スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

密室



 

















 



アイビー「ジーン・・・・。」














 



アイビー「会いたいよ・・・・。」











 



ラベット「シェロッドさん、今日は残って仕事をしますので。」

シェロッド「あぁ。いつものようにですね。わかってますよ。」












 



ラベット「旧校舎の資料室を使わせていただきますね。」

シェロッド「わかりました。では帰るときに声をかけてください。」

ラベット「すいませんいつも。」












 



シェロッド「あなたは本当に熱心な方だ。まだ若いのに珍しい。」

ラベット「そんなことないですよ。まだこの学校へ来て2年目ですから。」

シェロッド「生徒たちからも人気があるみたいですね。」

ラベット「若いってだけで物珍しがっているだけですよ。」

シェロッド「それでも人気があるっていうことはいいことです。」












 



ラベット「ありがとうございます。」

シェロッド「私は用務員室にいますのでなにかあれば声をかけてください。」

ラベット「はい。」












 



シェロッドが立ち去る。












 



ラベット「・・・・。」












 



放課後、ラトーシャはアイビーの家に遊びに来ていた。
二人で宿題を済ます。













 



アイビー「ラト、ありがとう。」

ラト「ん?」

アイビー「私が凹んでるの、気づいたから来てくれたんでしょう?」












 



ラト「あ~・・・・別に気にしなくていいよ。あたしが遊びたかっただけだし。」

アイビー「うん・・・・。」

ラト「なんかクラブでも入ってみる?二人で。」

アイビー「クラブ?」












 



ラト「ほかに楽しみみつけたらさ、そっちに集中できるでしょ。」

アイビー「・・・・そうだね。」

ラト「でもあたしも特に趣味ないんだよな~。アイビー、美術クラブとかいいんじゃない?」

アイビー「美術かぁ~・・・。」

ラト「あたし絵は苦手だしな~。」












 



母親のクレアが帰ってきた。


アイビー「おかえりママ。」

クレア「ただいま~。ラトちゃんいらっしゃい。」

ラトーシャ「こんにちは。お邪魔してます。」












 



クレア「ちょうどよかった。今シュークリーム買ってきたのよ。宿題終わったのなら二階に持っていくわね。」

アイビー「わ~い。ありがとうママ。」

ラトーシャ「ありがとうございます。」













 
 


学習クラブが終わって、ローガンとディーンが校舎から出てきた。


ディーン「じゃあまたな~。」

ローガン「おう。またな。」












 
 


ディーンが去っていく。
その後姿を見送るローガン。












 
 

ローガン「・・・・。」












 
 
 


ララは今日も残って職員室にいた。


ララ「ありがとうございました。いつもすみません。」













 




ラベット「君のような生徒には教え甲斐があるよ。」

ララ「そうですか?」

ラベット「あぁ。君には本当に関心するよ。」

ララ「先生こそ、女子に人気みたいですよ。」












 



ラベット「この学校は若い男性教師が少ないからね。珍しがってるだけだよ。」

ララ「先生は彼女はいらっしゃらないんですか?」

ラベット「今はね。」

ララ「そうなんですか。」













 



ラベット「そうだ。去年の生徒が置いていった参考書があるんだけど、よかったら君にあげようか。」

ララ「え?いいんですか?」

ラベット「あぁ。卒業して置いていったのだから大丈夫だろう。いろいろ書き込みしてあるから、役に立つと思うよ。」

ララ「是非欲しいです。」












 



ラベット「旧校舎の方の資料室に置いてあるんだ。取ってくるよ。」

ララ「じゃあ私も一緒に。」

ラベット「そうか。じゃあ一緒に行こうか。」


二人は一緒に職員室を出た。













 



旧校舎にたどり着いた二人。
資料室の中に入っていく。












 



ラベット「君はそこで待っていてくれ。」

ララ「はい。」


ラベットが奥の部屋へ入っていった。












 



ララ「 (資料室ってはじめて入ったわ。) 」













 



ラベット「すまない、ちょっと見当たらないみたいだ・・・。」

ララ「え?」

ラベット「こっちに来て一緒に探してもらえるかな?」

ララ「はい。」












 



ララが奥の部屋へ入る。


背中でドアが閉まり鍵のかかる音が響く。


ララ「先生?」












 



振り向くとドアの前にラベットが立っている。


ラベット「いらっしゃい。ここは私の秘密の部屋だよ。」

ララ「え・・・?」












 



ラベット「たまにここで仮眠をとったりもしてるんだ。君もくつろぎたまえ。」

ララ「先生、参考書は・・・・。」

ラベット「参考書はただの餌だ。元々そんなものはない。」

ララ「え・・・・?」

ラベット「君には特別授業をしてあげるといってるんだよ。」












 



ドアノブを回すが鍵がかかって開かない。


ララ「なんで鍵を閉めたんですか?」

ラベット「特別授業だといったろ?」

ララ「でも私もう帰らないと。」

ラベット「その授業じゃないよ。」












 



ラベット「去年の生徒は従順でよかった。君は今年の生徒代表に選ばれたんだよ。」

ララ「なんの代表ですか?」

ラベット「いいからこっちにきて座りなさい。」












 



ララ「先生鍵を開けてください。」

ラベット「声を出しても無駄だよ。この校舎にはもう誰も入ってこないからね。」

ララ「先生・・・・こんなことしていいと思ってるんですか?」

ラベット「いいからしてるんだろう。君もいいかげん諦めなさい。」

ララ「・・・・。」

ラベット「そうか。君は強引なのが好きみたいだね。僕もそのほうが燃えるよ。」











 



ラベットが立ち上がる。


ララ「近寄らないで!」

ラベット「威勢がいいな。もっとおとなしい子かと思ってたよ。そういう意外なところも嫌いじゃない。」


ラベットがララの腕をつかみ強引にソファーに投げる。
男と女では力の差は歴然だ。












 



ラベット「ははっ。おびえた顔もかわいいよ、ララ。」

ララ「・・・・・。」


急に現実を思い知らされ、ララは声が出なくなる。


ラベット「さぁ、自分で服を脱ぎなさい。」

ララ「・・・・。」









 




ラベット「脱がせてほしいのか?まったく手間のかかる子だ。」





Comment

1. 無題
アイビーちゃん、まだ引きずっているのですね・・・。
分かるわあ・・・(´_`。)
初恋は忘れられないですもんね。
泣くな~、アイビーちゃん!
こっちまで心が痛くなる;;

そしてあの先生・・・やりやがったな!
止めろ!汚らわしい!!!
ローガン、助けて!(何故かローガンw)
この先生、退職してしまえ!!!!!!
2. (゚皿゚メ)
( ゚▽゚)/コンバンハ
2話まとめて拝見させていただきました!
うぬぬ・・・。
この先生最初っから怪しいと思ってたんだよ!!゛(`ヘ´#)
マジメぶってるのに限って変態なんだ!
ララ~~~危険が危ないw

こういうやつには天罰がくだるとイイですな!
3. Re:無題
>どーるぃさん

いつもありがとうございます(´∀`)
アイビーはなかなか忘れられないでいますね(´・ω・`)
一人になるとジーンのことばかり想ってしまうみたいです。
ラトのいうようになにかほかに夢中になれるものがみつかればいいんですけどね~。

そしてラベットw
とうとう手を出しましたね( ̄ー ̄)ニヤリ
過去にもやっていたようです。
ローガンですかw
昔は父親のシンが似たようなことしてたんですけどねwww
4. Re:(゚皿゚メ)
>もんぷちさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ラベットは目つきが怪しいですよね~w
たしかに、まじめな人ほど変態が多いかもしれないwww
危険が危ないwwww
こういう人はいつかかならず制裁が下ると思います。
5. 無題
ひぇぇ、ララのムチムチボディーがヤバイ!
ハッ!?
そう言えば近頃さりげなく前歩くためにララを待ってた感じがあるし、
ここでローガンが来る、きっと来る~!?
てかラベット気持ち悪いです…
一瞬かっこイイ先生来た!と思ってしまった…
でもやっぱり私は基本的にディーン推しなんですよね
いやでもローガンの過去の次第によってはあるいは…ブツブツ…
6. Re:無題
>タママさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ララはホントムチムチですよねw
体系から顔からすべてマリアに似たみたいです。
ローガンどうでしょうね~。
ディーンが帰るのを見送ってたのでひょっとしたら待ってるかもしれませんね(*´∀`*)
おお!
ラベットをかっこいいと(一瞬でも)思ってくださりありがとうございます(^ω^)
女子に人気なまじめそうな先生という設定だったのでなるべくイケメン、でもちょっと悪そうな感じに作ってみましたw
タママさんはやはりディーンですか(ノ´∀`*)
ローガンの過去はこれから出てまいりますのでしばらくお待ちください(←意外に引きのばす
7. 無題
こんにちわーvv!!
ぬおおおおお!!!!
ド変態教師ー!!!!
変態のポジション私と変われコラー!!(違うだろ)

アイビーがジーンを思い涙をホロリ…
なんて切ないんだ、、、うんうんラトちゃん達もいるし
これからは自分を磨いて沢山勉強して
笑顔でジーンを迎えてあげるんだよvv

ってローガンの意味深な顔が、、、
と思っていた矢先に変態教師は何をしとんねーん!!!

君は選ばれたんだよ、、、とか
やかましいわっ!!!
お前は何様目線やねんキイー!!!!
となっているSACHICOです。

おいおい、、、お前、、前の生徒とか、、
過去歴あるんかーい!!!
何しに学校来てんだよっ!!!
ララちゃん逃げてー!!!むしろ闘ってー!!!
  • 2012/06/02 13:36
  • SACHICO
  • URL
  • Edit
8. はじめまして
なで肩さんはじめまして!
みたらしと申します^^
ブログにコメントありがとうございました☆


こちらのブログって非公開コメントできますか??(ちなみに私はアメブロ会員じゃないです)
非公開コメントじゃないとパスワードを書き込めないんです>_<

一応こちらにパス申請についてさらっと書いてあるので貼っておきますね^^
http://mitarasisims2.blog.fc2.com/blog-category-11.html

  • 2012/06/02 16:22
  • mitarasi
  • URL
  • Edit
9. こちらこそ
こちらこそ色々とありがとうございました^^


無事DLできてよかったです☆
期待はずれだったらすみません。。


何はともあれ、これからよろしくお願いしますね♪


でわでわ^^
  • 2012/06/02 18:57
  • みたらし
  • URL
  • Edit
10. こんばんは^^
なで肩さんこんばんは^^
アイビーちゃん寂しくて会いたくて切ないですね・・・
ジーンくんも同じ思いかな・・・(´□`。)
そしてあの変態オヤジ!!
まじ気持ち悪い!!
でも教師の猥褻事件ってこういう感じなんでしょうね・・・
教師と言う立場を利用して汚い奴め・・・
ローガンくんが助けに来る事を祈ってます!!
12. Re:こちらこそ
>みたらしさん

コメントありがとうございます(´∀`)
さっそくDL品使わせていただきますね♪wktk
楽しみです\(^▽^)/
何度もお手数おかけしてすみません(;´Д`)
ありがとうございました(*´∀`*)
次回の更新も楽しみにしていますね!
13. Re:こんばんは^^
>ゆきさん

いつもありがとうございます(´∀`)
アイビーはまだまだふっきれないみたいですね(;´Д`)
ちょっとかわいそうですが・・・。
ジーンはどうなんでしょうね。
同じ思いだと思いたい。
でもそれどころじゃないかもしれないですね^^;

エロ教師から変態オヤジになっちゃったw
まぁ実際そうなんですけどねwww
ホント近年教育者の児童に対する事件が多発していますよね。
まぁ昔は表面化しなかったというのも多かったのかもしれませんが。
ララたちは高校生だからもう分別もわかるし拒否できる年頃だけど、小学生とかなにがよくてなにが悪いかもわからないですものね。

ローガン助けにきますかね~^^;
そのまま帰ってたりしてwww
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。