スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それぞれの想い





 
 
  

ララとラトーシャは放課後アイビーの家に集まった。
宿題を済ませた3人はおしゃべりをはじめた。













 



ラトーシャ「ところでアイビー、この前デートしたんでしょ?どうだった?」

アイビー「あ~、うん。すっごく楽しかった!」

ラトーシャ「映画観に行ったの?」

アイビー「うん。お昼すぎに待ち合わせして映画観て~、それからジーンのおうちに遊びに行ったよ。」

ラトーシャ「いきなり家?やるじゃん。」








 


アイビー「お母さんに紹介するって言ってくれてね。お母さんすぐ仕事にでかけちゃったんだけどね。」

ラトーシャ「じゃあ家でふたりっきり??」

アイビー「うん。」

ラトーシャ「キスとかしたの?」

アイビー「うん・・・。した。」

ラトーシャ「ひゅーひゅーw」






 


ララ「・・・・。」

アイビー「でもね、付き合うとかの話はしてなかったんだ。」

ラトーシャ「そうなんだ?でもキスして家まで行ってるんだから付き合ってるよねぇ?」

アイビー「やっぱりそうなの?」

ラトーシャ「そうでしょ~。ねぇ、ララ。」

ララ「う、うん・・・・そうね。」




 


アイビー「そっか、それが気になってたんだよね。それで今日会ったときに聞いてみたの。」

ラトーシャ「つきあってるかって?」

アイビー「うん。そしたら改めてちゃんと付き合おうって言ってくれたんだ。」

ラトーシャ「よかったじゃん。いいやつだね。」

アイビー「うん。すっごく嬉しかった。」








 


ラトーシャ「まさか3人のうちで一番最初に彼氏作ったのがアイビーなんてね~。」

アイビー「そうだね。私もララが一番早いと思ってた。」

ララ「私はそんな・・・。」

ラトーシャ「ララはモテるけど厳選厳しいからね~w」

ララ「そうかしら?」

ラトーシャ「そうだよ~。」







 


アイビー「飲み物なくなっちゃったから、ポットの紅茶入れてくるね。」

ラトーシャ「うん。サンキュー。」

アイビー「ちょっと待っててね~。」

ラトーシャ「はいよ~。」


アイビーが立ち上がり、ティーポットを持って部屋を出て行く。









 


ラトーシャはララを見つめる。
ララはラトーシャの視線には気づく様子もなく、アイビーの座っていたいすをぼーっと眺めていた。










 



ララ「 (アイビーとジーンさん・・・とうとう付き合っちゃったな。私の入る隙間なんて・・・どこにもなかった・・・・。) 」












 



ラトーシャ「 (ララがジーン先輩のこと好きなのは気づいたけど・・・本人からなにも言われてないし、私が口だしするようなことじゃないよね・・・。) 」












 



ラトーシャ「じゃあまた明日学校でね。」

アイビー「うん、二人とも気をつけてね。」


玄関で二人を見送っているとレオンがやってきた。


レオン「二人とも今帰るところか?もう暗いし危ないぞ。送ってってやるよ。」








 


アイビー「ホント?そうしてくれると助かるな。」

ララ「でも悪いわ。」

レオン「いいよ。ララは家遠いから危ないだろ。ラトーシャとは反対方向なんだし。」

ラトーシャ「でも反対方向だから送るの面倒じゃない?」

レオン「俺がララ送ってやるから、ラトはディーンに送らせるよ。」





 



ちょうどそこへディーンが廊下を通りかかる。


レオン「おい。ディーンこないだ父さんに運転ならったばっかりだよな。」

ディーン「ん?そうだけど?」

レオン「お前ラト送ってってやれよ。」







 



レオン「俺がララ送ってってやるから、お前は兄貴の車でラトんちまで送ってってくれ。」

ディーン「運転ならってからまだ家族しか乗せたことないんだけど、大丈夫かな?」

レオン「大丈夫だろ。ゆっくり帰れば。ラトんちはそんなに遠くないし。」











 



ディーン「そうだね。じゃあいいよ。アイビーも一緒に行く?」

アイビー「私はママたちが帰るまでにご飯作ってないといけないから。」

ディーン「そっか。」

アイビー「二人のことよろしくね。」

レオン「あぁ、よしじゃあ行くか。」








 


レオンは母親のクレアの車にララを乗せて走り出した。
アイビーたちの家は丘の上、ララの家は海側なのでかなり距離がある。












 




レオン「今日はなんかおとなしいな。具合でも悪いのか?」

ララ「そう?大丈夫よ。」

レオン「あの二人となんかあったか?」

ララ「・・・・。」

レオン「ケンカでもした?」

ララ「ケンカなんてしてないわよw」





 



ララ「ねぇレオンさん。」

レオン「うん?」

ララ「もしもね、好きな人の恋人が自分の友達だったとしたら、どうする?」

レオン「親友の彼女を好きになったらってこと?」

ララ「そう。」







 




レオン「う~ん、俺なら告白して玉砕するかな。そんで親友にはそれを伝える。」

ララ「・・・・親友とダメになるかもしれないじゃない。」

レオン「そんなことでダメになるようならそれまでの仲だろ。」

ララ「・・・・玉砕するって、どうしてわかるの?」

レオン「う~ん、だって俺が告白してこっちに乗り換えるような女だったら、結局冷めると思うんだよね~。」






 




ララ「なるほどね・・・・。」

レオン「うん。(ジーンのことか・・・。あいつも罪な男だな。) 」










 



ディーンはレオの車でラトーシャを家まで送り届けている。
夕方のラッシュも終わった車の少ない時間帯。
二人を乗せた車はゆっくりと走っている。









 


ディーンが鼻歌を歌い始めた。
ご機嫌なようだ。


ラトーシャ「・・・・ねぇ。」

ディーン「ん?」

ラトーシャ「なんか機嫌いいね。」

ディーン「そうか?」







 



ラトーシャ「なんかいいことあった?」

ディーン「別になにもないよ。」

ラトーシャ「ふぅ~ん・・・・。」

ディーン「ふんふん~♪」

ラトーシャ「こないださ・・・。」

ディーン「うん?」

ラトーシャ「ララんち行くときに、公園でディーンみかけたよ。」







 



ディーン「そうなの?」

ラトーシャ「女の人と・・・一緒だったね。」

ディーン「あぁ。そっか。」

ラトーシャ「結構年上だよね?」

ディーン「そうだな。」

ラトーシャ「・・・・知り合い?」

ディーン「うん。あの公園で知り合って仲良くなったんだ。」

ラトーシャ「あの人のこと・・・・好きなの?」







 



ディーン「・・・・。」

ラトーシャ「もしかして・・・・付き合ってるの?」

ディーン「付き合ってはないけど・・・・好きだよ。」

ラトーシャ「そっか・・・。」

ディーン「うん。ラトは好きなやつとかいないのか?」







 




ラトーシャ「・・・・いない。」

ディーン「そっか。」











 



家の前に車を止める。


ディーン「着いたぞ。」












 



ラトーシャ「送ってくれてありがとう。」

ディーン「うん。」

ラトーシャ「疲れたんじゃない?あがってなんか飲む?」

ディーン「いや、帰ったらもう夕飯だし、帰るよ。」

ラトーシャ「そっか・・・。」








 



ディーン「じゃあまたな。」

ラトーシャ「ディーン。」

ディーン「ん?」

ラトーシャ「あの人・・・・結婚してるの?」

ディーン「・・・・うん。」

ラトーシャ「そっか・・・・。」

ディーン「うん・・・。」

ラトーシャ「・・・・・あんまり・・・・・・危ないことはしないでね。」








 



ディーン「・・・・わかった。」

ラトーシャ「おやすみ。」

ディーン「おやすみ。」









 


ディーンが立ち去り、車に乗り込んだ。













 



ラトーシャは車が見えなくなるまで見送っていた。












 





ラトーシャ「 (好きな人がディーンなんて・・・・言えるわけないじゃん・・・・。) 」






Comment

1. 無題
こんばんわ!
ララちゃんもラトちゃんも切ないですね;;
ララちゃん、ジーンさんに告白するのかなあ?
てか、ディーン君!!!!!
そんな年上・・・・そして人妻・・・・
禁断の恋するとは・・・・・・!!!!!!
前回に続き、ラトちゃんになった気分で泣きたいです;;
2. Re:無題
>どーるぃさん

いつもありがとうございます^^
今回は片思いしている二人の女子にスポットを当ててみました^^
ララはとうとう二人がつきあっちゃってせつないですよね~^^;
しかも親友だし。
告白しちゃうんですかね~w
するにしてもしないにしても、つらいですよね(´・ω・`)
ディーンは年上の人妻( ´_ゝ`)
禁断の恋ですねw
ラトにはちゃんと人妻のことゆっちゃってるし。
ディーンはラトの気持ちにまったく気づいてませんからね^^;
ラトにとってはせつないですよね~。
しかも人妻ではあるけど年上の美人なんて、かなうわけありませんからね(´・ω・`)
3. 匠の技⁈
こんにちはなで肩さん、お邪魔します♪
一枚目を見てインテリアがとても私の好みだったので
ついついこの回だけ先に読んでしまいました(´ε` )
そしたらこれまた好みな感じのレトロカーが!オシャレですね~
コンテンツに建築SSもあるのですか、ワクワクしますっ
でもせっかくだから最初から読みたいですね♪
今スカイブルーのベンジャミンを見てますが、
この回見てたら交差する皆の恋の行方がすごく気になりました!
また遊びに来させてもらいますね~~
4. 無題
こんにちは!
先日はブログにコメントいただき
ありがとうございます。
早速お邪魔させてもらいました。
素敵な恋物語ですね。
うちのたま子が恥ずかしいです(;´∀`)

今後の展開にドキドキしながら読みました。
更新大変だと思いますが
頑張ってくださいね。

また遊びにきます^^
  • 2012/05/20 09:46
  • ふわりんご
  • URL
  • Edit
5. 無題
こんにちわーvv
お久しぶりですv
ここまで一気に読ませて頂きましたvvなんて贅沢♪

と言いますか!!
うおおおお!!!!ディーン君が大人の階段を上ってしまいましたね!!
そして何気に一番ピュアなのはラトちゃんじゃないの!!?
とか思い出しています
恋と言うよりもはや愛に変わって言ってる様にも思えます
自分が傷つきたくないって言うのもそうですが
それ以上にディーン君の邪魔をしたくない、、
と言う様な引く姿勢と言うんでしょうかね

ララちゃんも少しは見習えよ!
と思いながら彼女の場合はまずプライドなんでしょうねぇ~v

あああ続きが楽しみですvv!!
  • 2012/05/20 15:15
  • SACHICO
  • URL
  • Edit
6. こんにちは^^
なで肩さんこんにちは^^
ララちゃんとラトちゃん、いや~切ない~~(TωT)
アイビーちゃん、やっぱり言っちゃったか・・・
ラトちゃんはララちゃんの気持ち気付いてるから、なんとも複雑な心境でしたよね・・・
ララちゃんの気持ちも分かるな~。
今まで美人で一目置かれていて、高根の花みたいな位置づけだったからプライドも高いでしょうけど、やっぱり可愛いティーンなんですよ、と私は思うんです( ´艸`)
そしてディーンくんは・・・もう~~ダメッ!!!
けしからん~~~!!!ヽ(`Д´)ノ
そりゃ、初めてのアレで年上の美女と・・・じゃ、好きになるなという方が・・・( ̄_ ̄ i)
ラトちゃん見るのが辛すぎます・・・(´□`。)
8. Re:無題
>ふわりんごさん

こんにちは^^
訪問ありがとうございます(*´ω`*)
素敵といっていただけてうれしいです(ノ´∀`*)
ありがとうございます♪
たま子さんのキャラ私は好きですよ~^^

読んでくださってありがとうございます(*´∀`)
なるべく毎日更新を目指していますのでがんばります!(昨日は寝てしまって夜中更新になりましたが^^;
ぜひまた遊びにいらしてくださいね(*´ω`*)
私もまたそちらにお邪魔させていただきますね~(・´з`・)
9. Re:無題
>SACHICOさん

いつもありがとうございます^^
ディーンが一気に大人の階段を上がっちゃいました~w
一番ピュアなのはそう、ラトーシャです!
性格はサバサバしてイブっぽいですが恋愛に関しては奥手で一途なのでビリーに似たのかもしれませんね^^
意外に一番精神年齢が高いのでホントに、恋というより愛に近いのかもしれませんね。
見守る、っていう。
彼女なりの愛なのかもしれません。

ララの場合はモテるのに一番好きな人には振り向いてもらえないって感じですね~。
そして意外に諦めが悪いw

楽しみにしてくださってありがとうございます(*´∀`)
がんばります\(^▽^)/
10. Re:こんにちは^^
>ゆきさん

いつもありがとうございます^^
ララとラト、二人の片思いにスポットを当ててみたですよ~(*´ω`*)
アイビーやっぱり言っちゃいましたねw
ラトも聞いちゃうしw
ラトはララに関してはなにも相談されてないし、気づいてるけどなにも言えないですよね~。
ララも切ないですよね~。
かわいいティーン、そうなんですよね~。
みんなそうなんです( ´Д`)

そしてゆきさんあいかわらずの拒否反応w
ちょっとそのかわいい反応が私的に萌え(*´Д`)
私はどちらかというとSっ気が強いので、ゆきさんの反応がもっとみたくなってしまう(;´Д`)ハァハァ(←危ない
体の関係があるとよけい情が移ってしまいますよね^^;
ラトには酷ですけどね~~(´Д`)
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。