもちっとも面白くないwww
そしてドSのこの私が作者なので(・´з`・)~♪
wktkしていただいてありがとうございます!
明日もがんばります\(^▽^)/
9. 無題
おはようございますー^^!

!!!!

まさか、あのベッドシーンポーズは。。。。。
私が配布しているポーズでは?!?!

んでもって、
あんなセクシーな会話をつけていただけるなんて><ハート感激いたしましたーー!!!

ローガン。。
根は純粋でいい子なんでしょうね。。!
育った環境や、生活習慣で
ドライな性格になってしまったのでしょうか。。;;

しかし、リアちゃんのワガママボディっぷりが
いかにもSF役といった感じでいいですね^^!!!
12. Re:こんにちは^^
>ゆきさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ララはだいぶ元気になりましたね♪
カウンセリングや家族のおかげですね(ノ´∀`*)
ローガンには最後に泣き顔しかみせてないので、ローガンも内心は心配していたでしょうし、ララもちゃんとお礼が言えたのでお互い安心したでしょうね(*´ω`*)
ローガンが肉体関係を持つのは彼なりにそれで精神を保っているんじゃないですかね~。
ストレス発散じゃないですが。

リアはローガン以外にもSFがいるようだし、体には自信があるようですw
私はスカイブルー家の血筋か(おい)ぱいおつがちゃいちーなのででかいのは羨ましいです(*´Д`)
でもいくらでかくてもリアみたいなムチムチだとちょっと引くw

ローガンのトラウマはまだまだ出てきますw
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。