今日もジーナの家を訪れているディーン。
ベッドから降り、制服に着替えた。













 



ディーン「ジーナさん・・・。」

ジーナ「なあに?」












 



ディーン「俺のこと、好き?」

ジーナ「もちろん好きよ。」

ディーン「愛してる?」

ジーナ「え?」










 



ジーナ「どうしたの?急に。」

ディーン「俺はジーナさんのこと愛してる。」

ジーナ「うふふっ。ありがとう。」

ディーン「ジーナさんは?」










 



ジーナ「好きだけど・・・・。」

ディーン「旦那さんと別れて、俺と一緒にならないか?」

ジーナ「え・・・?なに言って・・・。」

ディーン「俺は本気だ。あなたと・・・全部捨てて逃げる覚悟はできてる。」

ジーナ「ディーンくん・・・・。」










 




ディーンがジーナの体を抱きしめる。


ディーン「俺と一緒に逃げよう。」

ジーナ「ディーン・・・・。」

ディーン「二人なら、きっと大丈夫だよ。」

ジーナ「・・・・・。」








 



ディーン「頼むから、イエスって言って。」

ジーナ「・・・・・・・・。」

ディーン「ジーナ。」

ジーナ「・・・・・・・・ごめんなさい。」










 




ジーナ「私にはできないわ。」

ディーン「ジーナ・・・。」

ジーナ「ごめんなさいディーン。彼を愛してるの。」










 



ディーン「愛のないセックスなんでしょ・・・?」

ジーナ「そうよ・・・・。でも彼には私しかいない。私にも・・・・。」

ディーン「俺がいるじゃないか。」

ジーナ「だめなの。」










 




ジーナ「あなたはまだ若すぎるわ。きっとこれからたくさんのことが待っている。それなのに私みたいなおばさんと一緒じゃ・・・・人生台無しにしちゃう。」

ディーン「おばさんじゃない。」

ジーナ「いいえ。あなたが25歳になったら私はもう40。十分おばさんよ、。」


玄関が乱暴に閉まる音。






 




ジーナ「!」

ディーン「・・・・。」

ジーナ「あの人だわ。早く!窓から外に逃げて!」

ディーン「俺は逃げない。」

ジーナ「ディーン!」

男の声「ジーナ、そこにいるのか?」

ジーナ「あなた!ちょっと待って。」






 



寝室のドアが開いた。


ジーナ「あなた、おかえりなさい・・・。」

男「なにやってんだ?・・・・そいつは誰だ。」








 



ジーナ「こ、この子はね、親戚の子なの。」

男「親戚の子?」

ジーナ「そうなの。急にこの街に遊びに来ることになって・・・。」

男「じゃあなんでお前は下着姿なんだ?」

ジーナ「そ、それはコーヒーをこぼしちゃって、今着替えを・・・。」








 


男「は?着替えするのになんでこいつも一緒にいるんだよ。」

ジーナ「それは・・・。」

ディーン「もういいジーナ。」

男「はぁ?」










 



ディーン「ジーナと別れてください。」

ジーナ「ディーン!」

男「なに言ってんだてめぇ。」

ディーン「俺はジーナを愛してる。あんたよりずっと。」








 




男「まさかてめぇ、ジーナと寝たんじゃないだろうな。」

ジーナ「そ、そんなわけないじゃないの!」

ディーン「寝たよ。俺たちは何度も愛し合った。」

ジーナ「ディーンやめて!」








 





男「何度もだと?!ジーナ本当か?!」

ジーナ「違うわよ!そんなわけ・・・。」

ディーン「本当だ!あんたの愛のないセックスで彼女は傷ついてるんだ。」

男「はぁ?!」

ディーン「俺たちはここで何度も愛し合った。あんたは彼女のことを愛してない!」

ジーナ「ディーンもうやめて!」









 




男「てめぇ・・・ぶっころしてやる!!」


男がディーンにつかみかかった。


ジーナ「きゃー!あなたやめて!!ディーンが死んじゃうわ!!お願いよ!」











 




ボコボコにされるディーン。


男「命があっただけでもありがたいと思え!もう二度と現れるんじゃねえぞ!!次会ったら今度こそ殺すからな!」

ジーナ「ディーン!彼は本気よ!」

男「さっさとうせろ!」


ディーンは男に首根っこをつかまれそのまま外へ放り出された。












 



トボトボと公園の小道を歩いているディーン。


ラトーシャ「ディーン。」












 



ディーン「・・・ラト。・・・・よぉ。」

ラトーシャ「ディーン?あんた・・・・ちょっとこっち来て。」

ディーン「な、なんだよ。」


ラトーシャがディーンの腕を引っ張りライトの下に連れて行く。










 



ディーンの顔は腫れ上がってあざになっている。


ラトーシャ「あんた・・・・なにしたの?」

ディーン「なんでもねぇよ。ちょっと転んだだけ。」

ラトーシャ「どんな転び方したらそうなるのよ。」









 




ラトーシャ「誰にやられたのよ。」

ディーン「誰でもねぇよ。」

ラトーシャ「誰でもないわけないでしょ。危ないことするなって・・・・あんたまさか。」

ディーン「・・・・・。」










 




ラトーシャ「あの人の・・・・旦那さん?」

ディーン「・・・・。」

ラトーシャ「・・・・そうなの?」

ディーン「・・・・・。」









 




ディーン「関係ねぇだろ。」

ラトーシャ「・・・・・。」

ディーン「じゃあ、帰るわ。」

ラトーシャ「待ちなさいよ。」









 




ラトーシャ「その顔で帰るつもり?家族が心配するよ。」

ディーン「・・・・。」

ラトーシャ「・・・・ったく。ちょっとこっち。」


ラトーシャが再びディーンの手を引き、二人は公園を出た。










 



公園の近くのカフェ。


ラトーシャ「よし。これでなんとかごまかせたわね。」

ディーン「ありがと・・・。」

ラトーシャ「これはファンデーションであざを消してるだけだから。帰ったらちゃんと冷やして薬塗るのよ?」

ディーン「うん。」









 
 


ラトーシャ「ほんっと、あんたって昔から世話が焼けるんだから。」

ディーン「・・・・・ごめんなラト。」

ラトーシャ「べつにいいわよ。もう慣れっこだし。」

ディーン「・・・・・。」

ラトーシャ「大丈夫?」

ディーン「うん・・・・。」








 
 



ディーン「俺さ・・・・。」

ラトーシャ「うん?」

ディーン「本気だったんだ。」

ラトーシャ「・・・・・。」

ディーン「でも・・・・やっぱり大人からみたら俺たちはまだ子供なのかな。」

ラトーシャ「・・・・・。」

ディーン「殴られた傷より・・・・・胸がいてぇよ・・・・。」

 







 




ディーン「アイビーにも言うなよ。」

ラトーシャ「誰にも言ってないから大丈夫だよ。」

ディーン「そっか。サンキュ。」










 



次の日も。
そしてその次の日も。
ディーンは公園のあのベンチに座って待ち続けた。












 



しかしジーナがやってくることはなかった。
そして1週間が経った。










 




ディーン「 (ジーナ・・・・・まさかあの旦那に監禁とかされてるんじゃ・・・・。) 」








Comment

1. 無題
うぉぉぉぉぃ!!!!
ついに旦那さんに見つかっちゃいましたか・・・・。
怖い(°д°;)
明らかに危ない人だ・・・・。
結局ジーナさんは性欲を満たすためだけにディーン君と付き合ったのか・・・・。ディーンが可哀想だし何よりラトちゃんが可哀想;;
一週間も消えてしまったジーナさん・・・一体どうなったのだろう・・・。

P.S
ジーナさんの家、ダンカンさんの昔の家でした♪
2. 無題
うおおおおおおい!!!!
私もうおおおおいいいってなるわ!!

旦那にバレましたね!!
いやいやゴメンなさい、、旦那見た瞬間笑っちゃいました

まさかのそっち系!!
ガッチリタイプっすか!!!シャープ系かと勝手に思っていたのでね

ちょちょちょディーン君!!
勇敢なのは分かるけど本当に殺されちゃうからー!!!

ハッキリ言って、、、ジーナが全部悪いよ、、
少年を性のオモチャにしただけじゃねぇか
お前が全部悪いよ…しかも自宅でだなんて、、、

とか思っちゃいました
愛のないウフフでいくら傷ついたかしれんが
ゆきづりの少年を穴埋めにした貴女が一番悪い!!

そりゃ少年ハマるって!!
年上女性&ウフフを知っちゃったらハマるって!!
大人の階段数段飛ばしで上がっちゃったから
目の前のウフフ発生のモヤモヤの愛を真実と勘違いして

やたら背伸びして大人の男ぶって
「俺も男だやってやるぜ!」ってな感じになっちゃうって~!!!
ジーナさんアカンってぇ~!!!!!


とオバハン全開で拝読させて頂きました
ディーン君…高い勉強代だと思うしかないねトホホ

ああ空気の読める女ラトちゃんvv
なんて内助の功なんだろうかvv
良い嫁さんになるよvvけど器用貧乏そうですよね
根が人が良すぎて肝心な所で良いところを友達に譲って「私、、何やってんだろう、、」ってなっちゃうタイプなのでは、、
  • 2012/05/23 00:04
  • SACHICO
  • URL
  • Edit
3. こんばんは☆
とうとうバレたか(-.-;)
あのダンナのインパクト凄いです( ̄○ ̄;)最初はジーナさんに同情したけど、ディーンくんをはけ口にして酷いです。そりゃ、ティーンで純粋だから、ハマっちゃいましたけど、これを期に目を覚まして欲しいです。これがディーンくんじゃなくて、ローガンくんだったら、どんな展開だったんだろう…と勝手に想像しちゃいました(汗)。

それにしても、ラトちゃん、まだティーンなのに、すごい気配り上手で、関心です。ステキ女子ですね☆ 今は切ないけど、ラトちゃんが幸せになるのを祈ってます☆ラトちゃん、頑張れ~☆
4. Re:無題
>どーるぃさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ついにバレちゃいましたね~w
旦那さん危なそうですよね~www
ジーナは性欲を満たすため、というより寂しさを埋めるため、ですかね。
愛されたかったんじゃないかと思います。
ジーナのその後気になりますね^^;

ジーナ宅、ダンカンさんの前の家でしたか!
じゃあダンカンさんが引っ越したあとにやってきたのかしら?(ノ´∀`*)
5. Re:無題
>SACHICOさん

いつもありがとうございます^^
うおおおおおいですかw

とうとう旦那バレしちゃいましたね~。
ハルさんみたいなホッソリ美形ではなく、ガッチリコワモテタイプでしたw

ディーンは勇敢でしたがあっさり負けましたねw
たしかに一番悪いのはジーナです。
ディーンみたいな純粋な子だと絶対ハマっちゃいますよね~。
しかも体の関係まで持ってしまうとよけいに情が入ってしまうし。
ディーンは突っ走っちゃいましたね。
だいぶ背伸びしすぎですがw
たしかに高い勉強代ですね。
いっきに大人の階段を上がった分、きっと少しは大人に近づけたんじゃないかと思います。

ラトは大人ですね~。
一歩引いて見守るということに徹底してますね!
しかし困ったときには助けてあげる。
いいお嫁さんになりそうですね(ノ´∀`*)
器用貧乏wたしかになりそうwww
6. Re:こんばんは☆
>*なつめ*さん

いつもありがとうございます(´∀`)
とうとうバレちゃいましたね~。
インパクトwやばいですねw
うんうん、全部ジーナが悪いですね。
なにげに悪女ですw
これがローガンだったら・・・。
お互い利用しあってそれはそれで安定してたかもしれませんねw
ローガンだったら素直に窓から逃げちゃいそうですwww

ラトは大人でしたね。
ステキ女子ですか(*´∀`*)
ラトには幸せになってほしいですよね~!
7. こんにちは^^
なで肩さんこんにちは^^
昨日、バレたらいいのに!!
と思ってたら早速バレて、「ジーナざまあ!!」と思いました( ´艸`)←私って最低w
しかし、旦那さん訳アリの人って言ってもここまでゴリゴリの方だとは思わなかったので、噴き出しそうになりましたw
こりゃ、殺されますよ(・Θ・;)
ディーンくん、命があってよかったです・・・
しかしですね、ディーンくんの心、完全に持って行かれちゃってますね・・・
結局やっぱりジーナはディーンくんを弄んだだけだったし・・・やるならその辺の行きずりの男とでもすりゃ良かったのに、純粋な高校生を引っ掛けた罪は大きいですよヽ(`Д´)ノ
てか、無駄に硬派特質が付いてるので、寂しさをソッチで紛らわそうとする女が大っ嫌いなんですよねー(#`ε´#)
もし、身近でリアルでいたらぶっ飛ばすかもw(私は特質的にはジン兄様に近いです^^;硬派&短気w)
回を増すごとに私のお怒りが大変な事になっていますが、ストーリーを拒否しているわけではなく、毎回どうなるのか楽しみに見てるんですよ~( ´艸`)
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。