失恋



 


放課後、アイビーは図書館へ来ていた。
一人のときはここで本を読むのが彼女の楽しみだった。















 


ジャマール「アイビー、やっぱりここにいたんだ?」

アイビー「ジャマール。珍しいね。」














 


アイビー「ジャマールも本借りに来たの?」

ジャマール「いや、アイビーと話がしたかったんだ。ディーンに聞いたらたぶんここだろうって言うから。」

アイビー「そうなんだ?どうしたの?」

ジャマール「この前3年生の人とどっかいっちゃっただろ?」

アイビー「あぁ、ジーンのこと?」






 


ジャマール「ジーンていうんだ・・・?あの人と付き合ってるの?」

アイビー「う~ん、付き合うとかの話はしてないんだよね~。どうなんだろう?」

ジャマール「ホント?よかった~。」












 



アイビー「でも好きとは言われたよ。」

ジャマール「え?アイビーは・・・・どうなの?」

アイビー「私も好きとは言ったし。これって付き合ってるのかなぁ?どう思う?」

ジャマール「それはもう付き合ってるんじゃ・・・・。」

アイビー「でもつきあうってどっちかが付き合おうとか宣言するものじゃないの?」









 



ジャマール「最近はそういうの言わなくても付き合ってたりするみたいだし・・・・。」

アイビー「そういうものなの?じゃあキスしたらもう付き合ってるのかな?」

ジャマール「え?!キスしたの??」

アイビー「う・・・うん・・・・。」







 



ジャマール「 (もうそんなとこまで進んでたなんて・・・・・。ショックすぎる・・・・。) 」

アイビー「 (今度ジーンにちゃんと聞いてみようかなぁ?) 」















 


ディーン「珍しいな。ジャマールがカラオケ店なんて。」

ジャマール「騒がしいとこにいないと落ち込んじゃいそうなんだ。」

ディーン「なにか落ち込むようなことがあったのか?」

ジャマール「さっきアイビーに会いに行ってきたんだよね。」

ディーン「あぁ。図書館にいただろ?」








 


ジャマール「うん。あの3年生と・・・付き合ってるんだって。」

ディーン「そっか。(やるじゃんアイビー。) 」

ジャマール「付き合うとかは言ってないらしいんだけど、好きっていうのはお互い言ってるんだって。」

ディーン「へぇ~。(なんだそれ。小学生かよ!) 」

ジャマール「キスもしたんだって。」

ディーン「・・・・そっか。(なんでそれをジャマールに言っちゃうんだよ!あいつ天然っていうよりバカだな。) 」





 


ジャマール「なんで僕じゃダメなのかな?僕のなにがいけないんだと思う?」

ディーン「う~ん、髪型じゃないかな?」

ジャマール「え??この髪型じゃだめなの??」

ディーン「あいつ長いの苦手みたいだからな~。俺にもさんざん切れって言ってくるし。」

ジャマール「それを早く言ってよ!」

ディーン「いやいや、髪だけが問題じゃないとは思うけどさ!」

ジャマール「じゃあほかになにがあるの?」








 


ディーン「いとこじゃん。」

ジャマール「いとこのなにがだめなの?いとこなら結婚できるんだよ。」

ディーン「う~ん、そうなんだけどさ。あいつそういうの嫌みたいだぜ?」

ジャマール「そんなのもう・・・・生まれたときからダメじゃないか・・・・。」









 


ディーン「まぁまぁ。もういいかげんあいつのことは諦めろよ。ほかにいい女いっぱいいるって!」

ジャマール「・・・・昔はよく一緒にお風呂も入ってたのに。」

ディーン「それ幼稚園のころだろ!」

ジャマール「ディーンは彼女いないよね?」

ディーン「まぁ・・・な。」

ジャマール「好きな子はいるの?」

ディーン「うん・・・。」

ジャマール「じゃあ今度その子の友達でもいいから紹介してよ。」

ディーン「いや~それは・・・・無理かなw」

ジャマール「ケチ。」





 


ディーン「もうそんな落ち込んでばっかいないで、歌でも歌って発散しようぜ。」

ジャマール「歌?」

ディーン「ちょうどカラオケも空いたみたいだし。ほらっ。」


ディーンが立ち上がり、カラオケ機のほうへ歩いていく。











 



二人一緒に歌をうたいはじめた。
にぎやかな店内。
誰も二人の歌など聴いてはいない。















 



ジャマールを励まそうと、アップテンポな曲を入れたつもりだったが、ジャマールはアイドル持ちでマイクを握っている。













 



ディーン「 (そういうとこが、ダメなんじゃないかなぁ・・・?) 」

















 



数日後の放課後、ラトーシャは公園へやってきた。


ラトーシャ「 (ララんちに行くのはここを通るのが一番近いんだよね~。) 」













 



ラトーシャ「 (あれ?あそこにいるのって・・・・・ディーンだよね?隣の女の人・・・・誰?) 」















 



ラトーシャ「 (二人すごく仲よさそう・・・・。前からの知り合いみたい・・・・。) 」















 



声は届かない。
しかし二人の楽しそうな雰囲気が伝わってきた。
ラトーシャは気になってその場に立ち尽くしていた。















 


ジーナ「実はね、いま夫が出張中で家にいないの。」

ディーン「マフィアの世界にも出張ってあるんですか?」

ジーナ「上司の付き人みたいなものよ。ブリッジポートへ行っているの。」

ディーン「へぇ~。」

ジーナ「いっつも公園でばかりだから、うちに来ない?たまにはコーヒーでもご馳走するわ。」




Comment

1. 無題
こんばんわぁ(^-^)/

ついにジャマール君、失恋しましたね・・・。
アイビーちゃん、髪長いの嫌いだったんだww
私と同じでよかった(°∀°)b ←ぇw

そしてディーン君とジーナさんが一緒に居るとこを目撃した、ラトちゃん・・・。
『うち来ない?』って何か怪しすぎる;;
ラトちゃん、勘違いしちゃ駄目!!!!!w
2. 無題
こんばんは!
アイビーちゃんはジャマールくんのこと
気付いてなかったんかな?
キスしたこととか言わなくてもいいのにσ(^_^;)
というか、天然なのかな? ちょっと面白いw
ジャマールくんに気遣うディーンくん、可愛いですね♪
でもディーンくんの恋(?)の行方がキニナル!
まさかこのまま不倫に発展してしまうんじゃないだろうか・・・。
3. こんばんは☆彡
前回のファーストキスでドキドキしながらやってまいりました!!
ジーン君やっぱりいいな~。
アイビーちゃんもファーストキスでウットリって感じでかわいかったし( ´艸`)
まぁこれで付き合ってないって言ったら皆も「はぁ?」って思いますよね(^▽^;)
ジャマール君はまず前髪から切ろうかw
アイビーちゃんの「髪長いの嫌い」はまさになで肩さんの好みを100%反映してますよねw
あとディーン君と例の人妻ジーナさんとの密会現場をラトちゃんが目撃しちゃいましたね!
複雑な気持ちだろうな~。
でもすごい年上だし、そんな変な関係にも見えない気がするけど、年頃の女の子だから勘繰ってしまうのもわかる気がするなぁ。
しかし旦那がいない間に家に誘うジーナさん…。
めんどくさいことになってしまいそうな予感w
4. Re:無題
>どーるぃさん

いつもありがとうございます^^
ジャマール、やっとですねw
アイビーが長髪嫌いなのは私の影響なんですけどねw
どーるぃさんもですか!
ロンゲ嫌ですよね~w
似合う人もいるんだけど^^;

ラト、みちゃいましたね~。
あれ以来ディーンとジーナさんはよく公園で会っているみたいですよw
いきなり大人の女性が現れてラトもびっくりですよねw
そしてうちくる発言!!
次回お楽しみに( ̄ー ̄)ニヤリ
5. Re:無題
>あんこさん

いつもありがとうございます^^
アイビーはジャマールの気持ちに気づいてますがはっきり告白されたわけじゃないので適当に流してたみたいです。
しかしキス発言はね~w
ディーンのいうとおり、天然というよりただのバカですね。
でもこれでジャマールが諦めてくれればアイビーとしては作戦とおりなのかもしれませんw

ディーンのほうが気になりますよねwww
いきなり年上女性、しかも既婚者ですからね。
このまま不倫、どうなんでしょうか( ̄ー ̄)ニヤリ
6. Re:こんばんは☆彡
>ひめめさん

いつもありがとうございます^^
お忙しい中コメントくださりありがとうございます♪
前回はドキドキニヤニヤのファーストキスでしたw
ジーンは私もお気に入りです(*´ω`*)
アイビーうっとりしちゃってましたねw
あのファーストキスの感想は私のまんまです!
お花畑をみました(ノ´∀`*)

ジャマールはホントとりあえず前髪切ろう!
それじゃ完全に香港のかりあげだよ!!
アイビーのロンゲ嫌いは完全に私の影響ですねw
ディーンでさえ嫌ですからねw
しかしディーンはなかなか似合う髪形がない^^;
短すぎると兄たちとかぶるし。

ラトはいきなりでびっくりですよね。
かなり年上、しかも既婚者。
どういう関係??って思っちゃいますよねw
しかもうちくる発言www
めんどくさいこと、ふっふっふ( ^ω^)
7. こんにちは^^
なで肩さんこんにちは^^
ジャマールくん・・・可哀想・・・(TωT)
アイビーちゃん、ジャマールくんに好きとか言われてるのにキスしたとかお互い好きとか言ったとか言っちゃうなんて・・・これは酷すぎるなぁ・・・(´□`。)
いとこだし、諦めろってハッキリさせるためでしょうか・・・
そしてディーンくんは、あの謎の女性に惹かれてるみたいですね・・・
家に呼ばれるなんて・・・ちょっといけないよ~~ヽ(;´Д`)ノ
こんな純粋な男子を家に誘うなんて何を考えてるんだヽ(`Д´)ノ
何かあったらその気になっちゃうよwこの年の男の子は・・・
そうそう~なで肩さんは短髪がお好きなんですね~♪
私は長髪も短髪もどっちも好きです( ´艸`)
ストライクゾーンが広くて困っちゃいます(^▽^;)
ちなみに、髪色で一番好きなのは黒髪です( ´艸`)
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。