お昼休み、ラトーシャとアイビーが1組を訪ねた。


アイビー「ララ~。」

レイサ「あ、アイビーちゃん。」












 




レイサ「ララちゃん今日お休みしてるわよ。」

アイビー「え?そうなの?」

レイサ「なんか噂が流れてるんだけど聞いた?」

ラトーシャ「噂?」













 




レイサ「ゆうべ学校に警察の車が止まってたのを見た子がいたみたいなんだけどね。」

ラトーシャ「警察?なんかあったの?」

レイサ「それがね、ラベット先生が捕まったらしいの。」

アイビー「え?」












 




ラトーシャ「ラベットってあの数学の?」

レイサ「そう。なんかレイプ事件があったとかで・・・。」

ラトーシャ「レイプ??」

レイサ「その相手がララちゃんじゃないかってみんな噂しててね。」












 




ラトーシャとアイビーが顔を見合わせる。


レイサ「二人ともララちゃんの親友でしょう?なにか知ってる?」

ラトーシャ「いや。全く。」

レイサ「そっかぁ~。噂だからホントかどうかはわからないけどね~。」

ラトーシャ「まぁね。」

アイビー「・・・・。」












 




ローガンが教室から出てきた。


ラトーシャ「ローガン。」












 





ローガン「なに?」

ラトーシャ「今日、放課後ララんちにお見舞い行こうと思うんだけど。一緒に行かない?」

ローガン「べつにいい。」

ラトーシャ「・・・・ゆうべなんかあったの?」

ローガン「なんかってなんだ。」

ラトーシャ「学習クラブでララと一緒だよね。」

ローガン「そうだけど?」











 





ラトーシャ「なんか・・・・変な噂が流れてるけど。」

ローガン「ほっとけ。噂なんて話がでかくなってるだけだろ。」

ラトーシャ「・・・・・そうだよね。んで、お見舞い・・・。」

ローガン「俺はいい。」

ラトーシャ「そっか・・・・。」












 




3人が話しているとディーンが教室から出てきた。


アイビー「ディーン。」

ディーン「なにしてんだ?」











 




アイビー「ララのお見舞い行くんだけど、一緒に行かない?」

ディーン「あ~、いや、いいや。二人で行けよ。」

アイビー「うん・・・・。」












 



ディーン「病気だとしたら弱ってるとこ、男に見られたくないだろ。」

ラトーシャ「・・・・そうだね。」

ディーン「二人で行っておいで。」

アイビー「うん。わかった。」












 




ラトーシャ「じゃあね。」

ディーン「あぁ。」


ラトーシャとアイビーが立ち去る。


ディーン「お前だろ。」












 





ディーン「ララのこと助けたの。」

ローガン「・・・・・。」

ディーン「いつもクラブのあと、待ってたの知ってる。」

ローガン「・・・・・。」










 




ローガン「偶然だ。」

ディーン「ふぅ~ん。」












 



ブラウン家。
ララの父親、Kが仕事から帰ってきた。
カメラマンをしているため、世界中を回っていて家にいることが少ない。


マリア「あなた・・・。おかえりなさい。」

K「あぁ。ただいま。」












 




マリア「帰ってこられたのね。」

K「遅くなってすまない。」

マリア「いいえ。帰ってきてくれただけで・・・。」












 




K「あの子は?」

マリア「部屋にいるわ。今日はもうだいぶ落ち着いたみたいで、明日にでもカウンセリングに行ってこようかと思ってるの。」

K「そうだな。それがいい。」

マリア「落ち着くまで学校は休ませるわ。」

K「あぁ。君がいてくれて本当によかった。」











 



マリア「あなた・・・・私一人じゃ心細くて・・・。あなたが帰ってきて本当によかった。」

K「すまなかったな。これからは仕事を減らすよ。」

マリア「私もそうするわ。これからはもっとあの子のそばにいてあげなきゃね・・・。」

K「あぁ。そうだな。」











 




ドアをノックして、Kが部屋に入ってくる。


ララ「パパ!」

K「ララ、ただいま。」












 




ララ「おかえりなさい。」

K「すまなかったな。大変なときにそばについてやれなくて。」

ララ「パパ・・・・。」


ララが泣き出す。












 





Kがララを抱きしめた。


K「ママから聞いたよ。ララ、お前が無事で本当によかった。」

ララ「パパぁ・・・・。」

K「パパとママがお前のことをどんなに大事かわかるか?」

ララ「うぅ・・・・。」












 





K「もう大丈夫だよララ。パパもしばらくは休みをとることにした。仕事もこれからは減らしてうちにいるから。」

ララ「うん・・・。」

K「愛してるよララ。お前は私の大切な宝物だ。」

ララ「うん・・・・・・。」













 



ラトーシャ「こんばんは。」

マリア「あら、ラトちゃんにアイビーちゃん。」

アイビー「ララのお見舞いに来ました。」











 

 




マリア「わざわざありがとう。ララも喜ぶわ。」

ラトーシャ「ララに会えますか?」

マリア「えぇ。もちろんよ。さぁ、二人ともあがって。」












 



ドアをノックしてラトーシャとアイビーがララの部屋へ入ってきた。


ラトーシャ「ララ・・・・おじさまこんばんは。」

K「やぁ。いらっしゃい。」

ララ「二人ともどうしたの?」

アイビー「学校休んでたみたいだからお見舞いにきたの。」












 




K「そうか。じゃあ俺は行くよ。友達とゆっくりしなさい。」

ララ「はいパパ。ありがとう。」

K「あぁ。」












 



K「二人ともゆっくりしていってくれ。」

ラトーシャ「ありがとうございます。」


Kが部屋を出て行く。


ララ「二人とも座って。」

アイビー「うん。」












 



アイビー「具合大丈夫?」

ララ「えぇ。もう大丈夫よ。」

アイビー「学校は?」

ララ「・・・・ちょっとしばらくは無理かもしれないわ。」

ラトーシャ「・・・・変な噂が流れてるけど。」

ララ「噂?」


ラトーシャが学校で流れている噂の内容をララに話す。












 



ララ「そう・・・・。」

ラトーシャ「本当なの?」

ララ「・・・・・・・えぇ。本当よ。」

アイビー「そんな・・・・。」

ララ「でも大丈夫よ。なにもされてないわ。ローガンが助けに来てくれたの。」

ラトーシャ「え?」












 




ララ「ローガン、最近クラブのあとは決まって私を待っててくれたの。」

ラトーシャ「ローガンが?」

ララ「えぇ。一緒には帰ってないんだけどね。いつも帰るころになるとふと現れるのよ。離れてだけど、一緒に帰ってたの。」

アイビー「そうだったんだ?」

ララ「昨日はたぶん・・・・私がなかなか出てこないから探しにきたんだと思うわ。それで・・・・・ラベット先生から守ってくれたの。」












 



ラトーシャ「あのローガンが・・・・。ちょっと信じられない。」

アイビー「どうして?」

ラトーシャ「・・・・ずっと黙ってたけど、あいつSFいるんだよね。」

アイビー「SF?」

ラトーシャ「彼女じゃないけど体の関係だけの女。」

アイビー「そうなの?」

ラトーシャ「うん。なんか・・・・恋愛に対しての考え方も変っていうか・・・・ひねくれてるみたいだし。」












 




ララ「そうね・・・・。」

ラトーシャ「そのあいつが同じようなことしてるラベットを助けるなんて・・・。」

ララ「同じじゃないわよ。」

ラトーシャ「え?」

ララ「ローガンは無理矢理体の関係を持ったことはないって言ってたわ。それに彼・・・・意外にいいところもあるのよ。」

アイビー「そうだよね。ディーンと親友だもん。ディーンがいやなやつと友達続けるわけないし。」












 



ラトーシャ「たしかに・・・。」

ララ「私はローガンがいたから助かった。ローガンにはホントに感謝してるわ。ちょっと見直したしね。」

ラトーシャ「そっか。」

アイビー「なにもなくてホントよかった。」

ラトーシャ「うん。そうだね。」

ララ「えぇ。二人ともわざわざありがとう。」

アイビー「無理しないでゆっくり休んでね。」

ラトーシャ「噂なんてすぐみんな忘れるからさ。」

ララ「えぇ・・・・。そうね。」












 




数日後、ローガンがブラウン家を訪れた。


ローガン「こんばんは。」

マリア「まぁ。ローガンくんね。」












 




ローガン「はい。」

マリア「昨日夫と二人であなたのお宅へ伺ったのよ。お礼をいいたくて。」

ローガン「母から聞きました。わざわざありがとうございます。」

マリア「あがってちょうだい。」

ローガン「いえ。授業のノートのコピーを持ってきただけですから。」












 




マリア「わざわざありがとう。ララに会っていかない?」

ローガン「いえ。俺を見たらいやなことを思い出すかもしれないですし。」

マリア「そんなことないわ。あなたは救世主よ。」

ローガン「そんな大したもんじゃないです。」











 




ローガン「ララさんが元気ならいいんです。彼女は勉強熱心だったので、授業のことが気になってるんじゃないかと思って。」

マリア「まぁ、気を遣ってくれてありがとう。」

ローガン「ララさんに渡してください。」

マリア「えぇ。ララも喜ぶわ。」

ローガン「では失礼します。」













 




ブラウン家を後にするローガン。












 




マリア「ララ、入るわね。」


ララの部屋にマリアがやってきた。












 



マリア「お勉強してたの?」

ララ「うん。しばらく休んでる間に遅れたくないから。」

マリア「そう。今あなたにお客さんが来たのよ。」

ララ「ラトたち?」

マリア「いいえ。ローガンくん。」












 




ララ「ローガン?」

マリア「そうよ。わざわざ授業のノートをコピーして持ってきてくれたのよ。」

ララ「・・・・・そう。」

マリア「あがってって言ったんだけど、自分はいいですって帰っちゃったわ。」

ララ「・・・・。」












 




マリア「素敵な男の子ね。」

ララ「・・・・うん。」

マリア「落ち着いたら一緒にお礼を言いにいきましょうね。」

ララ「そうね・・・・。」












 




マリア「ララ、学校はいつでもいいから。ゆっくり休んでカウンセリングだけは通いましょうね。」

ララ「はい、ママ。」

マリア「明日も午前中に予約してあるから一緒に行きましょう。」

ララ「うん。」

マリア「もうすぐご飯の用意ができるから降りてらっしゃい。」

ララ「はい。」











 



マリアが部屋を出て行く。












 




マリア「 (ローガンが・・・・。) 」








Comment

1. こんばんは☆
ローガン、素敵すぎ♪ディーンくんも、細かい気配り出来るようになりましたね♪親友の影響かひと皮向けたからですかね?
ララちゃん、心の傷が深いですね…。学校での噂もあるし、今はそっとしてあげた方がいいですよね…。ララちゃんはパパとママ、友人たちの愛情、友情で乗り越えていけると信じてます。ララちゃんはラトちゃんから、SFの存在を聞かされても、助けてもらったのもあるけど、ローガンくんの良い所も知ってると素直に答えてましたね(*^o^*)これは、恋に落ちるのも時間の問題かな?

Kさん夫妻が久しぶりに見れて嬉しかったです☆この2人が今までで一番好きなカップルなので、また登場してくれたら嬉しいです(*^o^*)

次回も楽しみにしてますね♪
2. 無題
こんばんはー
みんな形は違えど優しいお友だちばっかりですね(*^▽^*)
ちなみに私の知り合いのコが同じような事件にあい
引き篭もりになったり、授業を教室で受けることが出来なくなったりして
結局留年しちゃったんだよね。
そのくらい心の傷は深いんじゃないかと。
早くララちゃんの心の傷が癒えるといいですね。
そうそう!久々にKさんも登場で・・・すっかりパパになってましたねw
3. Re:こんばんは☆
>*なつめ*さん

いつもありがとうございます(´∀`)
おお!ローガンを素敵とはw
ありがとうございます(ノ´∀`*)
ディーンもすっかり大人になりましたよねw
ララはまだすぐには普通の生活に戻れそうにないですよね~(;´Д`)
あぁいうことがあった後ですし・・・まずは心のケアからですね。
でも両親も周りの友達もいい子たちばかりなので立ち直りは早いでしょうね(´∀`)
恋は~どうでしょうねw
K夫婦が一番好きなカップル!?
マジですか!ヮ(゚д゚)ォ!
この二人は相性もいいみたいですしね(ノ´∀`*)
Kをまだ登場させていなかったので今回登場させることができてよかったです♪
再登場ですか~(^ω^;)(;^ω^)
リクエストにお答えできるようにがんばりますw
出るとしたらだ~いぶ後になりそうですwww
4. Re:無題
>あんこさん

いつもありがとうございます(´∀`)
知り合いが同じような事件に??@@;
それはこわいですね(T△T)
私も知り合いではないですが、レイプ事件にあって数日後の人と出会ったことが・・・。
学生ではなかったので落ち着いていましたが、きっと心の傷は深いんだろうな~・・・。
それが思春期だったりしたらそりゃ授業受けれないですよね(T△T)
ララの場合は未遂だったからよかったものの・・・。

今回は久しぶりにKも登場させることができました~(´∀`)
すっかりパパですw
髪型変わったのでだいぶ中年っぽくなりましたね(ノ´∀`*)
5. 無題
こんばんわ!w
アイビーちゃん、ラトちゃん、ララちゃん、ローガンの事、見直しましたねw
ローガン、恋愛について捻くれてなかったら素敵なのにね―w
そしてKさんwwwwwww
年取りましたねwでも相変わらず素敵♪
6. これはマズイ・・・
ちょっ・・・なで肩さん、ローガン株どんどん上げて私をどうするおつもりですかっ
ディーン推しの私もさすがにここまで来るとローガン推しに・・・!?ゴクリ
でもディーン、ララを待ってるローガンの姿に気づいてたのか;
さすが、さすが(私の)ディーンだわ・・・←
Kとマリアの夫婦がもしかすると一番好きだったかもしれないので、
2人が一緒の状態で登場してくれてなんか嬉しかった♪
ということで必然的にララにも幸せになって欲しい気持ちが強いです。
歳とってますますJと兄弟だなっていうカオつきになってますね。
7. 初コメント♪
おはようございますー^^!
なで肩さんのストーリーは、途中から読み始めているのですが、なんだか愛にあふれていますねーーー!!
思いがけない悪役(先生のことw)が登場しましたが、お友達もファミリーも愛にあふれていていいですね><!!!
読み始めると、かなり真剣に読んじゃいます!
次回も楽しみにしています^^!
10. Re:これはマズイ・・・
>タママさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ローガン寄りになってきましたね( ̄ー ̄)ニヤリ
まだまだローガンのターンが続きますよwww
ディーンは失恋後結構大人ディーンに変身しちゃいましたねw
前はただの素直くんだったんですがw

タママさんもK夫婦ですか!
ララはマリアに似て幸薄美人ですからね~(;´Д`)
まぁマリアのように最終的に幸せ掴んでくれればいいんですが・・・w
たしかに老けるとさらにJと似てきましたねw
でも髪型同じにしてもやっぱKはKだな~と思ったりしますw
同じにはならないw
うちのブログは主役が人気ないくて引き立て役がすごい人気なのはなぜだwww
11. Re:初コメント♪
>yuuさん

おおー!><
コメントありがとうございます(T△T)
愛にあふれているといっていただけてとってもうれしいです(*´ω`*)
全員主役、悪役でもその人なりにいいところがある、っていうのをテーマに作っていますw
まぁラベットみたいなやつは完全悪役に回ってもらいますけどねw
次世代に入ってどんどんキャラが増えて若干わたわたしていたりしますw
読んでくださってありがとうございます\(^▽^)/
私もyuuさんのポーズやCCの更新ちょーーーーー楽しみにしてます!!
12. Re:こんにちは^^
>ゆきさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ララは人生ではじめてあんな怖い思いしたでしょうね~><
でも未遂だったからそこまで傷は深くないと思いますが、やはり心配ですよね。
たしかにこういう噂は広まるの早いし、学生は特に相手のこと考えないで行動しますからね・・・。
しばらく学校ではつらいだろうな~。
まぁ同じクラスにディーンやローガンもいるし、家族の愛も深いので回復は早いでしょうね(*´ω`*)
Kもようやく登場させることができました~\(^▽^)/
中年なので髪型もチェンジしたんですが意外に似合ってますよねw
ファッションはあまり変わらず、ちょい悪的な雰囲気ですがw
K夫婦素敵ですか?(ノ´∀`*)
ありがとうございます♪
ララはローガンに対しての警戒心が薄れてだいぶ心を開いたみたいですね(*´∀`)
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。