スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解散



 


男同士でのんびりホットバスに入るJとカイト。


J「カイト、俺アパート解散しようと思ってるんだ。」

カイト「え?」




 

カイト「本気なのか?」

J「うん。クレアが卒業して、春になったら・・・って考えてるんだけど。」

カイト「そっか・・・。」

J「お前の意見聞きたくてさ。」





 

カイト「実は俺も、そろそろヴィクトリアと二人でここを出ようかって話してたんだよな。」

J「同棲すんのか?」

カイト「うん。前から新居探しはしてたんだけど、なかなかいいのが見つかんなくて。」

J「そっか。」

カイト「春に解散なら、そろそろ本腰入れて家探ししねーとだな。」



 


J「ごめんな。急かすみたいで・・・。」

カイト「いや、いつかはこうなることだし。てか、お前はいいのか?」

J「・・・・・。」







 


カイト「もうみんな気づいてるって。お前がクレアちゃんのこと好きなの。」

J「・・・・。」

カイト「本人たちだけだぞ。もういいじゃん。」

J「よくねぇよ。」

カイト「頑固だな・・・。」

J「あぁ・・・・頑固なんだ。」




 


カイト「後悔することになるかもしれねぇぞ。」

J「もうとっくにしてるよ。」

カイト「・・・・。」

J「自分の気持ちを押し付けるだけが愛じゃないだろ・・・。」

カイト「辛くない・・・・わけねぇよな。」

J「辛いけど・・・・今は一緒にはなれねぇ・・・・。」




 

その晩、Jは全員をリビングに集めた。
アメリカに受験に行ってるクレアを除いて。









 


J「春になったらこのアパートを解散しようと思う。急なことで・・・みんなにはホントに申し訳ない。」












マリア「春って・・・・いつ?」

J「4月。クレアが大学行ってから。」

マリア「そう・・・・。」

J「ごめんな。」

マリア「ううん。Jが決めたことですもの。」










J「兄貴は、どうするんだ?また旅に出るのか?」

K「いや、マリアと同棲する。」

マリア「え?」

K「そのためにそろそろ物件探そうと思ってたんだ。」

マリア「そうなの?」

K「うん。マリアには家決まってから話そうと思ってた。」

マリア「Kちゃん・・・。」

J「そっか。」




 


ヴィクトリア「カイトから聞いたよ。私たちももう物件探しははじめてるから、大丈夫。」

J「うん。」

ヴィクトリア「Jくんは、どうするの?」








 


J「この家は両親に返す。俺は一人暮らしはじめるよ。」

ヴィクトリア「そう・・・。」

J「一人で住むにはでかすぎるしな。この家を返すのはまだあと1年期限あるんだけど、もう早めに引き渡そうと思ってる。」







 


カイト「クレアちゃんには、内緒にするか?」

J「・・・・そうだな。そうしてくれ。」

カイト「わかった。」

J「なにも思い残すことがないように、送り出したいんだ。」

カイト「・・・・そうだな。」








クレアがアメリカから帰国した。
アパートに戻るとすぐにJの部屋を訪ねる。


クレア「J、入っていい?」

J「どうぞ。」











J「おかえり。聞いたよ。受験行ってたんだろ?」

クレア「うん・・・。Jには、受かってから伝えたかったから。内緒にしててごめんね。」

J「どうだったんだ?」

クレア「合格した。」

J「そっか。お前なら大丈夫って信じてたよ。」




 


クレア「私、アメリカの大学に行く。」

J「そっか。いい決断だな。」

クレア「J、いままでありがとうね。成績が上がったのもJのおかげだよ。」

J「お前ががんばったからだろ。よくやったな。」









クレア「Jは・・・・あの人と付き合うの?」

J「・・・・あぁ。実はもう付き合ってるんだ。」

クレア「・・・・そうなんだ・・・・。」

J「お前も向こうでいい男見つけろよ。」

クレア「・・・・・うん。」





 


J「それで、いつ発つんだ?」

クレア「卒業式が終わったら、すぐ。」

J「そうか。もう準備しとかないとな。」

クレア「そうだね・・・。」




 


クレア「J・・・・・。」

J「ん?」

クレア「・・・・・・・・なんでもない。」

J「・・・・・うん。」








クレア「じゃあ、行くね。」

J「あぁ。疲れてるだろ。早く寝ろよ。」

クレア「うん。おやすみなさい。」

J「おやすみ。」





 


クレアが部屋を出て行った。
Jはその背中を見つめていた。








 

J「・・・・さよなら、クレア。」






Comment

1. 無題
Jさん・・・
泣かせるな―――!!(私を!w)
。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

二度とクレアちゃんに会えないじゃない!
しかもそんな嘘まで!

もう・・・コレ、自分の立場なら
泣いてる・・・てか泣いたわ・・・。
2. 無題
え、え、えーーー!
こんなんでいいの?
なんかもっとこぉガバっとってのがあるかと。
なんだか切ない気分です(´・ω・`)

ビーチアパートも解散なの?
このお話はまだ終わらないよね?
更新を毎日楽しみにしてて
私もシムズをやってみようかと思ってたのに(ノД`)
3. 無題
こんにちわーvv
うおおおいい!!!
せめて「ツンツンしてスイマセンデシタ実は好きなんです大人になるまで待つから遠距離恋愛して下さい」と言え!!!

しかし、それが言えないのがJなんですよねvv(笑)
クレア嬢の「あの人と付き合うの?」には
「おいおい早速詮索入りましたよv?」と嫌な大人ですSACHICOです。

しかしカイト&ヴィクトリアも姉夫婦に劣らずの安定感ですね!!

ヴィクトリアに振られた時は
「当然ですよね!お前なんぞにヴィクトリアがなびくかっ!!」とイケメンに反抗的でした。。

ちなみに昼ドラの見過ぎでしょうけども、、、
K氏と良い感じにお付き合いスタートしたマリア嬢ですが、、
兄弟揃って体の関係があるとか、、、日本人の田舎者な私には真似出来ねぇ!!

いやはやとても面白く読みやすいストーリーなので
過去記事からここまで読むのにあっという間でしたvv
このセンスをぜひとも分けて頂きたい!vv
次回も楽しみにしていますvv^v^!
4. Re:無題
>どーるぃさん

いつもありがとうございます^^
Jの嘘、なぜそこまでして・・・って感じですよね^^;
でもここで好きだなんて言ったらクレアがアメリカの大学諦めるかもしれないですからね・・・。
Jとしては嘘ついてまで振り切ろうとしているんでしょうね。
泣いてくれてありがとうございます(T△T)
5. Re:無題
>あんこさん

コメントありがとうございます^^
がバッといきたいところですが・・・w
せつないですよね^^;
なぜ素直に生きれないのか、不器用な男です。
ビーチアパートはもうそろそろ解散です^^
もうラストスパートです!
楽しみにしててくださってありがとうございます(´Д`)
でもまだほかのお話もありますよ~。
6. Re:無題
>SACHICOさん

コメントありがとうございます^^
「ツンツンして~」をJが言ってるところを想像して吹きました(´゚ c_,゚`)プッ
それがいえないのがJです!
J「自分、不器用っすから・・・・。」
クレアは最後まで詮索しましたねwww
まぁ子供ですからね(^ω^)

ヴィクトリアたちはあれ以来よけい絆が増して超安定しましたねぇ~。
なにかあるたびに(アクティブ世帯ちょっと変えるたびに)同棲しようとしてる二人でしたからねwww
やっと同棲できるねおめでとう\(^▽^)/って感じです。

昼どらwSACHICOさん好きですねぇ(^ω^)
でもホント、兄弟両方と!!マリアってば意外にすごいんだね!って感じですよねw
私も無理だなぁ・・・。

読みやすいと言っていただけるととってもうれしいです(ノ´∀`*)
ありがとうございます♪
ストーリーはもうラストスパートかかってますので、ラストどうなるかお楽しみに~(´∀`)

7. こんにちは(´∀`)
なんと!ビーチアパート解散ですか( ̄□ ̄;)!!
しかもクレアちゃんに嘘をつくJさんがせつなすぎる…(´・ω・`)
真剣に涙出そう(TωT)
クレアちゃんを思った優しい嘘なんだけど…Jさん後悔しないといいな。
でもリアルでも「どうにもならない関係」ってありますよね。
本人同士が思っていても決して結ばれないような関係…。
クレアちゃんにはアメリカで頑張って素敵な女性に成長してもらって、いつかJさんをビックリさせて欲しいですね。
8. Re:こんにちは(´∀`)
>ひめめさん

いつもありがとうございます^^
そろそろ解散ですねぇ~^^;
ホントJは後悔しないといいんですけどね・・・。
せつない嘘ですよね><
「どうにもならない関係」ありますよねぇ。
立場とかいろいろ・・・・。
クレアもいつかわかるときがくればいいんですけどね><
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。