スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 

 




秋が過ぎ、冬が近づいた冷たい雨の日。











 



アイビーはジーンの家にいた。
母親のジェニファーは仕事にでかけているので深夜にならないと帰ってこない。












 



アイビー「ねぇジーン?」

ジーン「なに?」

アイビー「いっつもキス止まりだよね?」

ジーン「え・・・?」












 



アイビー「それ以上進んでも・・・・いいんだよ?」

ジーン「・・・・・うん。」

アイビー「私のこと、大事に思ってくれてるの?」

ジーン「・・・・・アイビー。」











 



アイビー「うん?」

ジーン「お前に・・・・・言わなきゃいけないことがあるんだ。」

アイビー「なあに?」

ジーン「俺・・・・。」











 




ジーン「俺、卒業したら・・・・・ニューヨークに留学する。」

アイビー「え・・・・?」












 



ジーン「スタイリストになるのが夢だっていったろ。いろいろ考えたんだ。そしたら店長がプロになるならファッション留学してもっと世界をみたほうがいいって。」

アイビー「・・・・。」

ジーン「探したら奨学金も出る学校がニューヨークにあったんだ。」

アイビー「・・・・。」

ジーン「だから、そこ受けようと思ってる。」

アイビー「・・・・。」

ジーン「先生の推薦ももらえることになった。これ以上欠席しないでちゃんと学校来ることが条件だけど。」











 



ジーン「俺たちに遠距離は無理だ。お互いの負担になる。」

アイビー「え・・・・?」

ジーン「俺が卒業したら・・・・・・・別れよう。」

アイビー「・・・なに・・・言ってるの・・・・?」

ジーン「勝手でごめん。」

アイビー「・・・・。」

ジーン「アイビー・・・・。」

アイビー「・・・・。」











 


無言のままアイビーがすくっと立ち上がった。


ジーン「アイビー・・・?」


ふらふらと歩き出し、そのまま玄関へ向かう。


ジーン「ちょっと待って。」












 



ジーン「ちゃんと話したいんだ。」

アイビー「いやだ。私は聞きたくない。」

ジーン「アイビー、ごめん。でももう決めたんだ。」

アイビー「いやだよ!!」












 



アイビー「いやーーー!!」


アイビーが突然泣き叫ぶ。
ジーンが抱きしめるとジーンの体にしがみついた。


アイビー「うわーん!!!・・・・・いやだよぉ~・・・・・・。」

ジーン「アイビー・・・・ごめん・・・・・・・。」

アイビー「うわ~~~~ん。」












 



アイビーはいつまでも泣き続けていた。
駄々っ子の子供のように。
ジーンにはその小さな体を抱きしめてやることしかできなかった。













 




元気のないアイビーを心配して、放課後ララとラトーシャがアイビーの家に集まった。


ラトーシャ「目がすごい腫れてるし、泣き疲れた顔してるよ。」

ララ「ジーンさんのこと・・・?」









 




アイビー「・・・・・・・留学するって。」

ラトーシャ「どこに?」

アイビー「ニューヨーク・・・・。」

ラトーシャ「そりゃまた遠いね。」

ララ「でも別に海外ってだけで、今じゃネットもあるんだしいつでも・・・。」











 





アイビー「卒業したら別れるって。」

ララ「え・・・?」

アイビー「遠距離は無理だから・・・・。」

ラトーシャ「それは・・・・・つらいね。」

ララ「・・・・・。」

アイビー「私は絶対別れたくない・・・。」

ラトーシャ「そうだよね・・・。」

アイビー「でもお互いの負担になるって・・・・・・。そんなの・・・・・別に平気なのに。」

ララ「・・・・。」

アイビー「ただでさえ遠いのに・・・・別れるなんてやだ。私も向こうの学校に・・・・。」












 



急にララが立ち上がった。


ラトーシャ「ララ・・・?」













 



ララがアイビーの前に立つ。


アイビー「・・・・。」

ララ「あんた・・・・好きな人の夢を壊したいの?」

アイビー「え・・・・?」

ララ「負担になるって言ってるのがわからないの?真剣に夢にむかって進みたいのよ!」












 



ララ「それがなに?全部自分のわがままじゃない!」

ラトーシャ「ララ。」

ララ「好きな人の夢を応援するのが彼女の役目でしょ?!好きなら応援して笑顔で見送ってあげなさいよ!!」

アイビー「・・・・。」

ララ「甘えるんじゃないわよ!!あんたどんだけいままで大事にされてきたかわかってないの?!いままで付き合えただけ幸せだと思いなさいよ!!」


ラトーシャ「ララ!」












 



ラトーシャが立ち上がり、ララに平手を食わせる。


アイビー「!」


アイビーも思わず立ち上がった。












 



ララ「うっ・・・・うわ~ん。」


ララが泣き出す。


アイビー「ララ・・・。」












  




ラトーシャが泣いているララの体を抱きしめた。


ラトーシャ「殴ってごめんね。あんたの気持ちはわかるけど、あたしたちには口出しする権利ないんだよ。これはアイビーとジーン先輩の問題なんだから・・・。」

ララ「ううっ・・・・・。」


ララがラトーシャの肩に顔をうずめて泣き続ける。
ラトーシャがやさしくララの背中をなでた。












 




アイビー「うっ・・・・・・え~ん。」

ラトーシャ「ちょ・・・なんであんたも泣くのよ。」

アイビー「だって~・・・・ごめんなさぁい。」

ラトーシャ「ぷっ。ホント二人とも・・・・バカなんだから・・・・。」













 




数日後、学校が終わったアイビーがアンダーソン家を訪ねた。
玄関のチャイムを鳴らすとソロモンが出てくる。


ソロモン「おー、アイビーじゃん。久しぶり。」

アイビー「ソロモン兄ちゃん、こんにちは。」












 




ソロモン「お袋に用事?」

アイビー「うん・・・・。メアリー伯母さんいる?」

ソロモン「いま親父と二人ででかけてるんだ。もうすぐ帰ってくるはずだから、入って待ってなよ。」

アイビー「うん。ありがとう。」

ソロモン「コーヒー飲むか?」

アイビー「うん。」












 



ソロモンがアイビーのためにコーヒーを淹れた。


アイビー「ありがとう。」

ソロモン「懐かしいな、その制服。」

アイビー「ソロモン兄ちゃん、卒業して何年?」

ソロモン「今年25だからもう7年か。はえぇなw」

アイビー「バンドやってるんだよね?」

ソロモン「あぁ。なかなか芽が出ないんだけどな~w 親父やお袋みたいにはうまくはいかないみたいだw」











 



玄関のドアが開いて伯父のプロトと伯母のメアリーケイトが入ってきた。


プロト「ただいま~。」

ソロモン「おかえり。」

アイビー「プロト伯父さん、こんにちは。」

プロト「お~、アイビーちゃんいらっしゃい。」












 




メアリーケイト「あらアイビー、久しぶりね。」

アイビー「メアリー伯母さん、お帰りなさい。お邪魔してます。」

ソロモン「思ったより早かったな。」

プロト「もしかしてずっと待ってたのか?」

アイビー「ううん。さっき来たばっかり。」










 



ソロモン「お袋に会いに来たんだって。」

メアリーケイト「あら、そうなの。」

ソロモン「じゃあ俺はそろそろバイトの時間だから行ってくるわ。」

プロト「いってらっしゃい。」

アイビー「いってらっしゃい。ソロモン兄ちゃんコーヒーありがとう。」

ソロモン「おう。ゆっくりしていきなよ。」












 



メアリーケイトがアイビーを連れて裏庭のテラスへやってきた。
メアリーケイトはアイビーの母、クレアの姉にあたる。
双子の妹で次女だが、アイビーにとっては昔からなんでも話せる姉のような存在だった。
悩み事があるといつもメアリーケイトに話を聞いてもらうのが当たり前になっていた。











 



メアリーケイト「なんだか思いつめた顔をしてるわね。」

アイビー「あのね、伯母さん。」

メアリーケイト「うん?」












 




アイビー「伯母さんがプロト伯父さんと出会ったのは高校のときだよね?」

メアリーケイト「そうだったわね。」

アイビー「その頃から伯父さんはミュージシャンを目指してた?」

メアリーケイト「そういえばそうだったかな。ギターは一番うまかったね。」











 




アイビー「その頃もし伯父さんが、海外に音楽留学するって言ってたら・・・伯母さんはどうした?」

メアリーケイト「海外に留学ねぇ・・・。う~ん、私も同じ道を目指してるからねぇ。一緒に行ってたかもしれないわね。」

アイビー「もし伯母さんがミュージシャンを目指してなくて、年も伯父さんより下だったら?」

メアリーケイト「そうね~・・・・、それなら送り出してあげるかな。」











 



アイビー「もう一生会えないかもしれなくても?」

メアリーケイト「一生?」

アイビー「うん。海外に行く前に別れようって言われたら・・・・どうする?」

メアリーケイト「う~ん・・・・・それでも送り出すかな~。」

アイビー「・・・・。」












 




メアリーケイト「好きな人の幸せが自分の幸せだからね。応援してあげようって思うわね。」

アイビー「好きな人の幸せ・・・。」

メアリーケイト「でもハイさよならなんてちょっと寂しいじゃない?だから私なりに彼に近づけるように努力はするねきっと。」

アイビー「・・・・。」

メアリーケイト「いつかどんな形かはわからないけど、会えることを信じて、いま自分にできる精一杯のことをするかな。」











 
 
 



メアリーケイト「それに留学まではまだ時間があるんでしょう?その間の貴重な時間を大事にするわね。」

アイビー「・・・・。」

メアリーケイト「もうこれ以上思い残すことがないって思うくらい、あとで後悔しないくらいに、二人の時間をめいいっぱい楽しむ!」

アイビー「・・・・。」

メアリーケイト「思い出作り、っていうとちょっと悲しいかもしれないけど、あとで後悔するよりはいいと思うわ。」











 
 


メアリーケイト「後悔しないようにしなさい。あなたにできることを。やりたいようにやりなさい。」

アイビー「・・・・。」

メアリーケイト「でも彼の前では悲しい顔は見せちゃだめよ。あんたの悲しい顔を見たら、彼も負い目を感じちゃうかもしれないからね。」

アイビー「・・・・うん。」

メアリーケイト「さみしいときはいつでも会いにおいで。私はいつだってあんたの味方だからね。」

アイビー「・・・・・・・・うん。」






 

Comment

1. 無題
おぉぉぉぉぉぃ!!!!ジーンさん!!!!!
気持ちはわかるけど、泣いてしまった私←
アイビーちゃん、辛いのわかるけど、ジーンさんを待ってあげよう;;
その前にジーンさんも「待ってくれw」とか言えwww
2. 無題
こんばんは(^O^)/
もし私だったら・・・なんて思いながら読みました。
遠距離恋愛は難しいですかねぇ・・・。
きっとジーンくんの方がしんどくなっちゃうんだろうな。
新しい環境でやってくのって大変だものね。
しかし、頭では分かっていても心がついていけないよね(ノω・、)
久々登場のメアリーちゃんがすっかりおばさんになっとるw
でも、さすがだよね。
アドバイスが適切な気がします!
3. 無題
こんにちわーvv
今日も楽しみにしていましたvv♪

ふおおおお!!遠距離っすかー!!
うん、、ジーン、、本当に真面目な子だ、、
夢に向かって一直線
アイビーちゃんとの事も傷ものにする事なく別れようって言う誠意の気持ちなんでしょうかね、、

アイビーちゃんもそうだよねぇ、、、
こんなに好きなんだから「分かった行ってらっしゃいv」とはスッと出てこないですよね(~_~;)

そしてビンタするララちゃん
有難うと言いたい「これ以上なにを望むのよ!!贅沢女ー!!」
みたいな感じですよねぇ
しかし数秒も立たずにラトちゃんにビンタされる(笑)
意外とララちゃんって泣き虫vv

あああ久々のプロトメアリ夫婦ーvv
安定のメアリーケイトさんですね!!vv
母のクレアに聞かずにあえて母の姉に聞くって言うのがまたvv♪
良い人選だとvvエリザさんもそこに飛んでってメアリ姉さんに助言をして頂きたいくらいですな

さあ、、アイビーちゃんたちがどうなるのかvv
しかしそれ以上にローガンの今後も気になりますvv
  • 2012/05/27 22:45
  • SACHICO
  • URL
  • Edit
4. こんばんは☆彡
そっか…そういうことか…。
ジーン君にも夢があるし、アイビーちゃんのことも好きだからこその苦渋の選択ですよね(´・ω・`)
しかしこれはツライ…(TωT)
彼なりの優しさだとしてもつらいですよ…。
これはアイビーちゃんでも「うんわかった!がんばって!」ってすんなり行かないですよね(-。-;)
でもなんだかアイビーちゃんの両親のこととかぶるなぁ。
Jさんも気持ちを抑えてクレアちゃんが渡米するときに涙を飲んでますよね。
年齢差とか違いますけどオーバーラップしてしまいました。
この二人もこれで終わりってことにはならないと信じてます(TωT)
ララちゃんは振られたってこともあるけども、ちょっとジェラシーこもった対応な感じですね(;^_^A
女心は複雑ですよねw
でもすかさずラトちゃんからビンタされたww
それであっさり泣いちゃうのが結構カワイイなと思った私です(*^.^*)
そして久々のメアリちゃんとプロト君キター!!
お二人とも落ち着いた雰囲気を出してますがやはりお変わりなく美男美女ですね(´∀`)
あとやはりメアリさんが頼りがいある姉御肌で相談されるっていう役割が変ってなくて安心です♪
もちろん口調は年齢を重ねた感じで違うんですが、さすがだなというアドバイスですね(・∀・)
これでアイビーちゃんの心も落ち着いたかなぁ。
いやぁでも…どうなるんだろうか。
展開を楽しみにしております(^-^)/
5. Re:無題
>どーるぃさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ジーンにとっても苦渋の決断だったと思います><
私もなにげに涙目になりながら書いていました(←こんなの初だ
待つ・・・っていうのもねぇ・・・。
卒業したら帰ってくるっていう保障はないんですよね~^^;
むしろハリウッドとかで仕事したほうがジーンには勉強になるし。
なのでジーンも「待ってくれ」とは言えないんですよね~。
6. Re:無題
>あんこさん

いつもありがとうございます(´∀`)
遠距離は難しいですね~。
しかも海の向こう。
ジーンはこれから夢にむかってがんばりたいし、恋愛は負担なんでしょうね。
それに卒業しても帰ってくる保障はないですし。

久々にメアリー登場しましたね(*´ω`*)
なるべく親たちも出してあげたかったので、プロト夫妻にはこういった形で今回登場させました♪
7. Re:無題
>SACHICOさん

いつもありがとうございます(´∀`)
遠距離も遠距離、海のずっと向こうでしたね(´・ω・`)
ジーンはホントまじめですね。
そして頑固。
いままでアイビーに手を出さなかったのも、彼なりの誠意なんですよね。
アイビーにとっては急すぎて素直には受け入れられないですよね。

ララは泣き虫ですねw
この子も結構まっすぐというか。
「私だって好きだったんだから!」というようなせりふを言いたかったけどギリギリ飲み込みましたね。
ラトも言わせなかったし。
でも二人ともそれっぽいニュアンスのことを言ってるので、もしかしたらアイビーはそれとなく気づいたかもしれません( ̄ー ̄)ニヤリ

そして久々のプロト夫妻登場です\(^▽^)/
一応なるべく親たちも出してあげたかったので、プロトたちは出番遅くなりましたがようやく登場しました♪
メアリーは今は作詞家ですが、ミュージシャンだし若い子の気持ちがわかると思うんですよね。
それに性格がサバサバしていてアイビーも心を開きやすいんでしょうね(^ω^)
実の母親にはなんでも素直に相談・・・ってちょっとむずかしいですよねw
エリザさんもぜひいらっしゃ~いw
メアリーだったら「ばかじゃないの?」って怒鳴りそうですw

ローガンはもうちょい先になりそうですwww
しばしお待ちを(^ω^)
8. Re:こんばんは☆彡
>ひめめさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ジーンにとっては本当に苦渋の選択ですよね。
アイビーは甘えん坊だし、遠距離は絶対無理だろうし、これからはじめての土地でがんばるためには負担にしかならない。
それに離れているのにお互い縛りあうのもジーンは好きじゃないだろうし。
たしかにクレアたちのときとちょっとかぶりますね~w
でもクレアたちのときは周りに共通の友達がたくさんいたし、いつかはまた会える境遇なんですよね。
でもジーンは海外行ってしまうといつ帰ってくるかもわからないし、そのままむこうで仕事もありえる。
本当の別れになる予感がしてアイビーは怖いんですよね~。

ララはジェラシーはいってますね。
もうこのままぶっちゃけようかとも考えたんですが、ラトが止めましたね。
二人とも微妙にそれっぽいことを言ってるので、内心アイビーも気づいたかもしれませんw
ララはよく泣きますねwww
ビンタはちょっとかわいそうかなと思っちゃいましたw

そしてプロト夫婦登場です\(^▽^)/
メアリーはあいかわらずの立ち位置です(*´∀`*)
ようやく出せて満足ですw
9. 全員が主人公
メアリーケイトキタァ!
相変わらずお美しいです、プロトもステキ♪
そっか、ジーン留学するんですねぇ・・・明確な夢があるのならそれも当たり前か;
実際この年齢で遠距離でお互い見えない約束で縛りあうより
Jとクレアのように運命に任せてみるのがいいのかなぁ><

マリアもそうでしたけど、ララは相手がどこを見てても一途なんですよね。
自分の感情の持って行き場がなさそうで思わず感情移入してしまいます・・・
ローガンもこんな捻くれた考え方になるに至るまでにそれなりの過去がありそうだし、
孤独な一匹狼気質好きのタママは気になってたまりませんw
10. こんにちは♪
2人とも切ないです。

別れるくらいなら、遠距離なんて気にならないというアイビーちゃんと、夢の為に、アイビーちゃんに負担をかけないよう、好きだけど、別れる道を選んだジーンくん。どっちも辛いですよ…。ララちゃんは、私だって、好きだったけど、振られたっていってるような物ですよね…。そこで、ラトちゃんが、叩いてしまったけど、興奮するララちゃんを諭して…すごい出来過ぎだ子、こんな役目ができる女子高生はなかなかいない!ラトちゃん、しつこいけど、ますます好きになっちゃいました♪アイビーとメアリーとのやり取りもいいですよね(o^∀^o)このやり取り見て、ラトちゃん、顔はイブさんそっくりだけど、タイプはメアリーさんに近いものがありますね(*^o^*)


ローガンの過去も見たい!!ラトちゃんに言われた、目の奥が寂しそうなワケを早く知りたいです!!!

全員の今後が楽しみです♪
11. こんばんは^^
なで肩さんこんばんは^^
なるほど、こういう事があったからジーンくんは焦っていたんですね。
別れたくないアイビーちゃんの気持ちも、ララちゃんラトちゃん、皆の言い分が全部分かるからこれは本当に辛いですね・・・
そしてメアリーさんがカッコいいですね!!
同年代の友達に言われるとどうしても感情的になってしまう所もあるでしょうけど、大人のメアリーさんにアドバイスされてまたアイビーちゃんの気持ちも落ち着くかな・・・
若いから一緒にいたいという気持ちが優先してしまって、一番難しい年頃ですしね・・・
苦しいですね。
13. Re:全員が主人公
>タママさん

いつもありがとうございます(´∀`)
メアリーとプロト久しぶりに登場しました\(^▽^)/
ジーンは留学を決めましたね。
まじめでまっすぐだけど頑固なので一度決めたらなかなか曲げない性格です。
二人はまだ若いし、遠距離で縛りあうよりはたしかに運命に任せたほうがいいですよね。
クレアたちのように会える確立は高くないんですけどね~^^;

ララも意外に一途ですねw
そういうとこはマリア似ですね(*´ω`*)
タママさんは孤独な一匹狼が好きなのですね(ノ´∀`*)
まさにローガンw
ローガンの過去はもうしばらくすると登場しますのでしばしお待ちください(^ω^)
14. Re:こんにちは♪
>*なつめ*さん

いつもありがとうございます(´∀`)
アイビーにとってもつらいですよね。
いきなり会えなくなるうえに別れるなんて。
でもジーンにとっても苦渋の選択なんですよね。
ララは微妙に好きだってことをほのめかしてますよねw
ラトが言わせなかったんですけどね。
でも二人とも微妙にそんなニュアンスのことを言ってるのでアイビーは気づいたかもしれません( ̄ー ̄)ニヤリ
ラト気に入っていただけて嬉しいです(ノ´∀`*)
そうそう、大雑把に分けるとラトはメアリータイプなんですよ~。
アイビーは子供っぽいところがやっぱりクレアなのかな~って感じもしますw

ローガンの過去みなさん気になってますね(;^ω^)
もうしばらくお待ちください~www
15. Re:こんばんは^^
>ゆきさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ジーンの時間がないはこういう意味だったんですよね~。
みんなそれぞれ辛さを抱えていますね^^;
メアリーは昔と全然変わってませんねw
ちょっとしわが増えたくらいでw
アイビーは子供のころからメアリーによく相談したりしてたので、メアリーの説得でいろいろ考えさせられたでしょうね~。
周りに何でも相談できる大人がいるって心強いですよね。
若いとどうしても自分の気持ちが先行してしまいますからね><
16. Re:ジーン君の優しさ
>もんぷちさん

いつもありがとうございます(´∀`)
やっぱりこういう展開でした~(;´Д`)
「待ってて」は言えないですよね~><
ジーンにとっては卒業して帰ってくるよりそのまま向こうで仕事して修行積んだほうがプロになる道は近いですし、そうなるといつ帰ってくるかの保障はありませんからね・・・。
お互いを縛らないのも潔さ、ですね。
ジーンにとっても苦渋の決断でしたね。
遠距離はアイビーの性格じゃちょっと無理ですね~^^;
末っ子の甘えん坊ですからね・・・。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。