スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それぞれのリアル



 



アイビーは学校帰りにジーンの店の前にやってきた。











 




アイビー「 (どうしよう・・・。学校じゃなかなか会えないからここに来ちゃったけど、ジーンさん居るかな?・・・待ってたら出てくるかなぁ? ) 」















突然ドアが開いてジーンが出てきた。


アイビー「!」

ジーン「よぉ。」













ジーン「窓の外にあんたの姿が見えたから、抜けてきた。」

アイビー「ごめんなさい、お仕事中に。」

ジーン「大丈夫だよ。俺もう帰るとこなんだ。」

アイビー「この前のお礼、ちゃんと言いたくて・・・。」

ジーン「そんなの別にいいのに。」













アイビー「この前はありがとうございました。最初はちょっとびっくりしちゃって・・・変な人かと・・・。」

ジーン「そんな風に思ってたの?w」

アイビー「だっていきなり声かけられたのなんてはじめてで・・・。」

ジーン「あはは。ナンパかと思った?」













アイビー「ナンパっていうか・・・・新手の詐欺かと・・・・。」

ジーン「ぶっ!w あんたやっぱ面白いなwww」

アイビー「え?」

ジーン「いいキャラしてるよ。」

アイビー「キャラ・・・?」








 


ジーン「それより、腹減んねぇ?」

アイビー「あ!ごめんなさい。もう帰る時間ですよね。」

ジーン「どっか食べに行こうぜ。」

アイビー「え?」

ジーン「片付け済んだらすぐ出るから、ちょっと待っててくれる?」

アイビー「・・・はい。」







 


二人は近くのレストランへやってきた。
テラス席に座る。












 



アイビー「ジーンさん、学校来ないんですか?」

ジーン「そのジーンさんってのやめてくれる?」

アイビー「え?」

ジーン「ジーンでいいよ。」

アイビー「・・・・でも2年も先輩だし・・・。」







 



ジーン「そんなの気にすんな。名前、アイビーだっけ?」

アイビー「はい。アイビー・スカイブルーです。」

ジーン「俺もアイビーって呼ぶからあんたもジーンって呼んで。」

アイビー「・・・・はい。」

ジーン「あんた、学校で人気らしいじゃん。」








 



アイビー「そのあんた、っていうのも・・・やめてほしいです・・・。」

ジーン「ははっ。わかった。じゃあアイビーも敬語ナシな。」

アイビー「・・・・うん。」

ジーン「モテモテらしいな。」

アイビー「男の人って外見が一番なんだね。」








 



ジーン「そりゃそうだろ。人間ってのはまず見た目から入るからな。人それぞれタイプはあるけど、万人受けするタイプってもんもある。アイビーはまさにそれ。誰が見てもかわいいと思うよ。」

アイビー「なんか、ちょっとショック・・・。」

ジーン「男の嫌な部分みたから?」

アイビー「・・・・ジーンもそう?」

ジーン「そうだな~。」







 



ジーン「好きになるかどうかは別として。俺も最初は見た目で判断するかな。それから性格を知って好きになる。」

アイビー「・・・・。」

ジーン「俺、よけいなことした?」

アイビー「え?」

ジーン「俺がイメチェンさせたから周りの変化に動揺してるんだろ?」







 



アイビー「あ・・・。ジーンには感謝してるよ。ありがとう。でも周りの急激な変化についていけない自分がいて・・・。」

ジーン「そうだな。まぁそのうち慣れるよ。みんなお前の内面的なもんにもそのうち気づくだろ。」

アイビー「内面・・・・。」

ジーン「人間大事なのは内面だからな。外見なんて変えようと思えばいくらでも変えられる。でも内面を変えるのは自分次第。」








 



アイビー「ジーンって・・・・大人だね。」

ジーン「周りが大人ばっかりだからな。俺はもっと早く大人になりたい。」

アイビー「どうして?」







 


ジーン「俺、プロのスタイリストになるのが夢なんだ。」

アイビー「プロ?」

ジーン「うん。こういう街で、一般の人を変えていくのも面白いけど、俺はプロになってショーとかに出るような仕事がしてみたい。」

アイビー「素敵だね。」

ジーン「だろ?」







 


ジーン「そのために今バイトして専門学校に行くための貯金してるんだ。」

アイビー「えらいな・・・ジーンは。」

ジーン「そんなことねぇよ。うちは母子家庭だし、二人三脚でやっていかないと。母さんにばっかり負担かけられねぇからな。」

アイビー「そうなんだ・・・・。」








 


アイビー「子供の頃からスタイリストが夢だったの?」

ジーン「うん。母さんは昔ショーパブでダンサーしてたんだ。小さかった俺は仕事場にもよく連れて行かれた。煌びやかな衣装に派手なメイクのダンサーたちを見てて、かっこいいなって思ったんだ。」

アイビー「・・・・。」

ジーン「それからかな~。スタイリストを目指すようになったのは。」


アイビーにはジーンが眩しかった。
夢を語る彼のブルーの目はとても美しくキラキラ輝いていた。











アイビー「 (夢・・・・。私の夢はなんだろう・・・・。) 」













 























 


ディーンはジーナと公園にいた。
二人はここでおしゃべりするのが日課になっていた。
ディーンはジーナの不思議な魅力に惹かれはじめていた。


ディーン「だんなさんはどんな仕事をしてるの?」

ジーナ「・・・・これを言うと引かれるんだけど。」

ディーン「悪い仕事?」

ジーナ「・・・・マフィアの下っ端なのよ。」

ディーン「・・・・そうなんだ。」






 



ジーナ「あなたとはじめてここで会った日、私靴を履いてなかったでしょう?」

ディーン「・・・そうだったね。」

ジーナ「彼はキレやすい人なのよ。仕事柄、緊張感で張り詰めているのかしらね。」

ディーン「暴力、とか?」

ジーナ「いいえ・・・。暴力は振るわない。・・・・・・・でも・・・。」

ディーン「・・・?」












ジーナ「機嫌が悪いとね・・・・私を抱くの。」

ディーン「・・・・。」

ジーナ「まるでレイプみたいよ・・・・。」

ディーン「・・・・・。」

ジーナ「ごめんなさい。高校生のあなたにこんな話・・・。」

ディーン「離婚しないの?」








 



ジーナ「彼を愛してるの。でも・・・・・レイプみたいなセックスじゃ・・・・・愛されてる気がしなくて・・・・。」

ディーン「・・・・・。」

ジーナ「靴を履いてなかったのは口論になって家を飛び出してきたからよ。」

ディーン「そうだったんだ・・・?」

ジーナ「機嫌がいいときはとっても優しい人なの。」

ディーン「・・・・・。」










ジーナ「私は、彼に愛されているのかしら・・・・。ここにきて考えるのよ。」

ディーン「・・・・。」

ジーナ「あなたにはまだ難しいわよね。」

ディーン「・・・・。」













ジーナ「ディーンは初体験はまだでしょう?」

ディーン「・・・・・うん。」

ジーナ「好きな子はいるの?」

ディーン「今は・・・いるよ。」

ジーナ「そう・・・。」


ジーナはそれ以上はなにも聞いてこなかった。
二人は黙ったまま池を見つめていた。
















Comment

1. 無題
旅行からお帰りなさーい!!vv
そして早速の更新!!作業が早いですねvv\(~o~)/

あああ待ってましたvv
アイビーちゃんとジーン君良い雰囲気ですねv
そして何だかジーン君が苦労人っぽい(T_T)
しかし真っすぐで素敵な青少年ですね!!

イメチェンは嬉しかったものの
周りが手のひら返した様な反応で純粋で真面目なアイビーちゃんとしては複雑ですよねぇ
人間の汚ない部分をモロに見た感じがしますよね

男がオス犬に見えたり
女の友情の薄さだったり、、所詮外見かい!!

そしてジーナさん!!
なるほど靴を履いていなかったのはそう言う理由だったのですね><!!
わー、、、しかし、、惚れた弱みか、、トホホ
普段優しいからこそ、、つい希望があるんですよね、、
ってDVの典型やないかっ!!!

ディーン君も好きな人がいるみたいですね!!vv
ええ、それはSACHICOと言う人ですねvハイ分かりますvv(ヤメロ自重しろ)

もはや続きが気になっております!!vv
次回も楽しみにしています☆彡vv
  • 2012/05/12 22:06
  • SACHICO
  • URL
  • Edit
2. Re:無題
>SACHICOさん

いつもありがとうございます^^
ただいまです~\(^▽^)/
作業・・・遅いですよw
香港旅行記なんて2時間以上かかってますからね^^;

アイビーとジーン、なかなかいい雰囲気ですよね(*´ω`*)
私もこの二人のシーン好きです♪
しかもこの二人会うのなんだか久しぶりな気がするw
ジーンは苦労人ですね~。
子供の頃から大人に囲まれて育っている分、同年代の子たちと比べて落ち着いてますし考えが大人ですよねw
しかしまっすぐに成長しているのは愛情を注いでくれた母の苦労を見てきたからなんでしょうね~。
アイビーは苦労はしてないですが、純粋で素直に育っているので、急に世間の嫌な部分を見てしまってショックを受けているみたいですね。
10代なんてサルですからね!w

ジーナはまさに惚れた弱みですよね~w
暴力は振るわれてないけど、Hのときだけでも十分DVですよね~。
しかし暴力ではないので本人DVと思っているのかどうなのか・・・。
でも言葉の暴力やなんかもDVですからね。

ディーンをお気に召していただいて光栄です(*´ω`*)
ありがとうございます♪
私はディーンはタイプではないんですがw
髪長いのが苦手でwww(それだけかいw

楽しみにしてくださってありがとうございます(*´∀`*)
明日も更新がんばります\(^▽^)/
3. こんにちは^^
なで肩さんこんにちは^^
アイビーちゃんとジーンくん、いい雰囲気ですね~( ´艸`)
ジーンくん、家庭環境が複雑なものの、なかなかしっかりした好青年ですね!!
そしてディーンくんとジーナさんもまた再会。
ジーナさん、訳ありそうな女性だなと思っていたら、そんな辛い背景があったんですね・・・
高校生には衝撃のカミングアウトですが、ディーンくん落ちついて対応してますね。
もしかしてディーンくんの好きな人って・・・??
今後の展開楽しみにしてます!!

そして、なで肩さんって川崎にお住まいなんですね!!
実は私の実家が川崎なんですよ(^O^)/

おっと、今から出掛けるので、旅行記は帰宅してから再び見に参りますね!!

5. Re:こんにちは^^
>ゆきさん

いつもありがとうございます^^
アイビーとジーン、いい雰囲気ですよね(ノ´∀`*)
私もこの二人のツーショットは好きです♪
ジーンの家庭環境は結構複雑ですね~。
でも素直に育ちましたよねw
経験が豊富な分中身が大人ですがw
ジーナさんはいきなりの衝撃告白でびっくりですよねw
ちょっと高校生男子には刺激が強すぎるかな(ノ´∀`*)
ディーンはまだDTだしwww
ディーンの好きな人、誰ですかね?( ̄ー ̄)ニヤリ

ゆきさんは実家が川崎なんですね~(*´ω`*)
関東にお住まいだとは思ってました~。
私は出身は九州ですが、川崎に住んでもう8年になりますw
川崎住みやすいんですよね(・´з`・)

旅行記はのんびり時間のあるときに読んで、行った気分になってくだされば幸いです(*´∀`)
6. Re:こんにちは(´∀`)
>ひめめさん

いつもありがとうございます^^
アイビーとジーン、お似合いといっていただけて嬉しいです\(^▽^)/
ありがとうございます♪
ジーンの髪色は夜のライト当たるシーンでとっても映えるので好きなんですよね(ノ´∀`*)
ジーンは子供のころから周りが大人だらけで、それに対応できる精神年齢になっていったのでしょうね~。
母子家庭、母一人子一人というのもありいつまでも子供ではいられなかったのかもしれません。
ジーンはいろいろと大人ですよね(^ω^)
ジーナは本当に典型的なDV被害者ですよねw
しかし体に傷は残らないので本人はDVと思っているのかいないのか・・・。
心の傷もDVですよね~。
たしかにDT高校生のディーンにはいきなりかなりヘビーな内容ですよねw
意外に真面目に受け止めてますが、内心はどうなのかw
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。