メアリーケイト&プロト


Blue sky    -sims3 story-



二人は全員をリビングへ集めた。



プロト「俺たち、婚約したんだ。式も決まったから、結婚式が終わったらここを出て行くことになった。」










Blue sky    -sims3 story-



マリア「素敵ね!二人ともおめでとう!」


カイト「先越されちゃったな。」










Blue sky    -sims3 story-



ヴィクトリア「おめでとう、メアリー。ようやくだね。」


メアリーケイト「ありがと~。」


プロト「よろしくな、義姉さんw」


ヴィクトリア「なんかその呼び方やだ~w。」









Blue sky    -sims3 story-



ヴィクトリア「引越し先は決まったの?」


メアリーケイト「パパたちに相談したら、実家に住めって言われたから二人であの家に住むことになったよ。」


ヴィクトリア「そうなんだ?それがいいね。」









Blue sky    -sims3 story-



あっという間に半月が過ぎ、結婚式当日となった。

マリーゴールドとジャイメも海外から一時帰国して式に出席した。









Blue sky    -sims3 story-



純白のドレスに包まれた花嫁。

指輪の交換が行われる。









Blue sky    -sims3 story-



誓いのキス。

式場が歓声に沸いた。









Blue sky    -sims3 story-



ジャイメは感動して泣いている。

その隣で新婦の父、マリーゴールドは複雑な表情をしていた。



マリーゴールド「 (まさか一番先にメアリーが嫁に行くなんてな・・・。離れていても寂しいもんだな・・・。) 」










Blue sky    -sims3 story-













Blue sky    -sims3 story-



クレア「 (お姉ちゃん、綺麗だな・・・。ずっと好きだった人と結婚できるなんて、幸せだろうな・・・。) 」










Blue sky    -sims3 story-



メアリーケイト「プロト、あたし今この瞬間世界で一番幸せな女の子だね。」


プロト「俺も世界で一番幸せだよ。メアリーみたいなかわいい嫁さん、ほかにいないよ。」



人目も気にせず二人の世界に入るメアリーとプロト。








Blue sky    -sims3 story-



招待客がいっせいにライスシャワーを投げた。

会場は歓喜に沸いた。









Blue sky    -sims3 story-



式のあとは隣の会場でケーキカットが行われた。



メアリーケイト「ハネムーン、楽しみだな~♪」


プロト「休みとれてよかったね~。」


メアリーケイト「うん。事務所の社長に感謝だね!お土産買ってこないと。」









Blue sky    -sims3 story-



あれ以来、出張でほとんど家にいなかったJ。

クレアとも話す機会がなかった。

クレアがJに駆け寄る。



クレア「J、おかえり。式に間に合ったんだね。」


J「あぁ。俺だけ先に帰らせてもらったから。」


クレア「この前のことなんだけど・・・。」


J「この前のってなんだ?」


クレア「・・・・・・キス・・・・したでしょ?」









Blue sky    -sims3 story-



J「あぁ。あれか。」


クレア「・・・・。」


J「むかついたからちょっとからかっただけだよ。別に意味はない。」


クレア「冗談・・・・だったの・・・?」


J「あんまりしつこいから黙らそうとしただけだ。」


クレア「・・・・・。」


J「お前みたいな子供に興味ねえよ。」









Blue sky    -sims3 story-



J「じゃあな。」



Jが立ち去る。

その場に立ち尽くすクレア。









Blue sky    -sims3 story-



クレア「 (こっぱみじんって・・・・こういうことか。なんか・・・・涙も出ないや・・・・。) 」









Blue sky    -sims3 story-



式のあとはスカイブルー家の家族が揃い、実家でくつろいでいた。



ジャイメ「メアリーたち明日はハネムーンに出発するんでしょ?疲れてるだろうし今夜は早く寝なきゃね。」


メアリーケイト「ママたちの見送り行けなくてごめんね。」


ジャイメ「そんなのいいわよ。一生に一度のハネムーンだもの。ゆっくりしてらっしゃい。」









Blue sky    -sims3 story-



プロト「家のこと、本当にありがとうございます。」


ジャイメ「いいのよ、どうせ売るかどうか迷ってたところだもの。」


メアリーケイト「ママたち帰ってこないの?」


ジャイメ「アメリカが気に入っちゃってね~。」








Blue sky    -sims3 story-



マリーゴールド「そうだクレア。大学のほうはもう決まったのか?」


クレア「うん。隣の街の大学に行こうかと思って。ここから通学もできるし。」


マリーゴールド「どうせだから海外の学校を目指してみたらどうだ?」


クレア「え?」









Blue sky    -sims3 story-



マリーゴールド「お前は小説家になりたいんだろう?だったらもっと世界に出て、いろいろ経験したほうがいいとパパは思うぞ。」


クレア「・・・・そうだね。」


マリーゴールド「パパたちの住む街にすごくいい大学があるんだ。環境もいいし、教授もいい先生が多いぞ。お前の成績ならちょっとがんばれば受かるだろう。」








Blue sky    -sims3 story-



ヴィクトリア「海外の大学なんて素敵ね!」


ジャイメ「綺麗な街なのよ~。そこの大学はなかなか評判もいいのよ。」


クレア「・・・・調べてみるよ。」








Blue sky    -sims3 story-



クレア「 (アメリカか・・・・。) 」




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。