スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喧嘩




 
 


休日、ララはラトーシャの家に遊びに来ていた。











 



ララ「この間のキャンプのときにね。」

ラトーシャ「うん。」

ララ「ローガンに・・・・キスされちゃったの。」

ラトーシャ「え?なんでローガン?」











 



ララ「ローガン、なにかといちいち私に突っかかってくるのよね。最初はむかつくやつだと思ってたけど、もしかして私のこと好きなのかしら?」

ラトーシャ「・・・なんでそういう流れになったの?(結局自慢?) 」

ララ「それは・・・・アイビーたちのキスしてるところをみちゃって・・・・。」

ラトーシャ「?」












 



ララ「ローガンが怒り出して・・・。」

ラトーシャ「怒ってるのにキス?意味わかんないんだけど・・・。」

ララ「・・・・。」

ラトーシャ「ララ、あんたジーン先輩のこと好きなんじゃないの?」

ララ「え・・・・?」












 



ラトーシャ「ローガンはそれを知ってて怒ったんじゃないの?」

ララ「・・・・・。」

ラトーシャ「ララ、あたしからも言うけど・・・アイビーはあたしたちの親友だよね?」

ララ「・・・・当たり前じゃない。」

ラトーシャ「そのアイビーの彼氏をとるようなことだけは、してほしくないよ。」










 




ララ「わかってるわよ。」

ラトーシャ「わかってればいいけど・・・・。」

ララ「私だって別にアイビーから奪おうなんて考えてないわよ。」

ラトーシャ「そうかもしれないけどさ・・・。結構長い間ララも好きみたいだったから・・・。」

ララ「私はとっくに振られたわよ!」

ラトーシャ「え・・・・?」










 



ララ「だけどそんな簡単に忘れられるわけないでしょ!私だって始めて人を好きになったんだから!」

ラトーシャ「・・・・。」

ララ「なによ!ラトだってずっと告白もできないくせに。私に指図しないで!」











 


ララ「帰る!」

ラトーシャ「・・・・。」


ララが立ち上がり部屋を出て行く。












 



ラトーシャ「・・・・なんなの?むかつく・・・・。」












 



翌日。
休み時間になるとおしゃべりに夢中なララとラトーシャが全く口をきこうとしない。
さすがのアイビーも異変に気づき、本を読むのをやめた。


アイビー「ねぇ。」












 




アイビー「二人ともなんか今日変だよ?」

ラトーシャ「別に普通だよ。」

アイビー「喧嘩でもしたの?」












 



ラトーシャ「してない。」

アイビー「ホントに?」

ラトーシャ「ホントに。」












 



アイビー「ララ・・・ホント?」

ララ「えぇ。別になんでもないわよ。」

アイビー「・・・・・。」












 



放課後、アイビーはララを食堂に誘った。












 



アイビー「昨日ラトとなにかあったの?」

ララ「べつになにもないわ。」

アイビー「絶対うそ。今日二人がしゃべってるの一回もみてないよ。」

ララ「・・・・。」












 



ララ「ホントは喧嘩しちゃったのよ・・・。」

アイビー「やっぱり・・・・。」

ララ「心配かけてごめんね。」

アイビー「ラトにきついこと言われたの?」

ララ「ううん・・・・。悪いのは私なの。」












 



アイビー「私は早く二人に元通りになってほしい。」

ララ「そうよね・・・。」

アイビー「でもきっと、喧嘩の内容も二人の問題だと思うから、私はこれ以上なにも言わないでおくね。」

ララ「・・・・ありがとう。」












 



ララ「これからラトの家に行って謝ってくるわ。」

アイビー「ホント?よかった。」












 



ラトーシャの家にたどり着いたララ。
玄関のチャイムを鳴らすとドアが開いて母親のイブが出てきた。


ララ「こんにちはおばさま。」

イブ「あら、ララちゃんじゃない。ラトに用?」

ララ「はい。ラトいますか?」

イブ「いるわよ。ラト~!ララちゃんよ!」


イブが二階に向かってよびかけるとラトーシャが降りてきた。












 




ラトーシャ「なに?」

ララ「ラト・・・・・昨日はごめんなさい。」












 



ララ「私、よけいなこと言っちゃったわね。ラトが告白するかしないかなんて、私には口出しするようなことじゃないのに。」

ラトーシャ「・・・・。」

ララ「ごめんね。」

ラトーシャ「私も・・・・言い過ぎた。ごめん。」












 



ラトーシャ「あんたがジーン先輩のこと好きなのはずっと前から気になってたんだ。でもララはなにも言わないから黙ってた。」

ララ「そうだったんだ・・・?」

ラトーシャ「振られたって・・・ホント?」

ララ「えぇ・・・・。アイビーが大事だからって。でも私別にアイビーから奪おうなんて考えて告白したわけじゃないのよ?」

ラトーシャ「うん。わかってる。」












 



ララ「でも、やっぱりまだなかなか忘れられない。難しいわよね・・・・。」

ラトーシャ「そうだよね。」

ララ「でも私、これ以上ジーンさんをなんとかしようなんて思ってないわ。アイビーのことも、幸せになってほしいと思ってるし。」

ラトーシャ「うん。ララ・・・・つらかったね。」

ララ「・・・・うん。」












 



ラトーシャがララを抱きしめる。


ラトーシャ「誰にも言えなくて苦しんだでしょう?ごめんね。」

ララ「ううん。もう大丈夫。ありがとうラト。」

ラトーシャ「ララ、大好きだよ。」

ララ「私も大好きよ。」













 



翌日、ラトーシャはローガンの家を訪ねた。
玄関の前にやってくるとちょうどドアが開く。


リア「じゃあまたねローガン。」

ローガン「あぁ。またな。」

リア「!」











 





リア「あなたもローガンのSF?ローガン同じ学校には作らないって言ってたのに。」

ラトーシャ「は?」

リア「ふぅ~ん。」


リアがラトーシャの体をなめるように眺める。














 



リア「ふふっ。(リアのほうが断然かわいいわ。ローガン妥協しちゃったのかしら。) 」

ラトーシャ「 (なにこいつ・・・。) 」












 



リア「今日はもう使用済みよ。それでもよければどうぞ~。じゃあね♪」

ラトーシャ「・・・・。」












 



ローガン「よぉ。珍しいな。」

ラトーシャ「あんたに用があって。」












 



ローガン「なんだ?」

ラトーシャ「ちょっと。」

ローガン「上がれよ。」












 



ローガンの部屋に通された。


ラトーシャ「あんたんち、結構お金持ちなんだね。」

ローガン「そうでもねぇよ。部長だとこれくらいだろ?」

ラトーシャ「へぇ~・・・。」











 



ローガン「んで?話ってなに?」

ラトーシャ「単刀直入に聞くけど、ララのことどう思ってんの?」

ローガン「ずいぶん単刀直入だな。」

ラトーシャ「キスしたって聞いたよ。」

ローガン「それがなに?」












 




ラトーシャ「ララのこと好きなの?」

ローガン「まさか。」

ラトーシャ「じゃあからかっただけ?」

ローガン「そうだな。」

ラトーシャ「じゃあアイビーのことが好きなの?」

ローガン「は?なんでそうなるんだ?」

ラトーシャ「どっちが好きなの?」











 



ローガン「どっちも好きじゃねぇよ。」

ラトーシャ「・・・・?」

ローガン「女ってすぐ恋愛に結びつけたがるよな。」

ラトーシャ「・・・・。」

ローガン「ばかばかしい。好きじゃなくても誰でもキスはできるって証明しただけだよ。」

ラトーシャ「なにそれ・・・・。」












 



ローガン「俺ああいうのダメなんだ。恋してる自分に酔っちゃってさ。」

ラトーシャ「・・・・。」

ローガン「恋なんて結局自分の思い込みだろ。妄想激しすぎんだよ。」

ラトーシャ「だいたいわかった。」












 



ラトーシャ「興味ないならあたしの親友にこれ以上手出さないでね。じゃ。」

ローガン「ちょっと待てよ。」












 



ドアの前にローガンが立ちふさがる。


ローガン「もう帰るの?」

ラトーシャ「そこどいて。」

ローガン「別にお前でもいいぜ?」

ラトーシャ「は?」

ローガン「ヴァージン捨てたいならいつでも相手するよ?」












 



ラトーシャ「あたしに指一本触れたらタマ蹴りつぶすわよ。」

ローガン「ぷっ。勇ましいな。」

ラトーシャ「うち兄貴が3人もいるから。護身術はしっかり身につけてるんだからね。」












 



ローガン「おーこわw」


ローガンがドアから手を離す。












 



ラトーシャ「あんた・・・・目の奥が寂しそうだよ。」

ローガン「は?」

ラトーシャ「好きな人、できるといいね。」

ローガン「なに言ってんだ?」











 



ラトーシャ「お邪魔しました。また学校でね。」


ラトーシャが部屋を出て行く。












 



ローガン「寂しいのはお前らだろ・・・。」




Comment

1. 無題
こんばんわw
ラトちゃんとララちゃんがケンカする所、始めてみました;;
でも仲直りしたんだね―wよかったw
ララちゃん、君はいい奴だったんだね;;感動したゼ、マジでw
早く吹っ切れるといいね(°∀°)b
うぉぉぉぉい!ローガン君!!!!
やっぱり過去に何かあるんですね!!!!
でもやっぱりSFは駄目だよ―!後から怖いんだから;;
恋パワー馬鹿にすんなwwwwwwww
2. 無題
おはようございます!
昨日のにもコメントしようと思ったけど、いっぱいだったから・・・。
ララちゃんとラトちゃんが喧嘩するとは思いませんでした( ´ω`)
でも仲直り出来てよかった♪
ララちゃんは意外と素直だし、ラトちゃんは気ィ使い屋さんなんですね~
二人が抱き合うところでちょっとウルウル・・・
ローガンくんは相変わらずS○X三昧ですかヽ(`Д´)ノ
本当に寂しいヤツだ!
早く本当の恋をしてほしいものですね!
3. 女の子同士
こんにちは!
おぉおおお・・・・
ケンカにビックリでしたが、仲直りのシーンはウルっと来てしまいましたよ(TωT)ウルウル
女の子同士、かわいいなぁ。
こういう親友ってイイですよね~
そしてラトちゃんやっぱりかわぇぇのぅw
ローガン君ところへ乗り込んでいく辺り姉御肌でカッコいいしw

そしてローガン君、パパも更生(?)したんだから君も頑張ってくれ( ̄▽ ̄)
4. こんにちは♪
ララちゃんとラトちゃんのケンカ、リアルでありますよね~こういうの。
本当に毎回リアリティがあっておもしろい!
ちゃんとララちゃんが謝りに行くっていうのがかわいくて、女同士の友情復活のハグがすごく感動的でした(´∀`)
それに何よりラトちゃんがローガン君家に乗り込んでいくってのがかっこいい!
益々ラトちゃんが好きになってきましたよ~(・∀・)
気になるのはローガン君の目の奥にある寂しさですね…。
このあたり私も気になっているので続きを楽しみにしております♪
5. 無題
こんにちわーvv

今回も楽しく拝読させて頂きましたvv
もうこれが毎日の楽しみなもんでねvvデヘヘ

ラトちゃん、、、
あんた良い子やぁ~vv
ララちゃんと喧嘩もしてしまいましたね
ラトちゃんが言う事ももっともだし、ララちゃんの気持ちも仕方ないんですよね

好きになってしまった人が親友の彼で
思いを伝えようかどうかって時には先を越されて乗り遅れた状態になってたようなもんですもんね、、、

そして問題のローガン(笑)
ラトちゃんに「なんでローガン?」と言われた所で
「なぜかローガン」と言うしかないよな、、いきなりされたんだもん、、、(笑)

女の友情は薄っぺらいと思いきや
仲直りvv良かった~vv
こんな事で2人の友情は崩れないのね!!vv

しかもローガンに真意を確かめに行くラトちゃん

ってキター!!!ウフレギャル1号リア嬢ー!!
なーにがリアのが可愛いだよチクショー
ちゃんちゃら可笑しいんだよペッ!!!
「使用済みよ~」ってイコールお前も使用後って事だろうが!!キイー!!><


ああああっていうか!!
ローガン!!本性出し始めたらアカンて!!
折角面倒を避ける為に他校のウフレを作っていたんだから!

でも彼としては女の薄っぺらい乙女心に嫌気がさしていたんでしょうね、、
しかしそれ以上にカッコいいラトちゃん!!!vv
でもラトちゃんだって女の子だもん、、本心はちょっと怖かったよね、、おおおよく頑張った><

いつかローガン無双を期待しつつ
また次回も楽しみにしていますvvv
  • 2012/05/27 13:40
  • SACHICO
  • URL
  • Edit
6. こんにちは^^
なで肩さんこんにちは^^
ララちゃんとラトちゃん喧嘩になってしまいましたねw
この年頃の子の恋の悩みでは、こういう事も多々ありそうですよね~( ´艸`)
お互い、自分の気持ちを言わなくても分かり合っちゃうって言う・・・
さすが親友なので、仲直りする姿が微笑ましかったし、2人の絆もさらに強くなったんではないでしょうかね( ´艸`)
そしてローガンくんの所に乗り込んでいくラトちゃんカッコいいなー!!
さすがのローガンくんも若干タジタジって感じでしたね!!
女の体でしか自分を満たす事が出来ないんだから哀れな男よのう・・・( ̄_ ̄ i)
そうやって女を見下し、否定することで何かを保っているんでしょうね・・・
8. Re:無題
>あんこさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ララとラトは初喧嘩ですねw
ララは悪い子じゃないんですよね~。
アイビーのことを考えるとぐいぐいいけないし、でも忘れられなくて切ないっていう。
ラトは相手の気持ちを考えられる子なので気使い屋さんですね(^ω^)
ウルウルありがとうございます(*´∀`*)
ローガンは体の関係で寂しさを紛らわせているのかもしれないですね。
本当の恋、いつできるんでしょうかw
9. Re:女の子同士
>もんぷちさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ウルっときていただいてありがとうございます(*´∀`*)
女子に喧嘩は付き物ですよね~w
お互いいいたいことを言い合える中は大事。
ラトは株がうなぎのぼりですねwww
ティーンに成長した直後はあの顔で若干心配したんですがw
ローガンの更生は・・・なかなか難しそうです(^ω^;)
10. Re:こんにちは♪
>ひめめさん

いつもありがとうございます(´∀`)
女子に喧嘩はつきものですもんね~w
どっちの気持ちもわかるし^^;
お褒めのお言葉ありがとうございます(T△T)
とってもうれしいです\(^▽^)/
家に謝りに行くって結構勇気いりますよねw
ラトはどんどん株があがっておりますね(*´∀`*)
ローガンの寂しさがいったいなんなのか、今後出てきますのでしばしお待ちください(ノ´∀`*)
11. Re:無題
>SACHICOさん

いつもありがとうございます(´∀`)
楽しみにしていただけてありがとうございます(*´∀`*)
ララのせつない気持ちもわかりますよね~。
気になりだしたと思ったら親友とできちゃったし。
そして走り出したら急には止まれないw
ラトの心配もわかるし。
喧嘩はしましたがあっさり仲直りできてよかったです♪

ウフレギャル1号wwwww
リアにピッタリのお言葉wwww
リアの名前はサイコロで決めたんですが、この子にピッタリな感じなんですよねw
ラトがSFって勘違いしてますが、一番ありえない子ですよねw
ラトも本心は若干びびってたでしょうね( ̄ー ̄)ニヤリ
ヴァージンの子にいきなりあれはこわいですよねw
しかもいままでとローガンの印象も変わったはずだし。
ローガンはべつに隠すつもりはないんですよね~。
両親にはさすがに隠してますが、同校でセフレ作らないのはめんどうなことを避けるためであって、噂が広まらなければいいというか。
身近なディーンやラトたちに本性出し始めたのは彼にとっては信頼しているから、というのもあったりするんですよねw
ローガン無双、いつきますかねw
ローガンの過去はもうしばらくすると(ちょっとかかるかな?w)でてきますのでお楽しみに(ノ´∀`*)
12. Re:こんにちは^^
>ゆきさん

いつもありがとうございます(´∀`)
恋の悩みで喧嘩ありますよね~。
意見の行き違いもあったし。
まぁわかりあえたのであっさり仲直りできましたけどね(*´∀`*)
ラトかっこいいですか?(^ω^)
ラトの株があがりっぱなしですw
体でしか満たすことができない、ホントそんな感じですね~w
ローガンが過去になにがあったのかはもうしばらくすると出てきますのでお待ちください(*´∀`*)
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。