スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終回








J「はい。」


ドアが開いてJが出てきた。


J「クレア・・・?」

クレア「さっきのは嘘なの。シンはユウナとつきあってて・・・・私の彼氏じゃないの・・・・・。」

J「・・・・それを言いにわざわざ?」

クレア「・・・・誤解されたまま・・・・式に出たくないから。」


Jが複雑な表情をする。


J「・・・・入るか?」

クレア「いいの・・・?」

J「うん。」


玄関へ入る。


J「なんか飲む・・・。」









Jが言葉を言い終わらないうちに、背中に抱きつく。


J「クレア・・・。」

クレア「Jのにおい・・・・。」

J「・・・・・・。」

クレア「前も・・・・こんなことあったよね。」





 


クレア「あの時私はまだ高校生で、背もJの肩くらいまでしかなかった。」

J「・・・・。」

クレア「はじめて告白した日。Jは覚えてる・・・?」

J「・・・・・離れてくれ。」










クレア「やだ。」

J「頼む・・・・。」

クレア「絶対離れない。」

J「・・・・・・理性が飛びそうだ。」

クレア「いいよ。」

J「・・・・・。」

クレア「私、もうあの頃みたいな子供じゃないよ?恋だってした。・・・・でも、Jのことはずっと忘れてなかったよ。」

J「・・・・。」

クレア「Jが好き。」





 


振り返ったJがクレアの体を抱きしめて壁に押し倒す。
二人は激しくキスした。








 


まるでそれまでの時間を取り戻すかのように、お互いの唇を激しく求めた。


クレア「J・・・・。」

J「・・・なに・・・・。」

クレア「私のこと・・・・好き?」

J「もう・・・・好きじゃない足りない。・・・・・愛してる。」








クレア「きゃっ。」


ふいにクレアの体を抱き上げる。


J「お前・・・・痩せすぎ。」

クレア「どこ行くの?」




 


J「決まってんだろ。」

クレア「ふふっ。」

J「これ以上我慢できねぇ。」


愛おしそうにJの肩にしがみついた。






 


一番奥の寝室へたどり着く。
ゆっくりとクレアの体をベッドに横たえる。










 



J「クレア、愛してる。」

クレア「ごめんね、J。私・・・・もうヴァージンじゃなくなっちゃった。」

J「そんなの求めてねぇよ。お前にはいろんなことを経験してほしいって言っただろ。」

クレア「うん。」





 


クレア「私ね、付き合った人いたんだ。Jに似てる人。でもやっぱり同じじゃない。Jじゃないとダメだった。」

J「そうか・・・・。」

クレア「愛してる。ずっと・・・・Jだけを愛してた。」

J「俺も・・・・お前のこと忘れられなかった。」






 


唇を重ねた。
今度はゆっくりと。
やさしいキスだった。
お互いの愛情を確かめ合うように。
絡めた指先にぎゅっと力をこめた。








2689.jpg
 


二人は1枚1枚服を脱がせあった。
生まれたままの姿に戻る。


J「あいかわらず胸ないな。」

クレア「バカ・・・。」

J「でもそういうとこも好きだよ。」

クレア「Jはおっぱい星人じゃないの?」

J「そんな属性ねぇよ。」










Jの体が覆いかぶさった。

静かな夜が更けていく。















 


翌日、ヴィクトリアとカイトの結婚式が執り行われた。












 

ジャイメ「ようやくあなたもお嫁にいくのね。」

マリーゴールド「カイトくんなら安心してお前をお嫁にいかせられるな。」

ジャイメ「そうね。ヴィクトリアはいい人を選んだわね。」









 


ヴィクトリア「ママ、パパ、今まで育ててくれてありがとう。大好きだよ。」

ジャイメ「そんなこと言われたらママ泣いちゃうわ。」

ヴィクトリア「ママ・・・・。」









 

ヴィクトリア「ママ、愛してる。」

ジャイメ「ママも愛してるわ。」

抱き合う二人。
それを見つめるマリーゴールドの目にもうっすら涙があった。















ヴィクトリア「パパ~、愛してるよ。」

マリーゴールド「パパも愛してる。いつでも遊びにくるんだぞ。」

ヴィクトリア「うんっ。」










 


結婚式がはじまる。












 


指輪の交換が行われた。
花嫁は嬉しそうに笑っていた。











 


誓いのキス。
夕日が二人を照らす。
客席から歓声が沸き起こった。














感動して涙する新婦の母、ジャイメ。


















複雑な表情の新婦の父、マリーゴールド。


マリーゴールド「 (二人とも幸せにな。) 」














式が終わり、披露宴の最中クレアがJを呼び出す。


J「どうした?」

クレア「あのね・・・・。」










 



クレア「キス・・・・して。」

J「いま?」

クレア「今・・・・ここでキスして。」










 



J「みんな見てるぞ?」

クレア「だからだよ。みんなに証明したいの。」

J「・・・・・・。」

クレア「だめ?」

J「・・・・。」




 



ふいにクレアの体を抱き寄せキスする。
































 



K「いまの見た?」

メアリーケイト「しっかりとね。」













 


K「写真撮ってやろうw」

メアリーケイト「ったく、遅いんだよ。バカJ。」

K「ははっ。長かったなw」

メアリーケイト「あとで説教する。」










J「満足した?」

クレア「ちょっと恥ずかしかったねw」

J「お前が要求したんだろw」

クレア「みんな見てるよ。」

J「もう一回やるか?」






 


クレア「もうはずかしいからやだw」

J「じゃあ続きは帰ってからな。」

クレア「Jってば・・・・意外に大胆だよね。」

J「おい、何年待ったと思ってんだよ。」

クレア「ふふっ。ごめんw」








 



ヴィクトリア「メアリー、いろいろありがとうね。式のことではお世話になりました。」

メアリーケイト「生まれたのはあとでも一応妻としては先輩ですから?w それよりさっきの見た?」

ヴィクトリア「さっきのって?」











メアリーケイト「やっぱ見てないかw クレアとJ、うまくいったみたいだよ。」

ヴィクトリア「ホント?よかったぁ~。」

メアリーケイト「あんた昨日なんか仕掛けたでしょ。」

ヴィクトリア「へへっ。Jくんにクレアのお迎え頼んだんだ♪」

メアリーケイト「んで自分は遊んでたと。」





 


ヴィクトリア「そんなことないもん。昨日はネイルとエステ行ってて忙しかったんだから。」

メアリーケイト「それ午前中でしょ~。午後は家にいたくせにw」

ヴィクトリア「まぁまぁ。でもよかったね。」

メアリーケイト「そうだね。あ、噂の女が来たよ。」












クレア「え?なに噂って。」

ヴィクトリア「クレア、おめでとう!彼氏できたんだね!」

クレア「あ・・・・うん。お姉ちゃんありがとうね。」

ヴィクトリア「よかった~。私の行動、報われたよ!」

メアリーケイト「昨日帰ってこなくてよかったのに。」

クレア「いやいや。それはちょっとw」

メアリーケイト「まだ数日いるんだよね?Jんちに泊まればいいじゃん。」

クレア「う~ん・・・。でもソロモンとでかける約束もしてるから。」

メアリーケイト「そっかw」






 


ヴィクトリア「クレア~、抱きしめさせて。」


ヴィクトリアがクレアを抱きしめた。


クレア「おめでとうお姉ちゃん。」

ヴィクトリア「ありがと~。次はクレアの番だね。」

クレア「そうなったらいいな。」

ヴィクトリア「そうなるよ~。」







 


メアリーケイト「あたしも~!」

ヴィクトリア「あはは。メアリー、大好きだよ~。」

メアリーケイト「あたしも大好き~!ちょっとカイトに嫉妬しちゃうくらい好き!」

ヴィクトリア「あはは。」








 



メアリーケイト「今日はめでたいね!」

ヴィクトリア「これでスカイブルー家3姉妹、幸せ捕まえたね!」

メアリーケイト「二人とも遅いよ!」

クレア「ごめんw」

ヴィクトリア「あははは。」


夜の会場に笑い声が響き渡った。












1週間後、クレアがアメリカに戻る日がやってきた。
空港への見送りはJ一人だ。
ほかのメンバーは気をきかせたらしい。


クレア「帰りたくないな。」








 


J「あと半年で卒業なんだから、がんばってこい。」

クレア「うん・・・・。」









 



クレア「J、待っててくれる?」

J「俺が何年待ったと思ってるんだ?半年なんてすぐだよ。」

クレア「うんw」

J「実は今他の病院から声かけられてるんだ。もしかしたら来年スターライト ショアに引っ越すかもしれない。」

クレア「今の病院は辞めるの?」

J「うん。サンセットバレーからは少し離れてるけど、大きい街だ。そっちの病院のほうが俺にとってもいい経験になる。」






 



J「クレア、卒業したら俺についてきてほしい。」

クレア「いいの・・・・?」

J「当たり前だろ。一緒に暮らそう。」

クレア「うんっ。」






 



クレア「ねぇ、もう一回・・・・。」

J「お前の考えてることなんてお見通しだよw」


Jがクレアの体を抱きしめた。










 

















 











ビーチアパート編 おしまい♪







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。