プロポーズ


Blue sky    -sims3 story-



公園を出た二人はそのまま近くのレストランへ入っていった。








Blue sky    -sims3 story-



思わずあとをつけたメアリーケイト。

二人は一度中へ入っていったが、テラス席へ出て食事をはじめた。








Blue sky    -sims3 story-



声は届かない。

しかし二人の笑顔から楽しそうな雰囲気が伝わってくる。








Blue sky    -sims3 story-



メアリーケイト「 (厚化粧だけど、綺麗な人だな・・・。この街じゃ見かけない顔・・・・。) 」








Blue sky    -sims3 story-



メアリーケイト「 (あたしなにしてんだろ・・・。こういうとき、二人の前で暴れて問い詰めてやろうって思ってたのに、意外にできないもんだな・・・。) 」



メアリーケイトはしばらくその場から動けないでいた。








Blue sky    -sims3 story-



アパートへ戻ると玄関先でJとばったり会った。



J「おかえり。メアリーも今帰り?」


メアリーケイト「うん。仕事お疲れさま。」


J「おう。さんきゅ。」







Blue sky    -sims3 story-



メアリーケイト「J、ちょっと相談があるんだけど、いいかな?」


J「いいけど・・・。珍しいな。」








Blue sky    -sims3 story-



ホットバスに入る二人。



J「プロトが浮気?ないないw」


メアリーケイト「でも見ちゃったんだよ。女と一緒のところ。」








Blue sky    -sims3 story-



J「どうせ仕事関係の人だろ~。」


メアリーケイト「でも今日仕事だって嘘ついてたんだよ?おかしくない?」


J「なんか言えないことでもあんじゃねーの?」


メアリーケイト「あたしに言えないことってなによ?」







Blue sky    -sims3 story-



J「俺に怒んなよw」


メアリーケイト「ごめん・・・。」


J「ぜってー大丈夫だって。あいつバカだけど根はまじめだし、浮気なんてする甲斐性ねーよ。」


メアリーケイト「そうかなぁ・・・?」







Blue sky    -sims3 story-



J「そんなに気になるなら本人に直接聞いてみろよ。そのほうがスッキリすんだろ。」


メアリーケイト「うん。そうする。」


J「まぁ、ないと思うけどな。」


メアリーケイト「・・・・Jはどうなの?」


J「え?なにが?」








Blue sky    -sims3 story-



メアリーケイト「前から聞きたかったんだけどさ。うちの妹のこと、どう思ってんの?」


J「どうって、べつになにも・・・。」


メアリーケイト「あの子受験も迫ってるし、今大事なときなんだよね。興味ないならはっきりバッサリ言ってやってほしい。」


J「・・・そうだな。」








Blue sky    -sims3 story-



メアリーケイト「まぁしつこいクレアが悪いんだけどさ。ごめんね、めんどくさい妹でw」


J「うん・・・。」








Blue sky    -sims3 story-



プロトがアパートに戻るとリビングでメアリーケイトが待っていた。



メアリーケイト「おかえり。」


プロト「ただいま。」


メアリーケイト「どこ行ってたの?」


プロト「忘れたの?ゆうべ仕事あるって話しただろ?」








Blue sky    -sims3 story-



メアリーケイト「・・・・ちょっと話があるんだけど。」


プロト「・・・うん。」









Blue sky    -sims3 story-


二人はプロトの部屋へ移動した。



プロト「どうしたんだ?こわい顔して。」


メアリーケイト「プロト・・・浮気してないよね?」


プロト「え?」









Blue sky    -sims3 story-



メアリーケイト「今日仕事だったって嘘でしょ?」


プロト「・・・なんで?」


メアリーケイト「あたし見たんだ。プロトが女と一緒のところ。」









Blue sky    -sims3 story-


プロト「・・・・どこで?」


メアリーケイト「公園で一緒のとこみかけて、そのあとレストランで食事してたでしょ?」


プロト「そこまで見てたの?」


メアリーケイト「うん。」









Blue sky    -sims3 story-


メアリーケイト「あの女誰?」


プロト「あの人は・・・デザイナーさん・・・。」


メアリーケイト「仕事関係ないじゃん。あの女と寝たの?」


プロト「寝てないよ?www」


メアリーケイト「なに笑ってんのよ!」


プロト「ごめん・・・。」







Blue sky    -sims3 story-



プロト「今日仕事だって嘘ついてたのはホントにごめん。でも俺は浮気なんてしてないし、あの人はそんな人じゃないよ。」


メアリーケイト「そんな人じゃないってなに?じゃあなんなわけ??」



興奮しているメアリーケイトが急にはっとする。







Blue sky    -sims3 story-



プロト「 ? 」


メアリーケイト「・・・・ちょっと待ってて。すぐ戻るから。」



部屋を出て行く。








Blue sky    -sims3 story-



数分後、戻ってきたメアリーケイトがいきなり抱きついた。


プロト「メアリー??」








Blue sky    -sims3 story-



メアリーケイト「生理きたぁ~・・・。」


プロト「え?」


メアリーケイト「1週間近くも遅れてたから、妊娠したんじゃないかって心配してたの・・・。」







Blue sky    -sims3 story-



プロト「もしかしてそれで悩んでたの?」


メアリーケイト「うん・・・。」


プロト「なんで言ってくれなかったの?そういうの、一人で抱えないで俺に言ってよ。」


メアリーケイト「だってまだちゃんと確認できなかったから・・・。」


プロト「俺はできてもよかったのに。」


メアリーケイト「え?」








Blue sky    -sims3 story-



プロト「ごめんねメアリー、そんな心配させて。」


メアリーケイト「うん。今度からちゃんと避妊してくれれば・・・。」


プロト「あのさ、今日会ってた女の人、デザイナーだって言ったじゃん。」


メアリーケイト「うん。」


プロト「俺、あの人に依頼してたものがあったんだ。ホントはちゃんと場所考えてって思ってたんだけど・・・。」








Blue sky    -sims3 story-


急にプロトがひざまずく。



メアリーケイト「え?なに、土下座??(てことはやっぱり・・・)」









Blue sky    -sims3 story-



プロトがポケットから小さな箱を出した。



プロト「メアリーケイト・スカイブルー。俺のお嫁さんになってください。」


メアリーケイト「え・・・?嘘・・・・。」


プロト「指輪、世界にひとつだけのものにしたかったから、個人のデザイナーに依頼したんだ。それでずっといいデザイナー探してて。あの人はそのデザイナーさん。今日出来上がったから受け取りに行ってたんだよ。」


メアリーケイト「そうだったんだ・・・。」


プロト「サプライズにしたくて話せなかったんだ。ごめんね。」


メアリーケイト「うん・・・。」


プロト「・・・で、返事は?」


メアリーケイト「もちろんイエスよっ!」







Blue sky    -sims3 story-


プロト「手かして?」



メアリーケイトが手を差し出す。

細い指に指輪がするりと収まった。








Blue sky    -sims3 story-



プロト「相談してデザイン考えたんだ。どう?気に入ってくれた?」


メアリーケイト「うんっ!すっごくかっこいい!」


プロト「よかったぁ♪メアリーセンスいいからすごい悩んだんだw」








Blue sky    -sims3 story-


メアリーがもう一度抱きついた。



メアリーケイト「ありがとうプロト。」


プロト「待たせてごめんね。次の昇進待ってたら遅くなっちゃった。」


メアリーケイト「うんっ。全然いい!」








Blue sky    -sims3 story-



メアリーケイト「プロト、愛してる。」


プロト「俺も愛してるよ。俺のかわいいお嫁さん♪」








Blue sky    -sims3 story-



二人が唇を重ねる。

いつものとは少し違う、いつも以上に愛にあふれたキスだった。







Blue sky    -sims3 story-








Comment

1. 無題
おぉ―――!!!
浮気じゃなかった!!!
良かったですね~、メアリーさん><
あ、て事は2人共もビーチアパートから卒業・・・?何か寂しいなあ・・・。
でも幸せになってくれればそれで良いんだけどね♪
2. 無題
2回もすみません。
先ほど、シンガーを送ってみましたが届きましたか?何度か送ってみますので、届きましたら教えて下さい。
3. Re:無題
>どーるぃさん

いつもありがとうございます^^
プロトの疑惑晴れてよかったですw
メアリーは生理前のイライラでよけいモヤモヤしちゃってましたねw
アパート卒業、間近ですね^^;
ヴィクトリアたちが先かと思いきや、こっちが先でしたw
この二人はバカップルなのでいつまでもラブラブしてそうです(*´ω`*)
ホントほっとくとあちこちでいちゃいちゃしてますからwww
4. Re:無題
>どーるぃさん

停止状態でした^^;l
いま受け入れましたので無事にショーみれますように(-人-)
5. 無題
こんにちわーvv
アメーバ会員さん以外のコメ受付設定有難うございますv
お手間をかけましたがこれでコメ出来るとハシャグおバカですこんにちわ♪

そしてそして!

ああああああプロトー!!
とうとう行ったー!!!!おいおいJ氏これですよ
見習えよ?とモテる男にキツいSACHICOですが

メアリーケイト嬢も生理来ないわ謎の女性と密会シーン見ちゃうわでダブルパンチの中!
プロポーズのサプライズですもんねv良かったvv!

でもサプライズの為の暗躍って難しいものですね(笑)
下手したら今回のように「浮気!?」の疑惑をふっかけられますものね、、
でも、、バラしたらサプライズじゃなくなっちゃうし、、、

でもこの二人の安定力は素晴らしいですね!vv
確実に素敵なご夫婦になるのではvv^^

と言う事ですよ、、
J氏、、、マリア嬢をヤリ捨てやがって、、、(おい)
とやはりモテる男をひがむ私ですが(笑)
K氏とマリア嬢の関係も気になって仕方ないですvv

なで肩さんのストーリーは読みやすくて楽しいですvv
あと個人的にJ氏の元カノの存在も何かを匂わすんですよね、、、
気のせいかしら、、いやいやv最終的にはビリーだから!(えっ!?)

実はビリーに爆笑とキュンvvを持って行かれてます(笑)
次回も楽しみにしていますね^v^vv
  • 2012/04/02 13:38
  • SACHICO
  • URL
  • Edit
6. Re:無題
>SACHICOさん

コメントありがとうございます\(^▽^)/
アメーバ会員限定にしてたの、言われて気づきましたwww
なぜ限定にしてたのかなぞですw

Jのダメダメさはみなさんに言われて納得ですw
ヤリ捨ても真実ですからねwww
モテるくせに恋愛経験少ない男ですからねぇw

メアリーたちは今回やっとメインのお話でした。
でもメアリーはダブルパンチでちょっとかわいそうでしたね^^;
ストレスMAXですよねw
たしかにサプライズってむずかしいですよね~。
こんな毎日一緒にいるような仲じゃなおさら。
ちょっと怪しい行動したらすぐばれそうですし。
でもこの二人はホントにいつでもどこでもいちゃつくのが趣味みたいなものなので、安定感は一番ありますねw
すでに子供が楽しみです(*´ω`*)

Kとマリアはどうでしょうね^^
マリアの感情がまだ微妙なところですがw
Kは女遊びさえやめたらいい男ですからねぇ。

読みやすいといってくださってうれしいです(*´∀`*)
ありがとうございます!
SACHICOさんのお気に入りはビリーなんですねw
意外にビリー人気でびっくりですw
ビリー夫婦はその後も爆笑ネタがありますので期待しててくださいwww

私もSACHICOさんのブログ、少しづつですが読ませていただいています(*´∀`)
画像じっくりみてしまうので読むの遅いんですがw
イケメンパパがGacktの声&口調で脳内再生されています~♪
7. こんばんは(‐^▽^‐)
なんとなんと!!
プロト君、こういうコトだったんですね~(*^o^*)
よかった~♪
メアリーちゃんも心配してた生理も来てホッとひと安心で、さらにプロポーズで喜びMAXですね!
本当におめでとうございますo(^▽^)o
この二人は安定したラブラブぶりということなので、これからも幸せ夫婦になるんだろうな~♪
ってことは…こちらのお二人もビーチアパートからは卒業ということになるのかな?
8. Re:こんばんは(‐^▽^‐)
>ひめめさん

いつもありがとうございます^^
こういうことだったので嘘までついてたんですね~w
許せる嘘ですね^^
メアリーは悩みが一気に吹き飛びましたねw
お祝いのお言葉、ありがとうございます(*´∀`)
この二人は放置しててもいつみてもいちゃついてばかりなのでw一番安定してます。
次回で卒業になりますね^^
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。