裏の顔



 


休み時間の学校。
アイビーは本に夢中だ。


ラトーシャ「ララ。」

ララ「え?」








 



ラトーシャ「今日目腫れてない?」

ララ「そう?」

ラトーシャ「ゆうべ泣いたでしょ?親と喧嘩でもした?」

ララ「してないわよ。ちょっと・・・映画を観て泣いちゃって・・・。そのまま寝てしまったからじゃないかしら。」







 



ラトーシャ「ふぅん・・・。( 現実主義のララが映画で泣くなんて・・・ちょっと怪しい。) 」










 



ディーンが教室に入ってきた。
その後ろにローガンもいる。


ディーン「ラト~。」

ラトーシャ「ディーン、どうしたの?」






 



ディーン「世界史の教科書貸して。」

ラトーシャ「また忘れたの~?」

ディーン「頼む!」

ラトーシャ「なんでアイビーに頼まないで私に頼むのよ。」

ディーン「アイビーは置き勉してないもん。ラトは持ってるだろ。」






 



ラト「ったくも~。しょうがないわね~。」

ディーン「やっぱ持ってた!サンキュー♪」

ラト「あ~なんか急にのど渇いてきちゃったな~。」

ディーン「わかったよ~。ジュースおごってやるよ。」






 



ララ「・・・・。」


静かにため息をつく。







 



ローガン「 (メイクでごまかしてるけど、目が腫れてるな。元気なさそうだし。あいつにフラれたか・・・。) 」












 



数日後、暗くなった校舎から出てきたララ。
そのあとにローガンが続く。


ローガン「おい。」

ララ「?」










 





ララ「ローガンじゃない。どうしたの?」

ローガン「学習クラブ一緒だろ。」

ララ「そうね。」











 




ローガン「先生に質問してたのか?職員室行くのが見えた。」

ララ「えぇ。この時間が一番聞きやすいの。ほかに誰もいないから。」

ローガン「もう暗いしあぶないぞ。帰り道一緒だから送るよ。」

ララ「ホント?ありがとう。助かるわ。」









 



二人は並んで歩き出した。


ララ「ローガンはなにしてたの?」

ローガン「図書館で調べ物。」

ララ「そう。遅くなって、ご両親は心配しない?」

ローガン「うちは大丈夫。お前んとこのほうが心配するんじゃないか?」

ララ「そうなの。ママが心配性でねw 公園を通ると近道なんだけど、通っちゃダメってきつくいわれてるのよ。」






 




ローガン「こないだ通ってたじゃん。」

ララ「え・・・?」

ローガン「火曜日のクラブの日。公園通ってたろ?」

ララ「もしかして・・・・・つけてたのあなただったの?」









 




ローガン「べつにつけてたわけじゃない。帰る道が一緒だっただけ。」

ララ「・・・・。」

ローガン「公園なんて入っていくから、あぶないと思って後ろから様子みてたんだ。」

ララ「それなら声かければいいのに!怖かったんだからっ。」

ローガン「あぁ。ごめん。でもあいつが来たから大丈夫だろ。」






 




ララ「あなたって、悪趣味な人ね・・・・。」

ローガン「フラれたみたいだな。」

ララ「え・・・?」

ローガン「翌日目腫れてたもんな。」

ララ「・・・・なんなの・・・・?」







 



ローガン「人のもん取ろうとするからだ。しかも親友だろ。」

ララ「なにを・・・・。」

ローガン「よく親友の彼氏なんかに手出そうとできるな。女ってやっぱすげーよ。」

ララ「そんなことしてないわよ!」

ローガン「ふぅん。じゃあどうしたかったわけ?告白しただけで気が済んだ?そんなわけねぇよな。」






 


バシッ


いきなりララの平手がとんだ。










 



ララ「・・・・っく・・・。」

ローガン「 ・・・・いてぇんだけど。(殴っといてなんでお前が泣いてんだよ・・・。) 」

ララ「あんたが失礼なこと言うからでしょ!一人で帰る!ついてこないでっ!」










 



ララが走って去っていく。
公園は入らず、大通りを通っていくようだ。












 




ローガン「 (ホントのことだろ。) 」












 




ローガン「 (女ってホントバカ・・・・。) 」





















 




ジーナの家。
寝室のベッドに横たわる二人。












 





ジーナ「あなた、すっごく上手になったわね。」

ディーン「ホント?嬉しいな。」

ジーナ「えぇ。とってもよかったわよ。」

ディーン「もう一回する?」

ジーナ「ふふっ。若いって素敵ね。」










 



二人の体が再び重なった。













 






















4320.jpg
 



こちらでも、ベッドに重なる二人の男女の姿。













 



リア「んっ・・・・・・。」











4322.jpg
 




ローガン「もうそろそろ帰んないとな。」

リア「え~。もう一回しないの?」

ローガン「いや、今日はもういい。」









 




リア「ちぇっ。あたしはまだまだ元気なんだけどな~。」

ローガン「また来週な。」

リア「じゃあ帰ろ~っと。」












 



リア「ローガンは同じ学校にSFいないの?」

ローガン「う~ん、同じ学校に作るとめんどうだろ。」

リア「ふぅ~ん。リアはいっぱいいるよ~。でも一番イケてるのはローガンだけどね。」

ローガン「そっか。」









 



ローガン「下まで送る。」

リア「あ~優しいんだw」

ローガン「それくらい当たり前だ。」










 




リア「うふふっ。じゃあバイバイのキス。」














 




二階の部屋を出た二人は階段を下りて玄関へ向かう。
ちょうどドアが開き、父親のシンが帰ってきた。


ローガン「父さん、おかえり。」











 
 


シン「あぁ。友達が来ていたのか。」

リア「こんばんは~。はじめまして~リアです。おじゃましてま~す。じゃあ、私は帰るとこなんで~。」











 
 


リア「おじゃましました~。」

ローガン「またな。」

リア「またね~ローガン。」










 
 




シン「ずいぶんあっさりした挨拶だな。」

ローガン「ごめん、父さん。あの子はいいところの娘さんじゃないみたいだ。」

シン「ローガン。」








 
 



シン「恋人ではなくたんなるガールフレンドか。」

ローガン「恋人はちゃんとした子を探すよ。」

シン「私も学生のころは散々遊んだからべつになにも言わん。だが、避妊だけはちゃんとしなさい。」









 
 



ローガン「ははっ。彼女とはそういう関係じゃ・・・。」

シン「隠さんでいい。私に嘘をつくな。」

ローガン「・・・・。」

シン「母さんが帰ってくるまでにさっさとシャワーを浴びて来い。」

ローガン「はい・・・。」








 
 

 

ローガンが階段を上がっていく。
それを見つめるシン。











 




シン「 (性格はユウナに似てほしかった。あいつは外見も中身も昔の私そのものだな・・・。このまま育ってくれるなローガン・・・・。) 」











 




ローガン「 (さすがに父さんにはバレたな。今は母さん一筋でも、父さんも昔は遊んでたのか。やっぱ親子だな。) 」












 




ローガン「 (まぁリアだけじゃないし。あいつが消えても変わりはほかにいる。) 」














 




ローガン「 (女なんて結局利用するのが一番なんだ。本気になるほうがバカだろ。) 」











Comment

1. 無題
こんばんはー
学校が凄くよく出来てますね!
自作なんですか? 本当に学校みたい(^-^)
ララちゃん、いっぱい泣いたんですね><
一緒に帰ってイイ感じになるのかと思いきや
ローガンくんもホント意地悪だ・・・。
しかもブサイクなSFがいるし、女は利用するのが一番だとかヽ(`Д´)ノ
いずれはシンくんみたいに一途になれるのかな?
・・・ってか、シンくんはもう誠実になってしまったのか?w
っとそれはさておき、ディーンくん・・・
いい加減にしないと旦那さんが帰ってきちゃうよぅ><
2. 無題
ん―・・・・・いつかディーン君とジーナさんの関係がジーナさんの旦那さんにばれるのが怖い;;
そしてローガン・・・お前も悪かぃ!!!!
女は利用だとぉ!?許さん><
やっぱり親子なのか・・・・(関心すんなッ!
ふん!いずれララちゃんに夢中になっても知らないね!w(勝手に決め付けるw
てかSFとの子供ができたら・・・・どうすんだぃ!
3. Re:無題
>あんこさん

いつもありがとうございます(´∀`)
学校は自作ですよ~^^
机などは無料配布のCCです。
今回は学園物に近いので学校の中の撮影は必要不可欠なんですよね~(´∀`;)

ローガンはまるで昔のシンみたいですねw
引越し早々SF作ってますしね( ̄ー ̄)ニヤリ
女性のことを信用してないみたいです。

ディーンはすっかりジーナといい感じになっちゃってますね~。
4. Re:無題
>どーるぃさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ディーンとジーナ、いつかバレそうで怖いですね^^;
フラグたちまくりですw
そしてローガンw
悪でしたね( ̄ー ̄)ニヤリ
でもローガンは家庭環境はよさそうなんですけどね。
シンも更生しましたし。
SFとの子供w 
それはおそろしいかも~(´∀`;)
5. 無題
こんにちわーvv
空気の読める女ラトちゃんに関心しつつ(笑)
ララちゃんの八つ当たりじゃね?な平手打ちが炸裂!!
女って自分に非があるのに何でか泣きますよね、、
そうさ、それは涙が武器になる事を知っているからさ!!

ディーン君も益々大人の階段を数段飛ばしで登っていますね!
年上のナイスバディとウフフ三昧なんだから
もう同級生の女なんて子供にしか見えないんじゃないんだろうか!(笑)
あああしかし、、いつDV旦那にバレるのかが怖いですな、、、ブルブル

何気にジーナさんの立場ってエリザさんと共通点があるんですよねv
マフィアの女は辛いよ(笑)

いやいやしかしだ!
ウフフに興味深々の年頃男子にとって
覚えちゃったもんだから怖いですわ~(オバンか)
3度の飯より彼女&ウフフの事ばかりが脳内を巡る時期ですもんな、、

って思ってたらローガンおいいい!!!
セフレならびにウフフフレンド=ウフレっすか!!(おい)

でも相手のギャルも凄いっすね!!
お前も沢山おるんかいって!!(笑)
お互いが遊びと言う割り切った関係だから良い物の
シンパパの言うとおりですね、、
避妊だけはね、、ラトちゃんのママみたいになるよ、、ボソ(おい聞こえたぞ)

シンパパも昔アイビーママに最低な所業をしていた時がありましたしね、、
ああ、、懐かしい(笑)
でも、だからこそシンパパが言うから重みがありますよね><

ギャルの乳がデカくて「きゃvv」って喜んだ変態でした
  • 2012/05/22 00:03
  • SACHICO
  • URL
  • Edit
6. すごい展開!
ディーンくん…すっかり、年上の女にハマってますね(-.-;)まどに男女の姿が映ったとき、一瞬ダンナが覗き見してバレちゃったのかと、ヒヤヒヤしちゃいました(>_<)


ローガン、パパ似ですね…パパの言うとおり、ママに似れば良かったけど、それじゃ、つまんないから、ストーリー的には、パパ似にして正解だと思います☆でも、更生したパパ、優しくて性格もいいママで家庭的には問題なさそうだけど、なんかあるのかな…。私は、今はいがみ合ってる?けど、知的な美少女のララちゃんとの方がビジュアル的にもお似合いだと思うので、SFとはくっつかないで欲しいです。

早く続きが見たい~。
7. Re:無題
>SACHICOさん

いつもありがとうございます(´∀`)
ラトはするどいですよねw
アイビー、性質に「鋭敏」入ってるわりに全然気づいてないw
八つ当たりw
いわれて見ればたしかにw
ローガンの言ってることはたしかにその通りなんですよね~( ̄ー ̄)ニヤリ
でもはっきり言われてむかついての平手ですね(つまり八つ当たりwww

ディーンはちょっと覚えたての猿状態ですねw
ジーナは巨乳だし、年上だけあって技も持ってそう。
だんなバレフラグ立ちまくってますからねw
たしかにエリザさんと共通点がw
でも環境も性格も全く違う(´・ω・`)
エリザさんのその後が気になってしかたないです~><

ウフレwwwwwwwwww
さすがSACHICOさんならでは言葉のセンスwww
リアはほかの高校の女子ですね。
さすがに同じ高校だといろいろ問題が起きそうですからね~。
リアは色白巨乳ちゃんですw
サービスショット喜んでいただけて嬉しいです(*´∀`*)
みんな引くだろうと予想してたのでw

たしかにシン本人が言うと重みがありますね~。
シンはあいかわらずまだやきもちは激しいですが束縛まではいってないようです^^
だいぶ更生しました~。
女遊びは大学で精神科通ってからはすっかりやめてますしね。
ローガンはどうでしょうね~。
8. Re:すごい展開!
>*なつめ*さん

いつもありがとうございます(´∀`)
ディーンハマっちゃってますね~。
旦那が覗き見www
それはそれで面白そうなwww

ローガンはシンに似ちゃいましたね。
ストーリー的には完全にシン似でよかったです。
女の子が生まれていれば別だったんですけどねw
シムズにはホントにあとで「ぴったりだった」と思うことが多くてびっくりします。
名前とかね。
いかにも付けそうな名前つけてくれますしね。

ララとローガンですかぁ(ノ´∀`*)
お互い我が強いですからね~。
どうなんですかねw

ありがたきお言葉!(*´Д`)
明日もがんばります♪
9. こんにちは^^
なで肩さんこんにちは^^
え!!!
ぎゃ~~~~っ!!!!
最後のローガンくんのアレで、どんな話だったか吹っ飛んでしまい、2度見してしまいました・・・ヽ(;´Д`)ノ
ララちゃんに対する態度がなんだか不気味だなぁ・・・と思ってたら、まさかの裏であんな顔があったとは・・・(´□`。)
もうイヤぁ~~(TωT)
そしてディーンくんもあの女に(もうあの女呼ばわりw)にすっかり虜になってしまって・・・( ̄_ ̄ i)
絶対いつか旦那にバレそうですよね~(´□`。)
いや、でも早くバレてこんな関係とはおさらばしてくれ!と思う私がいますが・・・(;^_^A
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。