別れ



 



アイビーはジーンの家を訪ねた。
あれから一週間ジーンには会っていない。
玄関のチャイムを鳴らす。
家の中はとても静かで、人の気配はない。












 



アイビー「 (バイトかな・・・・。) 」













 



階段に座り込む。
風が冷たい。
アイビーは小さく体を縮めた。













 



ジーンが帰ってきたのは8時をすぎた頃だった。


アイビー「 (ジーン・・・。) 」


アイビーが立ち上がる。












 



ジーンが入り口に立っているアイビーの姿にようやく気づく。


ジーン「アイビー・・・?」

アイビー「おかえりなさい。」












 



ジーン「いつから待ってたんだ?寒かったろ?」

アイビー「どうしても話したくて・・・。」

ジーン「この辺治安悪いのに・・・・バカだな。」

アイビー「・・・・。」

ジーン「風邪ひくぞ。あったかいスープでも作るよ。」












 



鍵を開けて家の中に入る。


ジーン「体冷えただろ?暖房・・・。」

アイビー「ジーン。」











 



アイビーが後ろから抱きついた。


ジーン「アイビー・・・。」

アイビー「ジーン、私・・・・・ジーンの夢を応援する。」

ジーン「・・・・。」

アイビー「いつか絶対会えるって信じてる。」

ジーン「アイビー・・・・。」

アイビー「だから・・・・ジーンがニューヨークに発つ日までは彼女でいさせて?」











 



ジーン「そんなの・・・・当たり前だろ。お前は俺の彼女だよ。」

アイビー「ジーン・・・・ひとつだけお願いがあるの・・・・。」

ジーン「なに・・・・?」

アイビー「ジーン、私のこと・・・・愛してる?」

ジーン「・・・・愛してるよ。」

アイビー「じゃあ・・・・・私を・・・・・・抱いてくれる?」

ジーン「え・・・・?」

アイビー「私のヴァージン・・・・・・ジーンにあげたいの。」












 



ジーン「でも・・・・。」

アイビー「ジーンがいいの。ジーンじゃないといやなの・・・・。」

ジーン「アイビー・・・・。」

アイビー「ジーン愛してる。」

ジーン「俺も愛してるよ。」












 



二人の唇が重なる。
アイビーの唇は冷たく震えていた。
ジーンがぎゅっと抱きしめた。












 




寝室で服を脱いだ二人はベッドに座って向き合う。


アイビー「どうしたの?」

ジーン「なんか・・・・・お前に触れたら壊れそうで・・・・・。」

アイビー「大丈夫。私はそんなに弱くないよ。」

ジーン「うん・・・・。」












 



アイビーの頬にそっと触れる。


ジーン「冷たいな・・・。」

アイビー「あたためてくれる?」

ジーン「あぁ。」












 



ゆっくりとアイビーの体をベッドに押し倒した。
アイビーの上に覆いかぶさる。
ジーンの体はとても温かく、少し震えていた。


アイビー「ジーン・・・・愛してる。」

ジーン「俺も愛してる・・・・。」


二人の唇が重なった。












 






















 



それから二人はなるべく二人だけでいられる時間を作るようになった。
まるでなにもかも忘れるように。











 













 













 












 




























 



部屋でベッドに横たわり、ジーンは考え事をしていた。













 




なにかを決心したように立ち上がる。













 




携帯を取り出し、どこかへ電話をかける。













 



ジーン「もしもし。情報があるんですけど・・・・・。」













 






















 



卒業式も終わり、ジーンの旅立ちの日がやってきた。
アイビーはジーンの家に見送りに来ていた。













 




ジーン「じゃあな。」

アイビー「体に気をつけてね。」

ジーン「あぁ。お前もな。」

アイビー「勉強がんばってね。」

ジーン「うん。ありがと。」












 




ジーン「お前にもきっといつか、夢がみつかるよ。」

アイビー「うん。」

ジーン「アイビーなら大丈夫。俺は信じてるよ。」

アイビー「ジーン・・・・。」

ジーン「最後に・・・・キスしていいか?」

アイビー「でもお母さんが・・・。」

ジーン「母さんは気にしないよw」

アイビー「うん・・・。」












 



ジーンがアイビーの体を抱き寄せて唇を重ねる。












 



アイビーの目から涙がこぼれた。


ジーン「じゃあ、行くわ。」

アイビー「うん・・・。」


ジーンと母親のジェニファーが待たせていたタクシーに乗り込む。














 



二人を乗せたタクシーが遠ざかっていく。
アイビーは立ち尽くしたまま、車が見えなくなるまで見つめていた。













 



アイビー「 (ジーン・・・・・さよなら・・・・・・・。) 」













 




ジェニファー「アイビーちゃんも空港まで一緒にくればいいのにね。」

ジーン「そしたらよけい辛くなるだろ。いいんだよ。」












 



ジーン「 (絶対いつか・・・・・また会える・・・・・・・。) 」






Comment

1. 無題
こんばんわw
うわーん、アイビーちゃんのバージンが・・・;;
そしてついに別れ・・・悲しいですね;;
いつかまた会えるかなあ?・・・・。
そしてジーンさんは一体誰に電話したのか・・・・情報・・・・?
それはお楽しみにとっときます。
その前にラトちゃんとディーン君、ララちゃんとローガン君(になるのかな?w)の恋が気になるw
2. Re:無題
>どーるぃさん

いつもありがとうございます(´∀`)
アイビーは初恋の人にヴァージンを捧げましたね(*´ω`*)
そしてとうとう別れの日(;´Д`)
ジーンは誰に電話したんでしょうね~w
楽しみにしといてください(*´∀`*)
今回はアイビーたちにスポットをあてたのでラトもララも登場しませんでしたねw
次回からはみんな二年生になりますよ~\(^▽^)/
3. こんにちは^^
なで肩さんこんにちは^^
ついにお別れしてしまいましたね(´□`。)
アイビーちゃんも大好きな人に捧げた訳ですから、いつかまた再会すると信じたいですね!
しかし、ジーンくんが電話で情報って言ってたのが非常に気になるんですけど・・・
なんか怖い・・・
でも高校時代にここまで好きな人が出来るって羨ましいな~と思ってしまった私でした( ´艸`)
ほかの皆の恋の行方もまた楽しみですね♪♪
5. ナゾ
( ゚▽゚)/コンバンハ
切ないお別れでしたね( ノД`)シクシク…
でもなんか、1年があっという間でしたなww
コレでまたアイビーちゃんが一つ成長したんだと思います♪
イイ女になって欲しい(*´∇`*)

私としては他の2人の女子の恋の行方もすごく気になるので、今後もますます楽しみです( ̄▽ ̄) ニヤ

・・・そして、情報って??
みなさんもおっしゃってますがwwww
ジーンったら、最後の最後にナゾを残すとかwww
さすがです( ̄▽ ̄)
6. Re:こんにちは^^
>ゆきさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ついにお別れしました(T△T)
アイビーにとってはつらい別れでしたね~。
ジーンの電話はのちのちw
たしかにちょっと怪しいですよねwww
ティーンは青春まっしぐらですからね(*´ω`*)
恋にも一生懸命ですね♪
7. Re:こんばんは!
>*なつめ*さん

いつもありがとうございます(´∀`)
とうとうお別れしてしまいました~(T△T)
アイビーはえらかったですね。
ふたりっきりの間はずっと涙を我慢していましたが、最後にやっぱり泣いてしまいましたね。
メアリーの助言に助けられました。
ジーンの電話はのちのちわかりますw
いつか二人は会えるんでしょうかね~(;´Д`)
8. Re:ナゾ
>もんぷちさん

いつもありがとうございます(´∀`)
別れはせつないですね(T△T)
秋から春までは迅速でしたねwww
すいませんw
でもまだティーン編は続きます♪
アイビーは成長できたでしょうね(´∀`)
ララとラトの二人は今度どうなるかな~w

そしてジーンのなぞの電話w
みなさん気になってますねw
最後の最後にキーワード落としていきましたねw
これはまたのちに発覚しますのでお楽しみに(*´ω`*)
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。