スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新居





 


ヴィクトリアとカイトの結婚式から半年が過ぎ、クレアが大学を卒業した。
卒業後、Jの元へやってきたクレアを空港まで迎えに行く。

ここはスターライト ショア。
Jの転勤先の病院のある街だ。
サンセットバレーより都会だ。


J「疲れてないか?」

クレア「大丈夫だよ。」








J「街中からちょっと離れてるんだけど、もうすぐ着くよ。」

クレア「新しい家?」

J「そう。」














クレア「どんなとこなの?マンションとか?」

J「着いてからのお楽しみだ。」

クレア「え~。」

J「ははっ。」












J「着いたぞ。」


車から降りた。










 





 


小高い丘の上に建つ白い一軒家。
周りにはなにもなく、見晴らしがいい。
ビーチアパートよりも倍以上大きい家だ。











 



クレア「(二人で・・・・ここに?) 」












 


階段を上がり、玄関に入った。













 


J「どう?気に入った?」













 


広いキッチンとダイニングルーム。
室内に噴水まである。












 



ダイニングルームの壁にはデジタル水槽。
朝にはここから明るい光が差し、一日のはじまりを告げる。











 


J「・・・・クレア?」

クレア「・・・・今日からここに・・・・二人で住むの?」

J「そうだよ。お前が大学に行ってる間、狭い家で一人暮らししてたからな。貯金はあったんだ。」








 


J「半年前にお前がアメリカ戻ったあと、この家作ったんだよ。俺は1ヶ月前から住んでるけど。」

クレア「広すぎて・・・・びっくり。」

J「そうか?俺はちょうどいいと思うけど。」







 


いきなりクレアが抱きついた。


J「おぅwww」










 



クレア「二人のために用意してくれたの?」

J「そうだよ。」

クレア「嬉しい・・・・。」







 


J「よかった。勝手に立てたから、気に入るかどうか不安だったんだ。」

クレア「すっごく素敵!」

J「実はまだあるんだ。」

クレア「え?」







 


クレアがJの腕から降りる。
Jが膝をついた。


クレア「!」

J「クレア、俺と結婚してくれ。」











Jがポケットから箱を取り出して差し出す。
眩いばかりに輝く指輪。


クレア「ホントに・・・?」

J「あぁ。早いかな?w」

クレア「ううん!」









薬指に指輪をはめる。


クレア「・・・・素敵!」

J「返事は?」






 


クレア「もちろん!私をJのお嫁さんにしてください。」

J「ははっ。こちらこそw」


クレアが抱きついた。


J「よかった・・・。」










クレア「信じられない・・・・。私、幸せすぎてこわいよ。」

J「俺も。」

クレア「もう絶対離れないからね。」

J「あぁ。一生離さない。」









 



J「やっと一緒になれる。半年間、待ち遠しかったよ。」

クレア「私も。・・・・J、愛してる。」

J「俺も愛してる。」










 


















 



その晩二人ははじめて一緒のベッドで眠った。
そして今日からは毎晩このベッドで眠ることになる。













 



森に囲まれた丘の上の家は、静かな夜を迎えていた。
虫たちとフクロウの鳴き声だけが静かに響いていた。













 


翌朝、早めに起きたクレアが朝食を用意していた。













 


Jがキッチンへやってくる。


クレア「おはよ~。」

J「おはよう。早いな。」

クレア「初日だもんね♪将来の旦那様に朝食を作ってあげなくちゃ。」

J「無理しなくていいのに。」

クレア「やりたいのw」

J「そうかw」

クレア「座って。もうできるから。」





 


揃って朝食を食べる。


クレア「おいしい?」

J「あぁ。うまい。ありがたいな、毎日ご飯作ってくれる人がいるって。」

クレア「これから毎日お作りしますわ♪」

J「楽しみだw」












J「今日は早めに帰ってこれるかも。」

クレア「ホント?」

J「夕方には帰るよ。」

クレア「じゃあその間にちょっと街に降りてみようかな。」

J「おう。大きい街だから、迷子になるなよw」








 


クレア「J、猫飼いたいんだけど・・・・。」

J「猫?」

クレア「ダメ?」

J「ダメじゃないけど。なんで猫なんだ?」

クレア「好きなの。それにこの広い家に一人じゃ寂しいし。」

J「たしかにそうだな。じゃあ週末ペットショップでも見に行くか。」

クレア「うん!」





 



出勤するJを玄関の外まで見送りに出た。












 



クレア「いってらっしゃいのチューしよ?」

J「子供が見てるぞw」

クレア「これから毎日見られるんだからw ほらっ、早くしないと遅刻しちゃうよ」

J「うん・・・・。」








 



新聞配達の子供「 (長いなw) 」
















 



J「ただいま~。」


夕方になりJが仕事から帰ってきた。













J「どうしたんだ、その猫。」

クレア「あ・・・・あのね、玄関前に野良猫が遊びに来てね。」

J「それがその野良猫?」

クレア「うん・・・・。」










 


クレア「とってもかわいくておりこうさんなの!」

J「飼いたいのか?」

クレア「・・・・うん。」

J「ペットショップのじゃなくてもいいのか?」

クレア「全然。むしろわざわざ買うより野良猫か保健所の猫がいい。」

J「そうか。お前がいいなら俺はかまわないぞ。」

クレア「ホントに?」

J「あぁ。」






 



クレアが抱きつく。


クレア「ありがと~!!J大好き!」

J「おいおいw 単純だなw」

クレア「明日病院連れてって注射とか打ってくるね!」

J「あぁ。」







 



クレア「もう名前も決めてあるの!タマっていうんだよ♪」

J「タマ?」

クレア「そう!かわいいでしょ?」

J「そりゃまた古風な名前だなw」

クレア「変なキラキラネームより全然かわいいと思って!」

J「まぁ、確かに。」


こうして二人と1匹の生活がはじまった。





Comment

1. 無題
ふぉおおおお!!!
読者1番乗りー!!!!!vvv

待ってました!!待ってました~vvv^v^♪
あああ、J氏!!これから散々いじれる!!(おいいい!!!)

クレアも相変わらず可愛いですねvv
にしても家スッゲエエ!!vv♪

おいおいJ氏…流石医者、、金持ってますね
私もあんな家買って下さい(買うわけがない)
あんなデカイ豪邸に2人で住むとかJ氏の準備の良さったらないvv^^

そしてプロポーズ!!
念願ですよねvv!!もうね!!
ここまでが長かったんだよ!ここまでに来るのにね!!
と思ってる読者は多いはず…vv

新聞配達の少女vvv(笑)
見ちまったねvv、、、これが大人の世界だよ、、、(~o~)

また次回も楽しみにしています^^
2. Re:無題
>SACHICOさん

いつもありがとうございます^^
あの家でJの気合の入れようがわかりますよねwww
でもプロポーズする前提で建てたファミリー向けの家なので、今後子供をたくさん作る予定なのかもしれません( ̄ー ̄)ニヤリ
家の建築は次回お見せしますね♪
かなりお気に入りの家です(*´∀`*)

ふたりは好きな期間は長いですが、付き合った期間はたったの半年、しかも遠距離なんですよね~w
それでよくプロポーズしたな、って感じですがw
遠距離の間に愛を育んだんでしょうね(*´ω`*)

新聞配達の少女はちょうどよくその場にいたんですよねw
なのでエキストラとして登場させました♪
グッジョブ少女!
珍しくJが照れていますw


3. 無題
わ――!w
やっと一緒になれるんですね!
そして、婚約おめでとう!クレアさん!
もう、Jさんとラブラブ過ぎてヤキモチ妬くくらい( ´艸`)

しかし、家すごく大きいですね―。
大きすぎてビックリヽ(*'0'*)ツ

ネコのタマちゃんとも一緒だし、楽しそうですね!
どんな物語になるのだろう?
楽しみだなあww
4. Re:無題
>どーるぃさん

いつもありがとうございます^^
付き合った期間はたった半年なんですけどねw
好きな期間が長すぎて「やっと」って感じですよね。
待たされた期間が長かったので、ラブラブしまくってます(*´ω`*)

新居は私の力作です\(^▽^)/
これから子供も増えるのでね♪
土地もかなり広いですw

ペットを飼いたかったのでタマを召喚しました♪
野良猫ではなく私の自作ですがw
5. こんにちは(´∀`)
始まりましたね~!甘い生活が!
ここまでが長かったですからね~。
この二人には幸せな生活を送ってもらいたいですね(´∀`)
それにしてもさすがJさん、医者は稼ぎがちがうなって所を見せ付けてますねww
こんなすごい豪邸に二人で住むとなるとちょっと離れた場所にいたら各部屋にインターホンないとお互い見失いそうですね( ´艸`)
いやぁここまで準備してくれたJさん、意気込みが感じられますね(・∀・)
そしてプロポーズも素敵ですしね(*^.^*)
二人共本当におめでとう!
あと猫ちゃんもかわいい(´∀`)
外見とタマって名前のギャップがまたいいですね(・∀・)
続きを楽しみにしております(^-^)/
6. Re:こんにちは(´∀`)
>ひめめさん

いつもありがとうございます^^
甘い生活はじまりました~\(^▽^)/
ビーチアパート編が長かったですからねw
この家はJの本気がみえますよねw
玄関のインターホン、マンション用のやつなんですけどねwww
気にしない気にしない。

タマは野良猫ではなく自作です^^
シムズのデフォ猫って鼻が長いですよね。
猫っぽくなくてあまり好みじゃなくて^^;
名前はあまり考えてなくて安易ですがw
自分の飼ってる猫とかの名前をつけると死んじゃったときに本気で悲しくなりそうなのでやめました!!
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。