好きな人



 


放課後、アイビーは2年生の男子に呼び出されていた。












 


2年生「俺、サッカー部のジョン・ターカーって言います。」

アイビー「はい・・・・。あ、私はアイビー・スカイブルーです!」

2年生「うん。知ってる。」

アイビー「あ、そうでしたか・・・。」

2年生「アイビーさんは、彼氏とかいるの?」

アイビー「え?彼氏?」

2年生「もしよかったら、僕と付き合ってくれないかな?」






 


アイビー「あ~・・・・・その・・・・・ごめんなさい。」

2年生「好きな人いるの?」

アイビー「ん~・・・・好きってわけじゃないんですけど。気になるっていうか。」

2年生「そっか・・・・。」

アイビー「私なんかに告白してくれてありがとうございました。」

2年生「え?」

アイビー「いや、ちゃんと断ったほうがいいのかな~と思って。ごめんなさい、あなたとは付き合えません。でも嬉しかったです。ありがとうございました。」

2年生「うん・・・。(二回も振られた・・・・。) 」








放課後の教室内。
残っている生徒は少ない。
ララとラトーシャは一緒に帰る約束をしているアイビーを待っていた。


ララ「アイビー遅いね。どこ行ったんだろう。」








 


ラトーシャ「さっきサッカー部のターカー先輩に呼び出しくらってたよ。」

ララ「ターカー先輩ってあのエースの?」

ラトーシャ「そうそう。小さいのにエースってだけでモテてるあの人。たぶん告白でもされてんじゃないかな?」










ララ「へぇ~・・・・。」

ラトーシャ「イメチェンしてからアイビーに対する男子の態度明らかに違うよね。」

ララ「そうだね・・・。」

ラトーシャ「そりゃあんだけ地味だったアイビーがいきなり校内上位に入るほどの美女になったもんね~。こりゃ学園祭の人気投票が楽しみだわ♪」

ララ「・・・・・。」












アイビー「二人とも待たせてごめんね~。」


教室にアイビーが入ってきた。


ラトーシャ「おかえり~。やっぱ告白だった?」

アイビー「え?」






 


ラトーシャ「ターカー先輩って結構モテるんだよ。サッカー部のエースだしね。」

アイビー「そうだったんだ?」

ラトーシャ「あんた知らなかったの?」

アイビー「だって2年生なんて階違うから全然会わないよ~。なんで私のこと知ってたんだろう?」







 


ラトーシャ「休み時間に何度もあんた見に来てたじゃん。ほかのクラスの男子や先輩たちまで。気づいてないの?」

アイビー「え?そうだったの?そういえば最近廊下が騒がしいな~って思ってた・・・。」

ラトーシャ「あんたずっと本読んでるもんねw」

アイビー「意外にも学校の図書室に面白い本がいっぱいあるんだよ~。図書館もいいけど学校の図書室もハマっちゃいそうなんだ~。」

ラトーシャ「ふぅん。んで今日はアイビーんち行くんでしょ?」

アイビー「そうだったね!」

ラトーシャ「忘れるなよw」





 


ララ「私、今日は帰るね。」


ララが立ち上がり教室を出て行く。


アイビー「え?どうしたの?」

ララ「ちょっと急用思い出したから帰る。じゃあね。」

アイビー「ばいば~い。」

ラトーシャ「・・・・。」







 


アイビー「ララ、どうしちゃったんだろう?」

ラトーシャ「うん・・・・。」











 


二人はアイビーの自宅へ到着した。


アイビー「ママ今日は出かけてると思うからいないかも。」

ラトーシャ「そうなんだ?」

アイビー「うん。あがって~。ただいま~!」








 


二人はダイニングで宿題をはじめた。


アイビー「う~ん・・・数学苦手・・・・。」

ラトーシャ「そう?公式わかれば面白いよ?」

アイビー「全然面白くないよ~。」

ラトーシャ「アイビーは完全に文系だねw」

アイビー「ラトは理系だね~。2年になったらクラスはなれちゃうな。」

ラトーシャ「うちの学校2年から文系と理系で分かれるもんね~。ララも理系かな~?」





 


アイビー「そういえばララ、さっきちょっと変だったよね?機嫌悪くなかった?」

ラトーシャ「あ~、うん。」

アイビー「なにかあったの?」

ラトーシャ「アイビーが先輩に告られたからでしょ?」

アイビー「え?」





 


ラトーシャ「ララはなんでも一番じゃん。成績だって、美人だからモテるし人気あるし。それが急にアイビーが注目されだして焼いてるんだよ。」

アイビー「え~、でも別に私は誰のことも好きじゃないよ?」

ラトーシャ「そういう問題じゃないんだよ。」

アイビー「う~ん・・・・。私は急に周りの目が変わって戸惑ってるんだけどな・・・。」

ラトーシャ「そうなんだ?」

アイビー「だっていままで誰も私のことなんて知らなかったのに、急にちょっと外見が変わっただけで告白してくるのも、なんか見た目だけで選ばれてるみたいですごく嫌だし。」





 


ラトーシャ「確かにね~。」

アイビー「う~ん。ララに謝ったほうがいいのかなぁ?」

ラトーシャ「なんであんたが謝るのよw ほっとけばいいのよ。勝手に嫉妬してるだけなんだから。」

アイビー「そうかな~・・・・。」

ラトーシャ「あんたが謝ったりしたらよけいララのプライド傷つくってw」

アイビー「そっか~・・・そうだよね~。」





 


ディーン「おっ。ラト来てたのか?」

ラトーシャ「おかえり~。お邪魔してるよ。」

ディーン「宿題済んだのか?」

ラトーシャ「あたしは今終わったとこ。」

アイビー「え?ラトもう終わったの??早いよ~。」






 


ラトーシャ「ディーン、どっか寄って帰ったの?」

ディーン「あぁ。部活入ろうかな~って思っていろいろ見てきたとこ。」

ラトーシャ「ふぅ~ん。いいのあった?」

ディーン「いや~、微妙w」

ラトーシャ「あんた体育会系ってノリじゃないもんねw」

ディーン「そうなんだよ。体育会系はちょっと無理かな~って思って諦めたw」

ラトーシャ「あはは。」




 


ディーン「ラト、宿題終わったんならゲームしない?兄ちゃんが新しいソフト買ったんだ。」

ラトーシャ「やる~。」

アイビー「ちょっと待ってよ~。」

ラトーシャ「遅いよアイビー。あとからおいでよ。」

アイビー「うん・・・。あとで参加するからね!」

ディーン「はいはいw」




 


2階へ上がる二人。


ラトーシャ「そっちネオ兄ちゃんの部屋でしょ?勝手に入っていいの?」

ディーン「今日出張でいないから大丈夫♪」

ラトーシャ「そうなんだ?」







 


二人はテレビゲームを始めた。
カーレースのゲームだ。


ディーン「いいよな~。長男は一人部屋で。」

ラトーシャ「ディーンはレオン兄ちゃんと同じ部屋だもんねw」

ディーン「アイビーだって女だからって一人部屋だぜ?ずるくない?」

ラトーシャ「仕方ないよ~。女の子はいろいろあるんだから。」

ディーン「男だっていろいろあるっつうの。」

ラトーシャ「私も女一人だから一人部屋だな~。トビアス兄ちゃんはデヴォン兄ちゃんとダーリル兄ちゃんが家でたからようやく一人部屋だって喜んでるよw」






 


ディーン「それまで3人部屋?」

ラトーシャ「そうだよ~。しかも2段ベッドw」

ディーン「うわ~。狭そ~w」

ラトーシャ「机置くスペースないからねw」

ディーン「女はずるいな~。」







 


ラトーシャ「そういえばさっき流したけど、男のいろいろってなによ?w」

ディーン「野暮なことを聞くもんじゃないよ、ラトさん。」

ラトーシャ「あははw 大変だねぇ二人部屋は。」

ディーン「ホントだよ。兄ちゃん早く一人暮らしはじめてくんね~かな~。」

ラトーシャ「ネオ兄ちゃん彼女いないの?」

ディーン「いないみたいだよ~。女っ気ないぞw レオンはモテるみたいだけど。」

ラトーシャ「次男は社交性あるからね~。」






 


ディーン「俺ちょっとトイレ。」

ラトーシャ「トイレでなにすんの?w」

ディーン「おいっ。お前じゃムラムラしね~よ!」

ラトーシャ「あははっ。いってらっしゃ~い。」













ディーンと入れ違いにレオンが部屋に入ってきた。


レオン「よぉ。」

ラトーシャ「おかえり~。お邪魔してます。」

レオン「俺も参加するぜ~。」







 

ラトーシャ「レオン兄ちゃん、モテるらしいね~。」

レオン「まぁな。サッカー部だしな。」

ラトーシャ「今日アイビーがターカー先輩に告られてたよ?」

レオン「マジかw あいつはやめとけ。腹黒だから。」

ラトーシャ「うん。断ってた。」

レオン「そうか。お前は相変わらずあいつのこと好きなのか?」

ラトーシャ「え?」





 


レオン「お前もホント長いな~。幼稚園のころからだろ?」

ラトーシャ「・・・・。」

レオン「あいつのどこがいいんだ?幼稚園のころ、泣かされて守ってやってたのはお前のほうだったろ?」

ラトーシャ「よく覚えてるねw アイビーとディーンが泣いてて、あたしがガキ大将と戦おうとしてたらレオン兄ちゃんが助けにきてくれたんだよねw」

レオン「あのあとディーンに説教したからな。女に守られてんじゃねえっつって。」

ラトーシャ「なんかそういうところもさ・・・ほっとけないんだよね。」

レオン「ほっとけないかぁ。まぁたしかにあいつぼんやりだからな~。」

ラトーシャ「うん。」





 



レオン「告白とかしないの?」

ラトーシャ「だってディーン、あたしのこと女の子としてみてくれてないもん。振られるのわかってて無理だよ。」

レオン「そっか。あいつは女作るより男友達と遊んでるほうが楽しそうだもんな。」

ラトーシャ「うん。だからあたしも、一緒に遊んでられればいいんだ。」

レオン「なるほどね。」








Comment

1. 無題
こんばんわ!
ああああ、駄目でしょ!ララちゃんΣ(・ω・ノ)ノ!
そんな事で嫉妬しな―――ぃ!><
いや、してもいいけど・・・後から嫌がらせは駄目よ?いとこなんだし・・・(;´▽`A``
てか、ラトちゃん、ディーン君の事好きだったんだああああ!?wwwww
私的にはレオン君のほうがいいな・・・現在はw
その内、肉食出てきたら移るけど(酷ッ!w
てか、アイビーちゃん、モテまくって困ってますねw
外見で決め付けられる・・・嫌だよねえ?分かるわ・・・((o(-゛-;)
アイビーちゃんにはジーン君だけでいいのだ!w(ぇw
2. Re:無題
>どーるぃさん

いつもありがとうございます^^
ララは一人っ子ですしかわいいからちやほやされてたんでしょうね^^;
アイビーとラトは4人兄弟の末っ子長女という同じ境遇なので性格も合いそうですね^^
ラトとディーンは気づいたらいつのまにか恋人同士になってましてwそこからこういう設定になりました(*´∀`*)
ラトの片思いですけどねw
どーるぃさんは肉食好きですもんね(ノ´∀`*)
レオンはどーるぃさんの好みのがっつり肉食ではなさそうですな~(まぁJとクレアの子ですしw
今後がっつり肉食出る予定ですので首を長くしてお待ちください(*´ω`*)
男の人はホントに見た目で選びますよね~。
見た目でイメージを決め付けるし。
アイビーはそういう男性の嫌な部分に気づいてげんなりしちゃってますね(´・ω・`)
まぁこれも大人になるための階段ですね♪
3. おはようございます♪
ターカー君を振るときは大切なことなので二度言ったんですよね、わかりますw
やっぱり外見で周りの反応が変るってことありますよね。
でもなんかそれってホントに薄っぺらい感じで嫌ですよね(´・ω・`)
しかしララちゃん、気持ちはわかるけども、アイビーちゃんには何も罪がないですからね~。
思春期だし難しいお年頃って感じですね(;^_^A
こういうところもリアルでおもしろいな~って思います(´∀`)
あとラトちゃんがディーン君を好きなんですね(*^.^*)
幼ない頃からの付き合いが恋心に発展するってのがまた胸キュンな感じでいいですね( ´艸`)
こちらの関係もまた今後の展開が楽しみですね♪
4. こんにちは^^
なで肩さんこんにちは^^
アイビーちゃん、イメチェンしてからモテモテですねー( ´艸`)
でも急にモテるようになっても当のアイビーちゃんは気付いてないというか、図に乗ってないのが性格の良さが伺えていいですね♪
嫉妬してしまうララちゃんの気持ちも分かるなぁ~w
アイビーちゃん全然悪くないんだけど、この状況が面白くない、うんうん分かる分かる!!
ララちゃん本人も分かってはいるんでしょうけどね・・・この年頃はなかなか難しいですねw
ラトちゃんやそれぞれの思いも判明して来て、これからの展開が楽しみですね(*^▽^*)
  • 2012/05/06 13:50
  • SACHICO
  • URL
  • Edit
6. 無題
こんばんはー
学園モノでフレッシュな感じがイイですね~♪
みんなそれぞれに個性があって
「あーこういうコいたいたーw」って思いながら読みました(^O^)
アイビーちゃんは高校デビューになるのかな?w
あれだけ可愛くイメチェンしたら、そりゃあモテますよね。
それを面白く思えない気持ちも
仲良しの幼馴染を恋する気持ちも
どのコを基準に読んでみても共感してしまってます。
これからも楽しみにしてますねo(^▽^)o
7. Re:おはようございます♪
>ひめめさん

いつもありがとうございます^^
そうです。
大事なことなので二度いいます。ってやつですw
外見がガラリと変わると周りの反応は変わりますよね。
特に男性は女性を外見で判断しがちですし。
大人になってひしひしと感じますねw
ララの気持ちもわかりますよね~。
ティーンの思春期のモヤモヤ書いてて楽しいですね♪
リアルで面白いといっていただけてとってもうれしいです!
ありがとうございます(*´∀`*)
ラトとディーンは気づいたらいつのまにか恋人同士になっていたので、設定として片思いにしました~w
でもこの前フリーズとカクカクがひどくて引越ししてデータも戻したので今は恋人ではないんですけどね^^;
8. Re:こんにちは^^
>ゆきさん
いつもありがとうございます^^
アイビーはイメチェン前が地味でしたからね~w
本ばっかり読んでるボサ髪の子w
アイビーはちょっと天然系ですね~^^
鈍感というか、そういうのでララの気持ちもわかってないんでしょうねw
ララの嫉妬、わかりますよね~。
いままで自分が注目されてたぶん面白くないっていう。
思春期って素直になるの難しいですからね^^
ラトの恋愛も楽しみにしててくださいね♪
9. Re:無題
>SACHICOさん

いつもありがとうございます^^
男性ってホント外見で女性を選びますよね!
とくにティーンのときなんて外見が一番ですからねw
しかも地味だった子がいきなりかわいくなると注目度高いですしね~。
アイビーはちょっと天然系なので困惑気味ですね^^
ティーン時代のクレアみたいに「顔がよければおk」じゃなくてほかったですw
そういう点ではJに似たのかもしれませんw
どう見てもツンデレではないですけどねwww

ララはホントそのとおり!
合コンに自分よりかわいい子を連れて行かない、っていうタイプですね!
いるいるw
でもそういう子はたしかにかわいいし素直そうでモテるんですよね~。
女子力高い!
ララの場合は思春期もあってよけい面白くない、そして素直になれない、って感じですかねw

ラトは幼稚園のときからずっとディーンたちと一緒なのでそのまま素直に育ったんでしょうね^^
でも男兄弟の中でお兄ちゃんたちと遊んで育ったラトは男の子っぽいのでディーンは女の子としてみてくれてないっていうw
それをラトもわかってて告白しないので、ラトはちょっと大人ですよね~♪
アイビーは男兄弟の中で育ってますが本ばかり読んで一人遊びが好きなタイプなのでおっとり天然系って感じで性格も一番子供っぽいですねw
思春期のティーンたちを書くのは楽しいです(*´∀`*)
10. Re:無題
>あんこさん

いつもありがとうございます^^
今回は全員ティーンなのですっかり学園物ですね~w
アイビーはまさに高校デビューってやつですね!
地味だった子がいきなりかわいくなると注目度も高いから目立ちますよね~^^;
しかもピンクの髪は目立つw
ララの気持ちもわかりますよねw
誰でも嫉妬という気持ちは持ち合わせていると思いますし。
ラトの恋愛もこれからどうなっていくのかw
楽しみにしててくださいね(ノ´∀`*)
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。