ぬくもり

 



ディーン「ただいま~。」

アイビー「おかえりディーン。」

ラトーシャ「おかえり。」












 




ディーン「ラト来てたんだ?」

ラトーシャ「うん。今帰るとこ。」

ディーン「送っていくよ。」

ラトーシャ「いいの?」

ディーン「うん。もうすっかり運転も慣れたしな。」












 




ラトーシャ「ありがとう。助かる。」

ディーン「おう。」

アイビー「じゃあディーン、ラトのことよろしくね。」

ディーン「あいよ。」












 




ラトーシャ「帰り遅かったね。」

ディーン「あぁ。学習クラブ入ったんだ。」

ラトーシャ「そうなんだ?」

ディーン「うん。」












 





ラトーシャ「最近すごいがんばってるね。」

ディーン「まぁな。俺、医者目指そうと思って。」

ラトーシャ「医者?お父さんと同じ道?」

ディーン「そう。兄弟の一人くらい父さんと同じ道に進んでもいいだろ?」

ラトーシャ「そうだね。レオン兄ちゃんも警官になっちゃったしね。」










 



ディーン「ぴったりだよなw」

ラトーシャ「たしかにw」

ディーン「ラトはどうするんだ?」

ラトーシャ「う~ん・・・。料理好きだし、専門学校に行こうかと思ってるよ。」

ディーン「調理師か。かっこいいな。」












 




ラトーシャ「医者のほうがかっこいいじゃん。」

ディーン「ははっ。なれたらな。」

ラトーシャ「がんばってね。」

ディーン「おう。」












 




学校から少しはなれた場所にローガンはいた。
ここからなら校舎から出てくる人が見える。
ベンチに座って本を読んでいた。












 





ローガン「 (変だな・・・。いつもならもうとっくに出てきてるはずなのに。) 」










 




ローガン「 (なんだ・・・・胸がざわつく。) 」












 





ラベット「ほら。抵抗すると破けるぞ。」

ララ「・・・・やめて・・・・。」

ラベット「よく聞こえないなぁ?さっきの威勢はどうしたんだ?」

ララ「お願い・・・・。」












 




ラベット「君は美しいよララ。肌もスベスベだ。」

ララ「いや・・・・。」

ラベット「まさか君・・・・ヴァージンか?ふふっ。こりゃあいい。」

ララ「お願い・・・・。」

ラベット「心配しなくても大丈夫、そのうちわかるよ。すぐに気持ちよくなるから。」












 




ラベットがララの胸に顔を当てる。


ラベット「ずっとこうしたかったんだ。」

ララ「先生・・・・お願い・・・・。」

ラベット「まぁまて。そう焦るんじゃない。これからゆっくり楽しもうじゃな
いか。」












 



ローガンが校舎に入っていく。
幸いまだ鍵はかかっていない。













 



職員室の前にやってきた。












 




誰もいない職員室。


ローガン「 (イスが・・・・。) 」












 




職員室へ入る。
机の上には教科書が開かれたままだ。


ローガン「 (あのお嬢様がイスを片付けないで帰るわけない。教科書だって・・・・。) 」


机の上に置いてあるコーヒーにふと目がとまる。
触ってみるとまだ少し暖かい。


ローガン「 (どこ行った・・・・?ラベットの使う部屋・・・・・旧校舎か?) 」











 





旧校舎の資料室へやってきたローガン。


ローガン「 (ここだけ電気がついてる。やっぱりここか。) 」









 




ローガン「 (あいつまさか・・・・。) 」














 




ローガン「 (あの部屋・・・・怪しいな。) 」












 



ドアには鍵がかかっていた。
ドアをノックする。
物音はしない。
しかし耳を澄ますと人のいる気配がする。












 




ローガン「おい。誰かいるか?」


部屋の中からかすかになにかがぶつかる音。


ローガン「ここを開けろ!」












 




ローガン「 (丁寧に内鍵までつけてやがる。計画的だな。ったく・・・・めんどくせぇことしやがって。) 」












 



ローガン「こんのっ・・・!」


ドカッ!


ローガンがドアをぶち破る。


ラベット「 ! 」












 




上半身裸のララの姿が目に入る。


ローガン「なにやってんすか・・・。」













 





ラベット「君も仲間に入るか?」

ローガン「え・・・?」

ラベット「見てわかるだろう。」












 




ラベット「お楽しみはこれからだよ。君の事はよく知ってるよオリーブ。」

ローガン「・・・・。」

ラベット「僕は他校の生徒とも付き合いがあるもんでね。」

ローガン「・・・・・。」

ラベット「君も好きだろ?仲間に加わるか?彼女は僕が先に味見させてもらうけどね。」
















ローガン「楽しそうですね。」

ラベット「ふふっ。君は理解が早い。さすが成績優秀なだけはあるな。」

ローガン「手伝いますよ。」











 
 



ローガン「彼女が暴れないように、俺が押さえてますよ。」

ラベット「そうか。悪いな。」

ローガン「いいえ。そのかわり先生の後は俺が。」

ラベット「あぁ。もちろんだよ。好きなだけ遊んでいい。」












 
 
 


ローガン「下も全部脱がせちゃいましょうか。」

ラベット「そうだな。」


ローガンがラベットのほうへ近づく。


ローガン「じゃあ俺が彼女を押さえてますんで先生は服を脱がしてくださいよ。」

ラベット「あぁ、そうしよう。」

ローガン「んなわけねぇだろ!」










 





いきなりラベットに殴りかかるローガン。
二人は揉み合いになる。
あっという間にローガンがラベットを叩きのめした。












 




ローガン「ガキのころから空手やってんだ!お前みたいなガリガリに負けるかよ!」

ラベット「っ・・・・貴様。」

ローガン「お前みたいな奴と一緒にすんな!俺は無理矢理やったことはねぇよ!」












 



シェロッド「何事ですか?」

ラベット「シェロッドさん、これは・・・。」

シェロッド「生徒がここに入っていくのが見えたから追ってきたんだが・・・。」










 




ローガン「見ればわかるでしょ。先生が女子生徒を強姦してたんですよ。すぐに警察と校長を呼んでください。」

ラベット「な、なに言ってるんだ!」

シェロッド「ラベット先生、それは本当なのかね?」












 




ラベット「そんなことあるわけないでしょ!第一強姦してたのは彼のほうだ!」

ローガン「は・・・?」

ラベット「僕は止めようとしてたんだ!」

ローガン「・・・・・。」













 




ラベット「シェロッドさん、警察はいいから校長を・・・。」

シェロッド「先生、ここはあなたの部屋だ。」

ラベット「なっ・・・・。」

シェロッド「それに私にここに来ないように釘を刺したのは先生、あなたでしょう。」












 




ラベット「・・・・・それはっ!」

シェロッド「まぁ彼女に聞けばどちらがしたことかはすぐにわかるでしょう。二人とも、逃げられませんからね。」

ラベット「・・・・。」

ローガン「俺は逃げませんよ。」

シェロッド「・・・・先生行きましょうか。」












 




シェロッドがラベットを連れて部屋を出て行く。
二人が出て行くのを見つめるローガン。












 




ララはソファーの上で震えている。


ローガン「おい。・・・・・服着ろ。風邪ひくぞ。」

ララ「・・・・。」


ローガン「・・・・・・もう大丈夫だから。」












 



ララがローガンに抱きついた。
涙が止まらず、震えている。


ローガン「・・・・・。」












 





ローガン「もう大丈夫だ。」

ララ「・・・・うっ・・・・・。」












 




ローガン「大丈夫だよ。」




Comment

1. こんばんは☆
2話まとめて読みました(*^o^*)

アイビーちゃんたちのやり取りがすっ飛びました(^_^;)

ローガン、格好良かったですね♪何よりララちゃんが助かって良かった♪先生、あっさり悪事がバレて良かったよ。あぁいう奴は地獄に落ちて欲しいですね…。

次回は、誰メインの話になるかな~?楽しみに待ってます♪
2. やった( ̄▽ ̄) ニヤ
( ゚▽゚)/コンバンハ
やったぁあああ!
やっぱり悪は成敗されるんですよね!
あー、スッキリした( ̄▽ ̄) b

それとローガン君、カッコイイじゃないか!
私の中で株が上がりましたww
さりげなくララの帰りを待っててあげたりして、イイやつだ~
根はやっぱり優しいんですね♪

そしてディーン君とラトちゃんの行方も気になる~
3. 無題
うわぁ~・・・
なぜか私がウルウルしてしまった(;^_^A
とりあえずララちゃんが無事で良かった~!
ローガンくん、今回はカッコ良かったですね。
ララちゃんの帰りを気にしてくれてて良かった♪
普段何考えてるか分からない彼だけど、本当はイイヤツなんですねo(^▽^)o
ラトちゃんたちも気になりますな。
これからどうなっていくのかしら。
4. 無題
こんにちわーv
すっ飛んで読みに参りましたーv
今回も込みごたえ満点でしたぁ~v

前半のラトちゃんとディーン君の進路会話もね
うーん、もうそんな時期だもんなぁ、と
思っていた矢先変態教師のドアップ

あ、、そういやララちゃん危険やったんや
と忘れておりました(お前は油断しすぎか!)

ああああー!!!
ララちゃんの乳がー!!変態眼鏡教師の顔にー!!
こすりつけるな無礼者ー!!
と血気盛んになっておりましたらばローガン!!

計画的な男!!ローガン!!(おい言い方ヤメロ)

え?
ララちゃんの事…待ってた、、?
え?さり気なく見守ってた、、?

異様な空気を察知したローガンが捜索に、、
そして学校の作りの良さに圧巻です!!
素晴らしい!!モロに学校!!高校!!!
廊下の窓から見える教室とかかなり雰囲気ありますよねvv

そして拉致部屋発見!!
ドアを豪快にキック!!!かっけー!!

するとイヤーンな姿のララちゃんが、、(だから言い方ヤメロ)

もうね、、ビックリした!!
何がって変態教師の開き直りっぷりもさることながら
ローガンにえー!!
えー!!!一緒にやらないかvええ勿論v
みたいな、、えー!!ウソやーん!?

ってなりました、、
もうね、この変態教師!!打ち首じゃー!!
なまじ結構イケメンだから腹立つんだなこれ

と思いきやローガンの
って嘘じゃボケー!!な鉄拳炸裂!!
何てたくましいんだローガン!!!v

ララちゃん、、怖い思いしましたね(T_T)
本当にローガンが来てくれて良かった
普段ちょっとお高くとまってるいけ好かない女でも
やっぱり女の子ですもんね
もう声も出ないくらいに怖かったでしょう

そして爺さん!!!(無礼だぞ)
ええ人や、、、!!
最初ドキっとしました、、えー
信じてくれるかな!?頼むー!!
と思ってましたが
言われてみればそうだ、、ここ変態教師のアジトだったわ
一般生徒が勝手にイチャコラ出来る場所じゃないですもんね

とにかくあのダメな公務員は打ち首ですね!!
ああ、、でもララちゃん良かったv><
  • 2012/06/03 00:00
  • SACHICO
  • URL
  • Edit
5. 無題
やった!ww
ララちゃんが助かった(´_`。)
ローガン、実はいい人じゃん!w
見直したwてか、結局ララちゃんが気になるんだねw
好きなんだろ?言えw
まあ、とにかくあの先生、KILLですね!
6. Re:こんばんは☆
>*なつめ*さん

いつもありがとうございます(´∀`)
たしかに今回の後半の内容が濃すぎてアイビーたちのは忘れてしまいますよねwww
ローガンかっこいいと言ってくださってありがとうございます\(^▽^)/
ララはなんとか無事でしたねw
あぶなかったですが。
エロ教師の悪事がバレてホントによかったです(^ω^)
このまま続けられるわけないですしね~。
いつかはバレる。
7. Re:やった( ̄▽ ̄) ニヤ
>もんぷちさん

いつもありがとうございます(´∀`)
スッキリしていただけてよかったです(ノ´∀`*)

ローガンをお褒め頂ありがとうございます(*´ω`*)
私もようやくローガンの本気がみせられて満足です♪

そうなんですよ!
根は優しい子なんです(T△T)
ただ恋愛や女性に対して強い偏見を持っているというだけで。
株があがって嬉しい限りです(*´∀`*)

ディーンとラトもこのままうまくいってくれるといいんですけどね~w
8. Re:無題
>あんこさん

いつもありがとうございます(´∀`)
おお!
ウルウルありがとうございます(T△T)
ララはホント無事でなによりでしたw
ララの貞操はローガンによって守られましたねw
ローガンをかっこいいと言っていただきありがとうございます(ノ´∀`*)
そうそうホントはいいやつなんですよ~(*´∀`*)
ちょっとひねくれてて恋愛に対して偏見持ってるだけでw

ラトはどうでしょうね~。
あいかわらず告白するつもりはなさそうですがw
9. Re:無題
>SACHICOさん

いつもありがとうございます(´∀`)
SACHICOさんのコメントはいつもたっぷりで私も読むのがとても楽しいです♪
ありがとうございます(ノ´∀`*)

ラトとディーンもそろそろ自分の将来のことを考え始めたみたいですね^^
まぁラトはクラブも入ってないしバイトもしてないですからね~。

そして変態エロ教師のアップすみませんw
乳が顔にwww
完全にエロ教師ですw

そしてローガン捜索www
学校お褒め頂ありがとうございます(ノ´∀`*)
意外にもローガンは空手を習っていたんですよね~。
なので脱ぐと筋肉ムキムキですw
まぁローガンの過去はもうすぐ出ますのでお楽しみに~\(^▽^)/

ローガンが教師側に一瞬ついたのは、エロ教師を油断させるためですねw
あとはちょっとララに対するどっきりかもしれまあせんw(この状況でw
ララも内心「えーーーー!?」ですよねwww
でもララみたいなプライド高くていつもお高くとまってる子ってホントは繊細でか弱いから、こういう状況になったらきっとガクブルで動けないし抵抗もできないでしょうね~(;´Д`)
ラトなら闘えそうですがw
まぁラトは選ばれないだろう・・・(;^ω^)

シェラッドさんは「生徒が入っていくのが見えたから追ってきた」と言ってますので、ローガンがララを探しにいくのをみかけてるんですよね。
なので自分よりちょっと先に入っていったはずのローガンのわけがない、と。
そしてエロ教師はいままで何度もあの部屋を使っているのをしっているし。
エロ教師の実態がようやくあばかれましたね(*´∀`*)平和~♪
打ち首ケテーイ( ・∀・)r鹵~<≪巛;゚Д゚)ノ ウギャー
10. Re:無題
>どーるぃさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ララ助かってよかったですね♪
ローガン根はいいやつなんですよ~(*´∀`*)
ただ恋愛に対して偏見持ってるだけで。
見直してくださって嬉しいです(ノ´∀`*)
しかしララのことはどう思っているんですかね~。
恋愛に対してまっすぐで正直なララを本当はうらやましく思っているのかもしれないですね。
ローガンはまだ恋というものを知らないので、ララに対して愛情は持ってないと思われますw
どちらかというと友情ですね。
ララじゃなくラトでもアイビーでも同じように待っていたと思いますしね~。
ホントは友達思いのいいやつなんですよ(*´∀`*)
11. こんばんは^^
なで肩さんこんばんは^^
くっそー!!あの変態ヽ(`Д´)ノ←もうただの「変態」になっとるw
気持ち悪いんだっつーの!!
そしてローガンくん!!やっぱり来た!!
カッコいい!!
一気にローガンくんの株が急上昇です(・∀・)
やはりローガンくんはララちゃんの事が好きなんでは?!
ここ嗅ぎつけて来たのもそういう胸騒ぎがあったのでしょうか
そして、こんな助けられ方したらララちゃんはローガンくん好きになっちゃいますよね?!
しかしあの変態、速攻逮捕でホッとしましたよ・・・
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。